青澤直子のよもやま話

簡単に作れて 栄養もしっかり 「照り焼きそぼろ5色丼」《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》vol.018

ご飯を丼で食べる「丼物」「丼飯」は、日本人にとってのソウルフードとも言えますが、その歴史は意外に浅く、江戸時代の大衆食堂が始まりとされています。せっかちな江戸っ子にピッタリだったようで、ファストフードのハシリといえるでしょう。たとえ品がないとも言われようとも、ご飯をガツガツとかきこむとパワーが湧いてきます。

タイのぶっかけ飯(カオゲーン)にも似ていますが、何種類かの料理を載せるのではなく、親子丼、天丼、海鮮丼など、一つの料理をじっくり楽しむのが一般的です。一つ一つの食材のおいしさを味わうとともに、ご飯と混じりあった時のハーモニーを楽しめるのが魅力です。

そぼろ丼は、汁けが少ないので、お弁当によく使われます。そぼろとは、肉やエビ、豆腐や卵などを細かくした状態のもので、ちょっと甘めがおいしいですね。

<材料> 2人分

鶏肉 160g
卵 1個
ニンジン 30g
シメジ 40g
キヌサヤ 40g
照り焼きのたれ 大さじ5~6杯
ゴマ油 少々
塩 少々
白ゴマ 少々
ご飯 2杯

<作り方>

(1)鶏肉を細かく切って、ゴマ油で炒め、照焼のたれで味をつけます。
(2)卵は塩少々を加えて薄焼き卵を作り、千切りにします。
(3)ニンジンは細く切ってから軽く茹で、キヌサヤは茹でてから斜めに細切りにします。シメジは大きければ細く切って茹でます。それぞれゴマ油と塩で軽く味をつけ、白ゴマをふります。
(4)どんぶりにご飯を盛り、鶏肉、卵、シメジ、ニンジン、キノコを盛り付けます。

\ ポイント /

ヤマモリの照焼のたれで鶏肉をしっかり味付けして、野菜類は軽く味をつけるだけでいいでしょう。照り焼きのたれとご飯の相性のよさがわかったら、いろんな照り焼き丼に挑戦したくなります。いかにも手間をかけたように見えて、実は簡単で栄養バランスもしっかりという丼物は、作る人にも食べる人にも元気を与えてくれそうです。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 麻婆豆腐の素がスープに変~身!「ササッと酸辣湯」《野菜ソムリエ・…
  2. 438(yamamori)for-Banner あの懐かしい家庭の味を 異国でもしっかり再現 「チキンカレー」v…
  3. うす口しょうゆで簡単・鹿児島の味「スープたっぷり鶏飯」《野菜ソム…
  4. ガパオ ハーブの王様を使った 屋台料理の大定番 ガパオごはん vol.…
  5. タイの青長ナス使用。カレーをプラスで新感覚「麻婆ナスカレー」《野…
  6. 豪勢に見える丼物もとっても簡単に作れる「豚すき焼き丼」 《野菜ソ…

オススメ記事

  1. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  2. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  3. バンコクで頑張る家族の笑顔のために、安心と安全をデリバリー!今日も真心込めて届けます「サイトウフーズ」
  4. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  5. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!

PAGE TOP