青澤直子のよもやま話

日本のしょうゆ文化をタイの食卓へ ヤマモリのしょうゆ製品

ヤマモリのしょうゆ製品

日本にしょうゆがなかったら? 和食が世界無形文化遺産に登録されることはなかったかもしれません。そんなことを考えることもないほど、日本人にとって身近で重要な調味料です。ところが海外に住むとこの問題に直面することがあります。私がタイに住み始めた頃は、日本のしょうゆは高くて手が出ず、ちょっと違うと思いながらタイしょうゆ(シーイウ)を使っていました。

 

そんなタイで20年ほど前に日本の味を守ったしょうゆを作り、販売を始めた会社がありました。それがヤマモリです。私はタイに来るまで存じませんでしたが、120年余りの歴史がある三重では有名なしょうゆメーカーです。現在、タイで和食を気軽に食べられるのは、ヤマモリがタイの和食文化を支えてきたおかげといっても過言ではありません。一般消費者向けだけでなく、加工食品やレストランなどで利用され、タイでは圧倒的なシェアを誇っています。ヤマモリを知らない方でもどこかでお世話になっているでしょう。

 

「タイの食文化を日本へ、日本の食文化をタイへ」というヤマモリの思いが、今、多くの商品として形になっています。しょうゆだけでもいろいろあるものですね。これからそんな商品の楽しみ方をシリーズでお伝えします!

(ヤマモリ提供)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. プーパッポンカレー 「まったり、ふわふわ」が ひとりでも気軽に プーパッポン vol…
  2. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》ライスペーパー…
  3. 440(yamamori)for-Banner 野菜をガツガツと 食べたい人におすすめ 「パワーサラダ」vol.…
  4. 435(yamamori)for-Banner 便利なつゆの素で あんかけ料理も気軽に 「お手軽和風かに玉」vo…
  5. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》ひとりでも大人…
  6. 460(yamamori)for-Banner 白だしを使えばいつもより上品な仕上がりに 「マグロの漬けオクラと…

オススメ記事

  1. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  2. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!
  3. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  4. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  5. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻

PAGE TOP