ちょっトリップ

【週末★トリップ】アナンタラ・リゾートを拠点に旧市街を観光 ランタン灯る街・ホイアンを行く

P1020480

 

バンコクエアウェイズのバンコク-ダナン直行便で行く、ベトナムへの週末トリップ。ダナンから車で30kmほど南下して、世界遺産の街ホイアンにやってきました。川沿いに佇むホテル、アナンタラは観光に便利でアクティビティも豊富。おススメです!

 

profile

【旅して書く係】編集マイ/海外旅行は大好きだけど、一人旅は経験不足

 

ホイアン観光は川沿いのステイが便利

P1020169

プールサイドはリゾートらしいゆったりとした時間が流れる

バンコクから直行便で1時間半、青い海が美しいベトナムの中部の街・ダナンから車で30分ほど南に走ると、ホイアンに到着する。トゥボン川の河口にある古い港町で、かつては世界各国の商人が来航し、国際貿易都市として栄えたらしい。だからなのか、街は中国、ヨーロッパ、東南アジア、そして日本の面影を少しずつ残して、アジアなんだけどアジアじゃない、不思議な世界観を作り出している。そしてその古い街並みは全体がユネスコの世界文化遺産になっているのだ。

まずはホテルに向かう。今回の宿泊はアナンタラ・ホイアン・リゾート。ホイアンのほかのラグジュアリーホテルのほとんどが海沿いにある中で、ここはトゥボン川のほとりにある。そのため、街へ簡単に出られるのだ。海沿いのホテルだと、シャトルバスとかでいちいち移動しなくてはいけないんですってよ! 大変!

ベトナムフードを作って食べてみよう!

P1020158

 

川沿いの部屋はゆったりとのどかな雰囲気。部屋に入り、少し小上がりのところにあるベッドをふと見ると、タオルで作ったゾウさんと「WELCOME」の文字が! あぁ、歓迎されている……。

粋な心遣いにグッときたところで、お腹もグーと声を上げた。お昼はホテルのアクティビティ「ベトナムフードのお料理教室」に参加することになっているのでさっそく会場へ。プールサイドにあるオープンエアキッチン「SPICE SPOONS」では、シェフが材料を準備してくれていた。空腹ゆえに気持ちもはやる。かわいいエプロンをもらい、手を洗ってさぁレッツ・クッキング!

P1020680

P1020690

自分で作った(!?)パパイヤサラダの味は格別!

 

作ったのはパパイヤサラダと生春巻き。パパイヤはピーラー的なもので細長く削っていくのだけど、これが案外難しい。ささがきゴボウみたいにすごく短くなってしまって、なんだか不恰好だ。一緒に参加していたタイ人女性はシャッシャッと見事なパパイヤスライスをいとも簡単に仕上げていた。うぅむ、さすがソムタムの国の人。

ベトナムのパパイヤサラダはあっさりとした味付け。ソムタムからニンニクとチリを抜いたような感じだ。やさしいお味でこちらもよし。生春巻きもエビがプリプリでおいしかったな~。

 

人力三輪車に乗って
かわいい街並みを満喫

P1020897

シクロに乗って街を探検! 快適、快適♪

P1020231

街並みはこのような黄色い建物が並ぶ。なぜ黄色かは諸説あり、わからず

腹ごしらえも済んだところで、いよいよ旧市街を探索。歩いていくのもいいが、まだ日があってとにかく暑い! ということで、人力三輪車のシクロをチャーター。屋根つきで快適~。ゆっくりゆっくりと街へ繰り出す。

「か、かわいい~」と思わず声が出た。真っ青な空を背景に、古い、でもあざやかな黄色い建物がどこまでも並んで建っている。軒先には色とりどりのランタンが揺れている。なんだなんだ、めまいがするほどかわいいじゃないか。

シクロは来遠橋に到着。中国風だが、1593年に日本人が作ったものとされ、日本橋と呼ばれている。お札にも描かれる一大名所だ。その時代、ベトナムに来ていた人は大変な旅だっただろうなぁ。

 

日が暮れると
幻想的な街並みに変わる

P1020484

日本橋も夜になるとライトアップされる

だんだんと日が暮れて、ここからは歩いて散策。このときすでに、別の街に迷い込んでしまったような錯覚に陥っていた。というのも、街中のランタンに灯りがともり、キラキラと輝きだしたからだ。橋の上では灯篭を売っていて、それをたくさんの人が川へ流している。なんだかもう街中が光の花畑だ。青と黄色のコントラストから一転、カラフルな光の世界へ。どちらも完璧に美しくて、ため息しかなかった。

毎月満月の日には「ランタン祭り」が開催されるらしい。街中の電気が消えて、ランタンの光だけが点々として幻想的なんだとか。次はそのタイミングに来たいな。いや、もういつでもいいから、また来たいな。

 

タイムテーブル

14:00 ダナン出発
14:30 アナンタラ着
15:00 料理教室&ランチ
16:30 旧市街散策
20:00 ディナー

 

見どころ

来遠橋(日本橋)
時間:24時間 無休
料金:通行だけなら無料。観光の場合、周辺施設の観光も可能なチケット5枚つづりで12万ドン
※100B=6万3380ドン(2016年6月8日現在)

nihonbashi

 

行き方

ダナン国際空港からタクシーで約30分

 

宿泊

アナンタラ・ホイアン・リゾート
場所:1 Pham Hong Thai Street. Hoi An City, Quang Nam Province, Vietnam
電話:+84-510-391-4555
料金:370万ドン~/泊
料理教室(3品)149万ドン(ともに税サ別)
Web:http://hoi-an.anantara.com

P1030001

anantara

 

評価

リゾート度★★★★★
ローカル度★★★☆☆
おしゃれ度★★★☆☆
ゆったり度★★★★☆
知的好奇心度★★★☆☆

 

フライト情報

Bangkok Airways
バンコク-ダナン直行便月水金土の週4便運行
●バンコク 11時発
●ダナン 13時35分発
電話:1771
Web:www.bangkokair.com

plane

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 「空軍博物館」【13回】
  2. BTS延長区間、各駅下車の旅
  3. バンコク発ちょっトリップ『一度は見ておきたい! タイの奇祭ピータ…
  4. GAM_8339 バンコク発ちょっトリップ 『三角形のホテルから時が止まった街と川…
  5. DSC09735 【週末★トリップ】ペッチャブーン県へ週末の高原ドライブ 懐かし…
  6. P1060118edit バンコク発 ONEDAY ちょっトリップ 『ここはまるで買い物天…

オススメ記事

  1. 太陽の雫_01 チェンマイの山麓で育つマンゴー「太陽の雫」の木 オーナー募集!
  2. グリーンライフ サービスアパート シラチャ 単身の赴任者に人気の「グリーンライフ サービスアパート シラチャ」。その理由を探る!
  3. 【満員のため締切】Sacred Heart Yoga/自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート
  4. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】
  5. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!

PAGE TOP