バンコクの街角

今度の週末、家族でパタヤはいかが? スライダーで遊んで、その後は……シーフード三昧!

puu03

 

ダコの445号(11月20日発行)のワンデートリップの目的地は、パタヤのハーバーランド。ここはショッピングモール「ハーバーパタヤ」の中にある巨大遊戯施設。なんでもアセアン最大級なんだとか。

ライターの髙田さんも書いていましたが、子供たちの間でかなりの話題になっているらしく、僕の息子も言っていました。学校の友達の間ではここの話で持ちきりなのだとか。


ワンデートリップの中身はこちらからどうぞ~

《レジャーその143》パタヤにあるアセアン最大級の屋内アスレチック フロアすべてが子供天国! 「ハーバーランド」
www.daco.co.th/information/31192


ということで、息子に急かされるままに、さっそく行ってきました~。ハーバーパタヤ自体はバンコクに無数にあるコミュニティーモールとそうそう変わらないんですが(ITやモバイル関係のお店が多かった)、子供の遊びスポットが充実している点がポイントでしょうか? 

真ん中の吹き抜け部分に突如現れるクルクルスライダー

slider hukinuke

そして、5階から8階まで各階に遊戯施設が入っています!

5階 「キッズーナ」
6階 トランポリン施設「JUMP XL」
7階 「ハーバーランド」
8階 ロッククライミングジム「DEEP」

ハーバーランドもそうなんですが、子供だけでなく、大人も楽しめる施設が揃っています。


ハーバーランドの売りはなんといってもスライダー。11種類以上のスライダーが用意されています。長さといい、勾配といい、「これは子供用とするにはどうなの?」と思わずぶつぶつ文句を言ってしまうぐらい、かなりハイスペックな造りになっています。

そうなんです。髙田さんも滑っていましたが、ここでは子供たちだけでなく、お父さんお母さんも混じって真顔で奇声を発していました。僕も実際いくつか滑ってみましたが、か・な・り・怖い~。ほとんど直滑降くらいのもあったりして、上から見ているだけで、手にいや~な汗がにじんできます。

「そんな危ないところにかわいいわが子を行かせられない!」という親御さんもいるかもしれませんが、各スライダーには係員がついていて、キチンと安全管理はなされていたので、ご安心を! ついでに一緒に滑ってみてください。

slider04

slider02

slider01

slider03

 

……と前置きが長くなってしまいましたが、ハーバーランドの魅力はワンダートリップにおまかせして、本題のシーフード三昧の話です。

その前に、もう一度載せておきます。

《レジャーその143》パタヤにあるアセアン最大級の屋内アスレチック フロアすべてが子供天国! 「ハーバーランド」
www.daco.co.th/information/31192

 

ハーバーパタヤから南に行くこと約10km。ジョムティエン・ビーチにある「プー・ペン」です。でっかい渡りガニのオブジェが目印です。

IMG_7401

 

カニやらエビやら貝やら魚やらとメニューには各種シーフードが並びます。ここの魅力はなんといっても新鮮な魚介類を食べられるところ! ですが、お店の前に広がる景色も絶景です!

huukei02

huukei01


道路を挟みますが、目の前に壮大な海原が広がります。夕陽が沈んでいくところなんて、とってもステキでしたよ。

夕陽を堪能した後は、ご飯!
今回、注文したのは「渡りガニの蒸したやつ」「ホーイワーン(和名はゾウゲバイ? ちなみにメニューの英語『Sweet Shell』……って、そのまんまやん!のグリル」。そして、編集マイ姐さんが愛してやまないタイのTKG的サムシング「プラムック・パット・カイケム(イカの塩漬け卵炒め)もあったので、こちらも頼んでみました。

タイのTKG的サムシングについては、こちらを参照ください。

シーフードレストラン「Krua Yuphin(クルアユピン)」でTKG的サムシングを見つけた話
www.daco.co.th/information/27894

アソーク界隈であのTKG的サムシングを見つけたぜ!
www.daco.co.th/information/29254


蒸し渡りガニは通常バージョン600B/kgなのですが、な、なんとプラス20Bで、子持ち渡りガニ限定にすることができるのです。僕は、カニ味噌、カニの子大好きっ子なので、もちろん迷わずこちらにしました。

puu

puu02

 

 

ホーイワーンのグリル小:320B。爪楊枝でクルクルしながら取り出します。

hoi

IMG_7446

 

 

プラムック・パット・カイケム220B。ほかで食べたことがなかったのですが、ひと口食べた瞬間、「うまっ!」と声を上げてしまいました。

ika

ただ、嫁と息子がカニに夢中になってこちらに手をつけなかったため、結局ひとりで食べることに。甘口だったこともあり、最後の方はちょっとくどく感じました。。


そんなこんなで、遊びあり、うまい飯あり、絶景ありのパタヤ日帰り旅行。なかなか充実した週末でした。
(U)


Pu Pen

場所 62 Moo 1, Najomthien, Sattahiip, Chonburi
時間 (すいません、メモしそびれました。。)
電話 0-3823-1728
HP  www.pupenseafood.com

 

MAP

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ファイル_000(1) 休日はだいたいここにいます。Orange Houseの巻。
  2. タイで落語
  3. 【日曜日はお馬に乗って】パタヤで見つけたリゾートかと見まがう乗馬…
  4. IMG_9674 8月の水曜ナイトはピザ&ビールの飲み放題! 久々に行った「Zes…
  5. キットカット抹茶味 食べくらべ 日本のキットカット抹茶味 VS タイのキットカット抹茶味 食べく…
  6. コンタクトレンズを買うならネット通販が断然お得! 「TA-TO.…

オススメ記事

  1. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  2. 【満員のため締切】Sacred Heart Yoga/自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート
  3. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  4. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  5. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。

PAGE TOP