青澤直子のよもやま話

日本のしょうゆ文化をタイの食卓へ ヤマモリのしょうゆ製品

ヤマモリのしょうゆ製品

日本にしょうゆがなかったら? 和食が世界無形文化遺産に登録されることはなかったかもしれません。そんなことを考えることもないほど、日本人にとって身近で重要な調味料です。ところが海外に住むとこの問題に直面することがあります。私がタイに住み始めた頃は、日本のしょうゆは高くて手が出ず、ちょっと違うと思いながらタイしょうゆ(シーイウ)を使っていました。

 

そんなタイで20年ほど前に日本の味を守ったしょうゆを作り、販売を始めた会社がありました。それがヤマモリです。私はタイに来るまで存じませんでしたが、120年余りの歴史がある三重では有名なしょうゆメーカーです。現在、タイで和食を気軽に食べられるのは、ヤマモリがタイの和食文化を支えてきたおかげといっても過言ではありません。一般消費者向けだけでなく、加工食品やレストランなどで利用され、タイでは圧倒的なシェアを誇っています。ヤマモリを知らない方でもどこかでお世話になっているでしょう。

 

「タイの食文化を日本へ、日本の食文化をタイへ」というヤマモリの思いが、今、多くの商品として形になっています。しょうゆだけでもいろいろあるものですね。これからそんな商品の楽しみ方をシリーズでお伝えします!

(ヤマモリ提供)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 米の代わりに細いパスタを使った和風パエリア「とんこつフィデウア」…
  2. ガパオ ハーブの王様を使った 屋台料理の大定番 ガパオごはん vol.…
  3. 簡単に作れて 栄養もしっかり 「照り焼きそぼろ5色丼」《野菜ソム…
  4. タイの白身魚を使って贅沢気分「ドーリーの蒲焼丼」《野菜ソムリエ・…
  5. 素材の色と味を活かす お料理上手になろう 「炊き合わせ」《野菜ソ…
  6. ごまドレにちょっとひと工夫!「満腹ガドガドサラダ」《野菜ソムリエ…

オススメ記事

  1. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。
  2. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  3. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  4. insurance110_zadankai_top 隣のママは始めてる!? 海外貯蓄型保険で賢くお金を活用へ 〜駐妻YouTuber 座談会・前編〜
  5. ファミリー層に大人気! 115㎡超の広々空間&絶景アパートメント「Sethiwan Sriracha」

PAGE TOP