バンコクの街角

【バンコクコーヒー豆事情】ARTis Coffee の「生豆」ってどうよ?

ダコ読者限定! 最大50%オフというお得情報に惹かれてコーヒー豆を買いに行った。

(バンコクコーヒー豆)ARTis coffee

私は、コーヒー通ではないが、コーヒーをよく飲む。

毎朝、豆をゴリゴリひいて飲んでいる「豆」派で、

おいしいコーヒー豆がないか、つねにアンテナをはっている。

あまり酸味のないコーヒーが好みだ。

 

バンコクは、コーヒー豆が東京よりも高い。

私が今日買った豆は、「ブラジル」。

東京でよく買う比較的リーズナブルなお店だと100g 400円くらいだった記憶がある。

100gあたり100バーツちょいだ。

 

「ARTis coffee roasters」では、「ブラジル」が250g 410バーツ。

100gあたり164円

う〜んこれは高いが、タイでの輸入豆の値段は、こんなものか。

 

いつもなら、タイ産の安いコーヒー豆で、まあまあ飲めちゃうものもあって、
それに甘んじてしまうところ。


しかし、今回は、ダコ読者限定割引セールだったので、
2袋=500gで615バーツで購入。

これなら、私の予算にもばっちり合う。

 

生豆にこだわる?

オーダーをすると、10分待って、と言われる。
何事かと思いきや、生豆をローストするのに10分程かかるのだ。

「生豆にこだわる」の意味がようやくそこでわかった。


このお店では、白い豆の状態からその場でローストして販売する。なんて素敵なんだ!

IMG_6937


コーヒー発祥の地エチオピアでは、

喫茶店でコーヒーを頼むとコーヒーを煎れるのに白い豆を炒るところからはじまる。

炒りたての豆は、当たり前だが、香りが素晴らしい。

ARTis coffeeが生豆にこだわる理由の大きなひとつに違いない。

実際に購入したコーヒーの封を開け、香りをかぐだけで、違う世界へトリップしてしまいそうだった。

ARTis04

 

ひいた豆をフィルターに入れて、お湯を少しかけて蒸らすと、モコモコと膨らんできた。
さすが、炒りたてである。

ARTis03


割引セールは、9月末まで。

それまでに、個人的には、最低1回、できれ2回くらいは、豆を買いにいきたいものだ。

期間延長になることを祈るばかり

 

ARTis Coffee roasters

期間:〜9月末

場書:スクムビット通りソイ18

時間:6時半〜19時 無休

電話:0-2262-0760

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】バンコクの「肉山」登山に行ってきたの巻…
  2. main ご近所レジャー、ラムカムヘン通りの水上マーケット散策
  3. ファイル 2015-12-24 18 24 15 ガパオを訪ねて三千里。バンコクから車で3時間のペッチャブリー県で…
  4. 1433691074507 サーモンを食べ倒す!
  5. IMG_2686 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】無性に餃子が食べたくなった日の巻
  6. ネーミングの輸出

オススメ記事

  1. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  2. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?
  3. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  4. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話
  5. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!

PAGE TOP