バンコクの街角

日本でも大ヒット中の映画『シン・ゴジラ』がついにタイ上陸! 日本語版はどこで観られる?

MOVIE.440-01

 

今年は日本映画の当たり年なんて言われていますが、興行収入60億円を突破し、今年を代表するビッグタイトルとなった『シン・ゴジラ』がついに9月8日、ここタイにも上陸しました。日本での大ヒットを受けて、タイでもほかの日本映画作品とは段違いのスクリーン数で公開されています。しかも、4Dでの公開も! さっそく観に行かなきゃ!と思っている在住者も多いはず。

 

でも、ここで気をつけたいのが上映している言語について。タイで日本映画が公開される場合、タイ語吹き替えでの上映が多く、事前に確認せずに観に行くとがっかりしてしまうこともあります。

 

特にクレヨンしんちゃんやドラえもん、仮面ライダーなど子供向け作品の場合はこれまでタイ語版のみでの上映が当たり前でした。最近になってようやく日本語での上映をする作品が一部出てきたといった事情です。

 

というわけで、日本語で『シン・ゴジラ』を観たい!という方のために、日本語版での上映回を見分ける方法をお教えします。

 

■映画館で見分ける

チケットオフィスそばのタイムテーブルに、作品名や上映時間がありますが、そこに吹き替えかどうかも書かれています。

Japanese、J、Soud Track、Original Sound Track、ST/ETなどと書かれていたら吹き替えではなく、日本語の上映になります。

Soud Track(サウンドトラック)というと、日本では「映画内で使った曲を収めたCDアルバム」という意味くらいでしか使わないですが、タイでは「吹き替えなしのオリジナル音声」という意味でも使うようです。

パラゴン・シネプレックスやクオーティエ・シネアートやメジャー・シネプレックス系列は最近ST/ET(これは音声はSound Track/字幕はEnglishとThaiという意味です)という表記を使ってます。分かりにくいので気を付けましょう。

一方、タイ語吹き替えはThai、TH、Thai Sound Trackなどの表記を使います。

 

■映画館のウェブサイトで見分ける

家やオフィスを出る前に上映時間も確認したい! という時は各映画館のウェブサイトをチェックしましょう。

メジャー・シネプレックス系列

SFシネマシティ系列

House(RCAの単館系映画館)

9月9日現在、都心部の映画館ではすべて日本語での上映があります。

ただし、同じ映画館でタイ語吹き替えの回もあるので、チケット購入時には注意しましょう。

 

さらに、気になる4Dですが、SFワールドシネマ(セントラルワールド)とパラゴン・シネプレックス(サイアムパラゴン)では、どちらも全部の上映回が日本語での上映となっています。それ以外ではタイ語吹き替えが主で、日本語での上映も少しある感じです。

 

4Dは意外と早く上映が終わってしまうので、大迫力の映像を単に観るだけじゃなくて体感したい!という方はお早めに!(F)

 

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_2620 まるで植物園! 緑に囲まれまくりのトロピカル・カフェ「バーン・ガ…
  2. IMG_3575 【朗報・追記あり】モスバーガー・エンポリアムに新規オープンか!?…
  3. main ご近所グルメ、待望の日本料理屋が登場! 「ホシ・ジャパニーズ・レ…
  4. 1 旅せよ乙女! バンコクでおしゃれドミトリーに泊まるべき5つの理由…
  5. ファイル_000 (3) 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】冬はやっぱりおでんだね!の巻
  6. 世界シェア第3位! タイから消えたと思っていた幻の「RCコーラ」…

オススメ記事

  1. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話
  2. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  3. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  4. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  5. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク

PAGE TOP