バンコクの街角

【ごろーの曼谷漫遊記】紳士必見!英国王室御用達バーバーで漢を磨く!の巻

はい、遂に食べ物も登場しません。

 

 

しかし、最近東京では床屋ならぬバーバーが流行っておりますね。

昔ながらのあの床屋さんの趣ではなく、内装もニューヨークだったりロンドンだったりから影響を受けた洒落た空間で、ビシッとシャツとネクタイを決めた紳士がヘアカットやシェービングを施術するサロンが今話題なのだそうです。

昔、ヘアサロン向けの広告プロモーションの仕事をしていた私としては、聞き捨てならぬ話題だったのですが、遂に行けずじまい。(でも日本に帰ったら、青山のバーバーに行ってみようかな)

 

しかし!ここバンコクでも本格バーバーは存在します!先日行ってみたのでレポートを。その名は、

 

 

Truefitt&Hill!

 

 

ここ、ただのバーバーではありませぬ。1805年にイギリスにて誕生し、世界最古の理容室としてギネスブックに掲載、さらには顧客名簿には英国王室はじめ世界中のセレブが名を連ねる、由緒正しいバーバーなのです。

2016-02-21_073736378_16D6B_iOS

ここ、バンコクにはセントラルエンバシーとエムポリアムの2店舗があります。今回はエムポリアムにお伺いしましたよ。

 

2016-02-21_073727047_3B2DE_iOS

今回はロイヤルカットとヘッドスパ、〆て2000B(!)をお願いしました。

 

やはり技術はだてじゃない。本国イギリスの理容師からレクチャーを受けた精鋭揃いなので、一つ一つの施術が丁寧で滑らか。私はドイツのサッカー選手・マルコ・ロイス(サッカー日本代表の香川選手の同僚)選手風のモダンな七三をお願いしたのですが、サイドの刈り上げを仕上げる為にバリカンを5段階くらいに分けて使うのですね。いや、恐れ入ります。

今回はやらなかったのですが、こちらシェービングへのこだわりが凄い。約20段階の工程を専門家が確かな技術でやってくれるそう。隣の紳士がやられておりましたが、すごく気持ちよさそう・・・。

 

実際に施術を受けてみての感想としては、重要な商談や女性への告白前など、ビシッと気合入れるにはとてもよいバーバーだと言えましょう。他にはネイルのケアや靴磨きまでやってくれるので、ここに来れば間違いなく漢を上げることができると思います。

 

紳士たるもの、常に身だしなみはしっかりしませんとね。

 

 

Truefitt&Hill

https://www.facebook.com/truefittandhillbkk/

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【悲報】シンハー・ビールの新戦略がファンの懐に非情極まりないダメ…
  2. 2016-04-01_121948825_0FC85_iOS 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】恐竜もいいけど、こっちもね。の巻
  3. バンコクで家族の新名所となるか!?
  4. kasai1 乾季の風物詩? 斜め上をいく人○○がなんかスゴかった
  5. kaijyou 相性◎! 鮮魚×日本酒 を楽しめる「TATSUMI」がバンコクに…
  6. IMG_9984 バンコク郊外の食堂に、韓国製の「のびた」が出現!?

オススメ記事

  1. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  2. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  3. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  4. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  5. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】

PAGE TOP