ワンデートリップ

BTSとタクシーでショッピングセンター内の遊園施設へ セントラル・バンナー「ファン・プラネット」

バンコクのど真ん中に住む父と母は、子どもの遊び場情報にアンテナを張り巡らしています。

今回は、かなりゆる~い休日が過ごせる郊外のショッピングセンターに入っている子ども用レジャー施設をご紹介。

次は、あなたが親子でゆるゆると遊べますように。

 

 

【旅して書く係】髙田胤臣:今回は思いっきり父の顔で子供孝行

 

ウニも食べられる郊外モール

父の楽しみはこのウニのみ

 

都心のデパートと比べると垢抜けなかったセントラル・バンナー・デパートもここのところずっと改装をしていて、だいぶきれいになった。

しかも、和食関係が徐々に充実してきていて、天丼のチェーン店「てんや」も第1号店がここにオープン。

とにかくレストラン関係は充実してきている。

 

今回は母アムの要望により「平禄寿司」でお昼ご飯となった。

大食いの父としては回転寿司は高くつくのがネック……。と言いながらも、しっかりとウニなんて高い皿を注文したり、十分満喫した。

ちょうど『あまちゃん』のタイ放送決定のニュースを見たばかりだったので、なんとなくウニ気分だったからよかった。

 

狭くて穴場。ひと家族でひとりじめ気分!

砂場には恐竜の骨が埋まっている

 

さて、腹ごしらえを終えて今回の目的である「ファン・プラネット」へ。

ここは今年10月3日にオープンしたばかりの子どもたちが遊べるエリアで、ゲームセンターに併設されてミニタウンがある。

 

このミニタウンにはファッションショーができるステージ、恐竜の骨が発掘できる砂場、車遊びができるガレージ、白い焼き物に色づけ遊び、ケーキを作るベーカリー、ボールプールやすべり台などのアスレチックがある。

ベーカリーや色塗りなどは入り口でもらうバンドを渡すことで遊べる。

言わなければバンドをくれないこともあるので要注意。なぜか、忘れてしまうようだ。

 

塗り絵コーナーは時間がかかるので、おとなしく遊んでもらうにはグッド

 

施設の規模はかなり小さいので「キッザニア」など、ほかの遊戯施設に慣れた娘のねねは最初、「狭くない?」という感想を小声で漏らした。

しかし、逆にこぢんまりしているし、まだ穴場のため人も少なく、最初の感想はどこへやら、楽しみだしていた。

 

アスレチック内部には空気で撃つ砲台がいくつかあって、これがハイライトな遊具。

みんなで撃ち合いながら盛り上がっていた。それこそ混んでいたら、こんなにおもしろくなかっただろう。

 

女の子向き!? あざやかケーキ作り

何度見てもこの色はおいしそうには見えないが、ちゃんと食べられるんだそう

 

体験型施設のうち、今回はベーカリーでケーキ作りを体験した。

ケーキ作りと言っても本格的なものではなく、マフィンにクリームをのせてトッピングして持ち帰るという簡単なもの。

 

しかし! 写真を見てもらえればわかる通り、なんとものすごい色合いであることか!

ピンクに青、緑や黄色と、到底大人が見ると食べたいなんて思えない原色系。

だけど、ちゃんと食べられるものだそうで、子どもは大喜びだった。

 

クリームが入った絞り出し袋を掴んで、なんとかくるりと乗せていく。ケーキ作りにはカラフルなトッピングシュガーやグミ(だと思う)も渡され、それを使って装飾。ねねはおそらく「口に入れば同じ」という合理的な考え方でさっさと作り終えて、係員に箱詰めさせていた。

 

ついでの1日も、子どもにはじゅうぶんトリップ

ボールの大砲。2階部分にはミニガンが設置されていて戦える。ボールを吸い込み、天井からまくのだが、今回は壊れていた

 

その後も子どもたちは、親が帰ろうと声をかけるまで、延々とすべり台や砂場で遊んだ。

目の前がクーポン食堂なので、喉が渇いたり、小腹が空いてもすぐに食べに行けるし、買いものついでにも連れて行けるしで、気を張らない休日にもってこい。

 

家族でゆた~っとするのにいいところだと思った。

 

タイムテーブル

11:00 BTSトンロー駅出発

11:20 BTSウドムスック駅到着

11:40 セントラル・バンナーにタクシーで到着

12:00 昼食

13:0 0 「ファン・プラネット」入場

15:00 帰宅のため出発(タクシー)

15:25 BTSバンナー駅到着

15:45 BTSトンロー駅到着

 

行きかた

・タクシーのみ利用

都心からセントラル・バンナーで通じる。エンポリアム周辺から80~100B程度

・BTS+タクシー

BTSウドムスック駅下車、タクシーでセントラル・バンナーまで約50B。帰りはタクシーでBTSウドムスックかBTSバンナーへ。バンナー駅の場合は連絡通路で向かい側に、ウドムスックはデパート前から乗ること

 

遊びどころ

ファン・プラネット Fun Planet

場所 7 Fl., Central Bangna, 1090 Moo 12, Bangna-Trad Rd.

※館内6階の映画館近くのエスカレーターで1階上がる

時間 土日祝:10時半~19時、月~金:10時半~21時

料金 子ども250B(100cm以上、3歳以上)、150B(100cm未満、3歳未満)時間制限なし

※大人は子どもひとりにつきひとり無料 ※要靴下着用(30Bで販売)

※料金支払い用カードの保証金30B(返却時に返金)

駐車場:無料

 

食事どころ

館内に多数。入りやすい日本食レストランは、「てんや」「大戸屋」「平禄寿司」「吉野屋」「キン肉牛丼」「筑豊ラーメン山小屋」など

 新着記事を読む 

関連記事

  1. コンラッド・コ・サムイ01 《週末★トリップ》 ユラユラおこもりサムイ島「コンラッド・コ・サ…
  2. 有休3日で神秘の岩を観に。 スリランカ
  3. セントラル・フェスティバル・パタヤ
  4. CIMG8194 バンコクからVIPバスで行く「スリン県の象祭り」《レジャーその1…
  5. ワット・パーラックローイ1 気合を入れて、バス1日旅 地獄のテーマパーク!? 「ワット・パ…
  6. バンコク発★週末ちょっトリップ『カンチャナブリーのサファリで、川…

オススメ記事

  1. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  2. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  3. Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻
  4. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック
  5. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】

PAGE TOP