ワンデートリップ

心も体も頭も遊べる屋内テーマパーク 母娘で楽しんだ想像の王国 「IMAGINIA」《レジャーその130》

プロムポンのエンポリアムに新しく登場した、子供の想像力を育む体験型テーマパーク「IMAGINIA」。今回は、デジタルテクノロジーを駆使したこのできたてホヤホヤの王国に潜入した、まる子さんと娘さんのレポートをお届けします。

 

DSC_0401

天井いっぱいに広がる「ドリームジャングル」

for Profile

【旅して書く係】 まる子/デジタル系は娘に越されました。

 

待ちきれない! 思わず娘がスタートダッシュ!

ここ数年、新しいデパートが続々と誕生するバンコク。勝手知ったるエンポリアムもEM DISTRICT開発に伴う改装が行われ、長年築き上げてきた脳内フロアマップが総入れ替え。子供が飽きたときに重宝していた、ゴルフ用品エリアの奥にあった遊び場の消滅にオロオロしたのも束の間、3階のパーキングエリアだった場所に新たな遊技場がオープンしました。

 

こちらEM PLAYGROUNDは、1400㎡の室内アトラクション施設の「IMAGINIA」、ファミリー・キッズカフェ&コンセプトストアの「FOXSCAPE」、そして国内初のアウトドアラーニングセンターとなる「EM FARM」の3つのゾーンで構成されています。今回は、取材時にオープンしていた「IMAGINIA」を娘と徹底解剖して参りました。

 

受付で手続きを済ませ、階段状のロッカールームで荷物を入れているそばから、早くも娘がスタートダッシュ! 追いかけると、巨大ハンモックを組み合わせたような空中迷路が一面に。その名は「ドリームジャングル」。鉄の匂いしか記憶にない昭和のジャングルジムとは大違い。トランポリンで中に飛び込み、らせん滑り台で外に出る。それの繰り返しをすること20分。そんな子供たちを待つ保護者用の椅子も含め、アートな雰囲気が漂います。

 

母娘で対決! ノリノリのDJバトルが始まった

DSC_0494

「サウンドクラウド」。音楽に国境なし!

お隣は天井から吊り下げられたマラカスのような物体を、ライトに合わせて引っ張ることでメロディを奏でる「サウンドクラウド」。音に合わせて踊ることが大好きな娘は、BGMのリズムに体を揺らせながら、なかなか上手に演奏していました。

 

DSC_0476

「DJキャノピー」でノリノリ!
スタッフが丁寧に教えてくれるので、すぐに楽しめます

そして、そんな彼女をさらに大喜びさせたのが向かいの「DJキャノピー」。本物のクラブサウンドシステムを搭載したDJブースを前に、アナログターンテーブルしか触ったことのない母も、娘に負けてなるものか、と大興奮。選曲やリミックスを自在に操れるほか、演奏している様子を音声入り動画で自動撮影してくれます。しかも、撮った映像をその場でメール送信ができる、デジタルお持ち帰りシステムが構築されているのです。

 

DSC_0444

「アートギャラリー」。葛飾北斎など世界の名画に落書きができる(上)
子供も大人も座ってじっくり楽しめます(下)

そのほか、大画面タッチパネルでモナリザなどの名画にいたずら描きができる「アートギャラリー」や液晶モニター上に描いた模様を真っ白な車に投影できる「ワンダーカー」なども、作った画像をオンタイムで見せたい人に届けることができます。

 

アクティブなアトラクションにも大はしゃぎ

DSC_0425

鳥や樹になったりできる「シャドウフォレスト」

めっちゃデジタルと思いきや、そこは子供の身体と感情、思考と想像力の育成をコンセプトとしたIMAGINIA。「タイムチューブスライダー」と呼ばれる、スペースマウンテンを彷彿とさせる滑り台や、スクリーンに映し出された自分の影に羽が生え、鳥になれる「シャドウフォレスト」、バーチャルサイクリングが楽しめる「ライド・トゥー・ザ・スカイ」など、体も思い切り動かすことができます。

 

また、日に何度か開催される工作や絵画教室に参加して、ほかの国の子供たちと触れ合ったり、少し疲れたら世界中の絵本が並ぶ「ブックケーヴ」で読書ができたりと、実に見事なバランス。

 

DSC_0526

「想像の王国IMAGINIA」のキャラと記念撮影

さらに驚くことに、全19のアトラクションの裏にはある物語が隠されており、登場人物のイラストやメッセージが至る所にあります。ネタバレしない程度にお話しすると、ここはIMAGINIAという雲の上の世界。想像力さえあればだれもが楽しめるワンダーランドなのです。詳しくは、300度スクリーンのイマジニアホールで上映される、感動アニメーションをご覧ください。ちなみに、この映画のみなら

ず、すべてのアトラクション説明が日本語・英語・タイ語の3カ国語対応となっているのも嬉しいポイントです。

 

DSC_0430

「イマジニアフォート」は身長90cm以下の子供専用

さて、ここまでずいぶん横文字を並べましたが、最新のテクノロジーを駆使して子供の遊びをより楽しいものにする、そして想像力を掻き立てる、おまけに母も遊べる、老舗エンポリアムにまた新たな魅力が加わりました。

 

思い切り遊んだあとは、娘に言われるがまま4階の「葵」さんへ。窓から望む変わらない風景と、2人で分ける筈のお重を独り占めする娘の姿に、時の流れを感じました。

 

見どころ

IMAGINIA
場所:Em Playground, 3Fl., The Emporium Shopping Complex, 622 Soi 24, Sukhumvit Rd.
電話:0-2664-8337
時間:10時~20時(最終入場17時) 無休
料金:大人200B 、子供身長70cmまで100B、71〜100cm 250B 、101cm以上(12歳以下)480B。いずれも最長3時間まで。
※靴下が必要。忘れた場合は受付でS30B、M40B、L50Bで購入可能
Web:www.imaginiaplayland.com

qrOneday424

 

行き方

BTSプロンポン駅直結

 

食事どころ

葵 エンポリアム店
場所:4Fl., The Emporium Shopping Complex, 622 Soi 24, Sukhumvit Rd.
電話:0-2664-8590-2
時間:月~金:11時半~14時半、17時半~22時半/土日祝:11時~15時半、17時~22時半 無休
料金:三段重500B 、変わり寿司600B、握り盛り合わせ1000B、うどんすき600B、懐石1500Bなど
Web:www.aoi-bkk.com

 

ツアースケジュール

09:30 自宅出発
10:00 エンポリアム開店と同時に入店
13:00 ランチへ
15:00 母のショッピングにお付き合いいただいたのち家路へ

 

評価

安全度:★★★★★( 出入りのチェックだけでなく、常にスタッフが見守っていてくれる)
スタッフの質:★★★★☆(一緒に遊んでくれたり、機械の使い方を優しく教えてくれる)
インターナショナル度:★★★★★(各国の子供と遊べる機会としても良い)
日本語通じる度:★★★☆☆(説明書きと映画に日本語あり。日本語が話せるスタッフはいません)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 干潟で貝狩り ドーン・ホイロート
  2. ノスタルジー雑貨市場「バーン・ルアン」旅情
  3. パタヤの水上市場とサタヒープの シーフードレストラン「ルアンタレ…
  4. IMG_1499 バンコク発ちょっトリップ 『エンポリアムが空港に!? 駅近で夏旅…
  5. バンコクからひたすら西へ、のんびりドライブ カンチャナブリー県の…
  6. 515のバスで映画博物館【1回】

オススメ記事

  1. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」
  2. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?
  3. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  4. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  5. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!

PAGE TOP