バンコクの街角

ひさびさに寝台列車に乗ったら、だいぶ雰囲気が変わっていた件。

 

先週末から今週半ばにかけて、チェンマイに出張してきました。行きと帰りは経費節減のために寝台列車を利用したのですが、ひさびさに乗ったところ、なんだかだいぶ雰囲気が変わっていたのでご報告。

 

その原因はもちろん7月に起こったこの事件。タイ全土を揺るがすようなショッキングな内容だったため、タイ政府(軍)とタイ国鉄では迅速に対策がなされました。

 

たとえば女性&子供専用車両の導入や、

 

車内での飲酒禁止などはタイ関係のニュースサイトで伝えられているのでご存じの方も多いかもしれません。

 

 

(しかし、事件を起こしたのは職員なのに、乗客の飲酒が禁じられるとは、なんというとばっちり……)

(ちなみにチェンマイ線ではNGでしたが、最近南の方に行った知人の車両ではビールを売りに来たようです)

 

この2点はニュースで読んで知っていたのですが、実際に乗ってみたところ、乗務態度についてもかなり変化が起きているようでした。

 

まず、発車前には警察官を交えてのミーティング。(実際には前にもやっていたかもしれませんが)こんな光景を見るのは初めてです。

 

 

さらに車内でも警察官による巡回警備が数回ありました。これで安心度がアップするのはいいのですが、以前よりも車内には緊張感が強く漂うようになった気がします。

 

昔は食堂車で酒盛りやって知らない旅行者と仲良くなったり、オカマの乗務員に口説かれたりお触りされたりして、それがのちのち旅のいい思い出になったりしたのですが、これからはそういった変わった経験もなくなりそうです。

 

いろいろと整備されるのはいいことなのでしょうが、今回の改革で「鉄道の旅」「単なる移動」に一歩近づいてしまったような気がして、少し切ないワタクシFなのでした。まぁ、タイのことなので、数年もすればまた適当な感じになりそうですが。(F)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. いまさらですがLINE詐欺が来ました。
  2. IMG_2351 50年代の雰囲気そのまま!? 輸入アメリカ・ビールが1本100B…
  3. menu1 ダコ418号「王室御用達グルメ」特集の裏話と載せられなかったおす…
  4. s-IMG_2695 ダコ営業ケンタの休日 ウェイクボード
  5. main ご近所グルメ、スイーツ男子垂涎のミルクレープ専門店「ベイク・バー…
  6. 中国正月に赤く染まるバンコク

オススメ記事

  1. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  2. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  3. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  4. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)
  5. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと

PAGE TOP