青澤直子のよもやま話

日本のしょうゆ文化をタイの食卓へ ヤマモリのしょうゆ製品

ヤマモリのしょうゆ製品

日本にしょうゆがなかったら? 和食が世界無形文化遺産に登録されることはなかったかもしれません。そんなことを考えることもないほど、日本人にとって身近で重要な調味料です。ところが海外に住むとこの問題に直面することがあります。私がタイに住み始めた頃は、日本のしょうゆは高くて手が出ず、ちょっと違うと思いながらタイしょうゆ(シーイウ)を使っていました。

 

そんなタイで20年ほど前に日本の味を守ったしょうゆを作り、販売を始めた会社がありました。それがヤマモリです。私はタイに来るまで存じませんでしたが、120年余りの歴史がある三重では有名なしょうゆメーカーです。現在、タイで和食を気軽に食べられるのは、ヤマモリがタイの和食文化を支えてきたおかげといっても過言ではありません。一般消費者向けだけでなく、加工食品やレストランなどで利用され、タイでは圧倒的なシェアを誇っています。ヤマモリを知らない方でもどこかでお世話になっているでしょう。

 

「タイの食文化を日本へ、日本の食文化をタイへ」というヤマモリの思いが、今、多くの商品として形になっています。しょうゆだけでもいろいろあるものですね。これからそんな商品の楽しみ方をシリーズでお伝えします!

(ヤマモリ提供)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 440(yamamori)for-Banner 野菜をガツガツと 食べたい人におすすめ 「パワーサラダ」vol.…
  2. ガパオ ハーブの王様を使った 屋台料理の大定番 ガパオごはん vol.…
  3. プーパッポンカレー 「まったり、ふわふわ」が ひとりでも気軽に プーパッポン vol…
  4. ヤマモリのグリーンカレー 若い唐辛子の個性が光る グリーンカレー vol.004
  5. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》ライスペーパー…
  6. 《野菜ソムリエ・青澤直子のヤマモリ食菜よもやま話》シンプルかつ黄…

オススメ記事

  1. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  2. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  3. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  4. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?
  5. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】

PAGE TOP