虚構新聞バンコク版

【虚構新聞バンコク版】水害防ぐ超強磁場発生装置を開発 vol.032

強力な磁場を発生させる装置の開発にタイ政府総合科学院が成功し、9月から実証実験を始めている。海底の磁場を変化させ、台風の勢力を弱めることで洪水被害を未然に防ぐなど今後さまざまな活用が期待される。

強磁場発生装置「メーレック」は、50センチ四方・合計300個からなる金属製装置。これらを10キロ間隔で海底に設置して地磁気に変化を起こすことで、海流の向きや温度を自在に調整できるようになるという。

海水に干渉できれば、海上に発生する台風の勢力や進路をコントロールすることも可能になり、洪水対策にもつながる。2013年以来ラヨーン県・サメット島にある科学院研究所内で建設が進められてきた。

 

image

研究所があるラヨーン県・サメット島

 

9月からはタイランド湾の海底に装置を沈め、継続的に地磁気に干渉する実証実験を進めているが、台風に及ぼす効果については来夏以降を待つ必要があるという。

メーレックについては800億Bという莫大な研究予算を投じたことから、マスコミによる「非科学的」「税金の無駄遣い」との批判も多かった。

だが実験初日、誤って宇宙空間に向けて発生させた磁場に引き寄せられた火球がバンコク上空に現れたことにより、想定外のかたちでその実力を証明した。

研究を主導してきた総合科学院のウッガバート院長は「調整さえ完璧なら、例えば新聞社に火球を落とすこともできるだろう」と話す。最近ではテレビや新聞も「タイ国民の希望」として好意的に報道することが増え、かつてのような批判は沈静化している。

 

 


Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載。当「バンコク版」においても内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Yasothon-003 【虚構新聞バンコク版】タイ初、有人ロケット打ち上げへ 月面探査、…
  2. DSC_7287 【虚構新聞バンコク版】水不足配慮 エア・ソンクラーンで vol.…
  3. 【虚構新聞バンコク版】スウェーデンの空気、バンコクに到着 大気汚…
  4. 【虚構新聞バンコク版】タイ米を日本米に 米種変換器が発売 vol…
  5. kyoko 426 【虚構新聞バンコク版】タイ全土をバーチャル旅行 観光施設人気 v…
  6. 【虚構新聞バンコク版】バナナ相場高騰 市民生活にも影響 vol.…

オススメ記事

  1. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  2. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  3. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  4. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  5. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻

PAGE TOP