人気連載

【虚構新聞バンコク版】長引くスコール タクライのせい? vol.026

Bangkok Kyoko Shinbun_410

儀式をおろそかにする人間に対し自然は容赦を知らない

 

国立カセサート大学理学部の研究グループはタイ国内でスコールを長引かせている原因がタクライ(レモングラス)にあることを解明したと発表した。研究論文は英科学誌『フェノメノン』6・7月合併特大号に掲載される。

 

雨季に起こるスコールは一般に平均1時間程度とされるが、近年では平均3~4時間と長期化する傾向があり、多くの研究機関がその原因の追究にあたってきた。

 

今回カセサート大の研究グループでは、地球規模の温暖化ではなくバンコク都内に限定したミクロな降水変動を調査。都内を300メートル四方に区切り、各区間内における気候や生態との関連性を調べた。

 

調査の結果、バンコク都内でも地域によって降水時間に最大2時間近く差があることが判明。さらに調査を進めた結果、特に降水時間の長い地域ではタクライが誤って植えられていることが分かった。

 

タイでは雨を止ませる儀式としてタクライを逆さにして土に挿すという民間信仰があるが、降水時間の長い地域の民家ではタクライの葉と根が上下バラバラで挿さっている、あるいは全体が土に埋まるなどしていた。

 

今回発表の論文では「このような中途半端な儀式のせいで雨雲が去っていいかどうか悩んだ結果、その場に停滞し、長雨につながったのではないか」と指摘している。

 

また論文を執筆したフォン・トックナック教授は理論を実証するため、実際にプラナコン区でタクライをいい加減に挿して実験を行ったところ、スコールで増水したチャオプラヤー川に流され、2時間後下流のバンナー区の岸に打ち上げられているところを発見された。

 

フォン教授はタクライを握りしめたまま救急隊員に「実験は成功した」と語りかけたという。

 

 

Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載。当「バンコク版」においても内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 素材の味を活かした伝統的なイタリアン LUCEの巻
  2. サポートが整ったコワーキングスペース Busy Bees@115…
  3. 【虚構新聞バンコク版】日本発 鯛めし屋台がバンコクに登場 vol…
  4. 安曇野の水はチェンマイへと通じる。 旅行作家・下川裕治が刻んだタ…
  5. daco-kyoko650x340 【虚構新聞バンコク版】「何でも売る」露天商、屋台取締りに立ち向か…
  6. コンドミニアム購入をキャンセルしたのに vol.068

オススメ記事

  1. 格好いい経営者はお好きですか?<経営者改造計画 vol.03>きらきらキャリアウーマン風コーデ
  2. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  3. 格好いい経営者はお好きですか?<経営者改造計画@バンコク>
  4. ムエタイ界の生ける伝説・ブアカーオ氏、日本格闘技界の新星・三浦孝太戦を振り返る【スペシャルインタビュー】
  5. 【タイに住む日本人】山口 薫さん インタビュー(山口豆腐店 代表/チェンマイ県)

最新のTHB-JPY

PAGE TOP