虚構新聞バンコク版

【虚構新聞バンコク版】王様の香り、ふわっと ドリアン香水「スノーホワイト」発表 vol.061

虚構新聞(http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載する嘘ニュースサイト。当「バンコク版」でも内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。これは創作により書かれており、本当のことではありません。

スノーホワイトはドリアンの皮のリサイクルにも役立ちそうだ

これは嘘ニュースです。これは嘘ニスです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。

化粧品メーカーのメンマーク研究所は、ドリアンのにおいを発する香水「スノーホワイト」を発表した。夏頃の発売を予定する。香りをかいだ男性の本能を刺激して、自分に注目を引きつける効果があるという。

 

「果物の王様」とも呼ばれるドリアンは、チーズに似た濃厚な味わいで人気が高いが、一方で「放置した靴下」「下水」とも形容されるその独特のにおいでも知られている。また近年、中国ではドリアン人気が加熱しており、輸出国のタイでは国内価格が上昇するなどの影響も出始めている。

 

メンマーク研究所では、独特のにおいの元になる原因物質を皮のトゲ部分から抽出することに成功した。主任研究者のスカンヤーさんは「余計なことをするな」という同僚からの忠告にくじけることなく、3年間の試行錯誤の末、抽出成分を劣化させず香水に混ぜる製法を編み出した。

 

スノーホワイトを作るには大量の皮が必要になるが、中国からの「爆買い」によって生まれた皮の廃棄に困っていた果物業者も多く、香水の製造と処分問題を同時に解決する「一石二鳥」の効果も期待できそうだ。

 

研究所が行った調査によると、ドリアン香水をつけた女性に対して99%以上の男性が「近寄りたくない」「目をそむけたくなる」など生理的な不快感や嫌悪感を覚えると回答した。

 

「周りの女性に吹きかければ、相対的に男性が自分に引きつけられるようになる。意中の男性とのデート中にぜひ」と、スカンヤーさん。この夏、タイのいたるところで暑いモンスーンに乗ったドリアン旋風が吹き荒れそうだ。

これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニす。これは嘘ニュースです。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版】招きシャム猫、バンコクでブーム vol.0…
  2. IMG_7843 【虚構新聞バンコク版】タイ海軍、世界最小 空母を建造 自己記録…
  3. 【虚構新聞バンコク版】バンコクで死者多数? 日本のマスコミ、 誤…
  4. 【虚構新聞バンコク版第69報】 政権公約「翡翠麺の湯がき禁止」 …
  5. daco-kyokoh650x340 【虚構新聞バンコク版】赤い砂山、バンコク都内にあちこち…いったい…
  6. 【虚構新聞バンコク版】スウェーデンの空気、バンコクに到着 大気汚…

オススメ記事

  1. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  2. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  3. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  4. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話
  5. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!

PAGE TOP