ワンデートリップ

ロット・トゥーでアユタヤー県へ行こう!猿との異色コラボレーション、地獄寺ワット・ガイへ《レジャーその141》

DSC03053

猿山にいた、ブランコでくつろぐ猿たち

 

バンコクからほど近い、人気の観光地アユタヤー。遺跡観光のイメージがある街ですが、あまり知られていないユニークな地獄寺があるのをご存知でしょうか? その名もワット・ガイ。ニワトリ寺という意味のこのお寺、名前に反してなぜか猿がたくさんいるようです……! 地獄と猿のコラボレーションはなんだかシュールです。

 

IMG_0967

【旅して書く係】やじんげ/猫が好き。犬も好き。

 

ニワトリ寺には猿がいます

DSC02980

タイ文字とオブジェの組み合わせで、「ワット・ガイには猿がいます」となります。

 

幹線道路の32号線を通るたびに見かける、鶏と猿が向き合って座っている不思議なオブジェ。ずっと頭の片隅に引っかかっていたのですが、ある日、これは地獄寺ワット・ガイの入り口だということに気づきました。そして、ニワトリ寺という名前なのに、どうやら猿がいるらしいのです。前にロッブリーで出会った野生の猿が怖かったので、ちょっと尻込みしながらも、せっかくの機会だし……と勇気を振り絞って行ってきました!

ちなみに、ワット・ガイには犬もいました。犬猿の仲とはいいますが、ここでは犬と猿が共存していて、なんだかほほえましかったです。地獄寺なのになんだか心温まる時を過ごせました。アユタヤーの隠れたお勧めスポットです。

 

ロット・トゥーでアユタヤーのちょっと北まで

DSC02992

お寺なので仏像もあり、お参りできます

 

ワット・ガイへは戦勝記念塔のロット・トゥー(乗り合いバン)乗り場から向かいます。今回は塔の東側にあるアントーン県行きのロット・トゥーで出発です。注意すべき点は、アユタヤー行きに乗らないこと。それだと、途中で中心街の方へ向かってしまうので辿り着かないのです。

運転手さんにはワット・ガイで途中下車することを前もって伝えておきます。まれに忘れ去られることがあるので、グーグルマップでチェックしておくとなお安心。高速を使ってドンムアン空港、ランシットを過ぎて、田んぼの風景がしばらく続いて到着です。運転手さん、覚えていてくれて、お寺のあるパクソイの向かいで降ろしてくれました。約1時間の旅です。

 

ワット・ガイ、小規模だけどインパクトは満点!

DSC03019

悪いことをすると、舌を抜かれます

 

歩道橋を渡り、あの鶏と猿のオブジェのところに到着。「ワット・ガイには猿がいます」と、オブジェとタイ文字で表現されてます。しゃれたオブジェです。なぜ、ワット・ガイと名づけられたかというと、昔、この辺りでは疫病でたくさんの鶏が死んでしまったからのようです。

オブジェから300mほど進むと小学校があります。ここには、猿のお父さんと子供が手をつないでいる像が。これまたしゃれています。そして学校の向かいがワット・ガイです。中を見ると、さっそく犬と猿がこちらに注目しています。ちょっと怯みましたが、せっかく来たので勇気を出して前進、前進!!

 

DSC03024

猿も地獄に出入りできるようです

 

まず目に入ったのが大きな鶏のオブジェ。そして奥へ奥へと進んでいくと、地獄エリアがありました。有名な地獄寺よりは小規模ですが、地獄の怖さが表現されています。途中、猿や犬がまぎれてきて、今までにない異次元空間にいる気分でした。見学中、お坊さんはいらっしゃいましたが、参拝客はまったくいませんでした。

 

近くに猿山もあります

DSC03049

猿たちは人間が来ても驚きませんが、ミズオオトカゲには驚いてました

 

次に、小学校の隣りにある猿山へ行きました。入り口でエサを購入できます。エサを持っていると、猿が周りにたくさん集まってきて猿だかりができました。つかの間の人気者気分が味わえます。集まってきても決して飛びついてこない、行儀のいい猿たちでした。赤ちゃん猿から老猿までたくさんの猿がいて、見学に来ていた子供たちも喜んで、猿にエサをあげていました。

途中、ミズオオトカゲが出てきたのですが、猿も一斉に大注目! 人間と一緒の反応だなと思いました。観察していると、ほかのしぐさもやっぱり人間に近いです。犬はその周りを元気に走り回っていました。バンコクの犬は日中ほとんど寝ているけど、田舎の犬は元気がいいな~。

 

猿との思い出を胸に帰路へ

猿とのふれあいを存分に満喫し、帰ることに。ちょっと小腹が減ったので、パクソイにある食堂で食事しました。ガパオがおいしかったです。そして通りに出ると、ちょうどロット・トゥーが来たので乗り込みます。BTSモーチット駅行きでした。乗客があちこち途中下車したり乗車したりで、約1時間半で到着。せっかくなので隣りのアーリーまで行って、おしゃれカフェでお茶して帰りました。あれ? そういえば本物のガイ(鶏)いなかったな……と思いながら。

 

タイムテーブル

11:10 戦勝記念塔を出発
12:15 ワット・ガイ入り口到着
12:25 ワット・ガイ到着
13:10 猿山に到着
14:50 お昼ごはん後、パクソイよりロット・トゥー出発
15:20 BTSモーチット駅前到着

 

見どころ

ワット・ガイ
場所:Bang Pahan District, Phra Nakhon Si Ayutthaya
電話:0-3524-6076(TATアユタヤー)
時間:8時頃~17時頃 無休
料金:無料

QRcode_watkhay

 

行き方

ロット・トゥー:
戦勝記念塔のロット・トゥー東側の乗り場へ(アントーン県、ロッブリー県方面行きなど)

アユタヤー中心部よりトゥクトゥクチャーター:
1時間につき200Bほど

●行き先が伝わらない、わからないとき、見せてください

戦勝記念塔 อนุสาวรีย์ชัยสมรภูมิ
ワット・ガイ วัดไก่
アユタヤー อยุธยา
アントーン อ่างทอง
猿 ลิง
○○に着いたら教えてください。 ถึง○○แล้วบอกด้วยได้ไหม

 

評価

サバイバル度★★★☆☆
ローカル度★★★☆☆
かわいい度★★★★★
知名度★★★☆☆

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バンコク発ちょっトリップ『一度は見ておきたい! タイの奇祭ピータ…
  2. 水上生活を再現「ラット・マヨム・ビンテージ・ビレッジ」
  3. IMG_5315 《レジャーその150》花の文化を学び、花を食べて味を知る ドゥシ…
  4. バンコク発★週末ちょっトリップ『近代的に変化したベトナムの フー…
  5. 王宮近く、新しい博物館めぐり マニアックな歴史を学ぶ「コイン博物…
  6. 「バンプー・シーサイド・レクリエーション・センター」【8回】

オススメ記事

  1. とにかくまず体験してほしい! かかとの角質が10秒でポロポロとれるスプレー【CELLOMON(セロモン)】
  2. 選りどりみどりで困っちゃうー!? 超豪華だけどリーズナブルなフリーフロー・イタリアン・ランチ@メディーニ【The Continent Bangkok】
  3. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  4. TUMI(トゥミ)SEMI-ANNUAL SALE 30%オフ実施中!
  5. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!

PAGE TOP