虚構新聞バンコク版

【虚構新聞バンコク版第70報】 防水性能表す新単位「ソンクラーン」制定へ タイ防水標準化協会

虚構新聞(http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載する嘘ニュースサイト。当「バンコク版」でも内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。これは創作により書かれており、本当のことではありません。

タイの水掛け祭り「ソンクラーン」

これは嘘ニュースです。これは嘘ニスです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。

 腕時計や電子機器などの防水性能を認証するタイ防水標準化協会(TWC)は、防水性能を示す新しい単位「ソンクラーン」を導入すると発表した。

 防水性能を表す国際的な表記としては、国際電気標準会議(IEC)が定める「IP表記」が存在する。例えば「IP68」は「粉塵や水没に対して密閉保護されている」ことを意味する。

 タイでも長年、このIP表記を採用してきたが「どの程度耐えられるのか一目でわかりにくい」との声が多かった。このような声を受け、TWCではより国民になじみ深い防水表記を検討。その結果、毎年4月に行われる水掛け祭り「ソンクラーン」を新しい単位として導入することを決めた。

 TWCでは「ソンクラーンの3日間、シーロム通りを無防備で毎日100往復しても水に耐える性能」を「1ソンクラーン」と定義。「10ソンクラーン」は「ソンクラーンに10年耐えられる防水性能」を意味する。

 単位策定に当たったTWC委員の1人は「『IP68認証』より『10ソンクラーン防水認証』の方が国民の信頼を得やすいのではないか」と自信を見せる。

 メーカーから認証申請を受けた機器は、ソンクラーンの期間中、審査員が実際に身に付けた状態でシーロム通りを無防備に歩いて性能を確かめる。今月審査員に採用されたばかりのソムチャイさんは「機器はともかく、自分の防水性能が1ソンクラーンもあるかどうか自信がない」と不安そうに語った。「当日は耳栓や鼻栓など、体じゅうの穴という穴全てに栓をして臨む予定です」と話す。

これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニす。これは嘘ニュースです。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版】TRY! JAPAN広報大使に日本人疑惑の…
  2. 【虚構新聞バンコク版第68報】 「豚年」か「猪年」か―― 十二支…
  3. 【虚構新聞バンコク版】さっぱりのど越し ウドンターニーでわんこそ…
  4. タイ版「一休さん」 【虚構新聞バンコク版】タイ版『一休さん』、日本へ 今秋放送 vo…
  5. 【虚構新聞バンコク版】王様の香り、ふわっと ドリアン香水「スノー…
  6. 【虚構新聞バンコク版】ライチ味ほか4種の味楽しめる 新種ドリアン…

オススメ記事

  1. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  2. とにかくまず体験してほしい! かかとの角質が10秒でポロポロとれるスプレー【CELLOMON(セロモン)】
  3. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  4. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  5. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】

PAGE TOP