バンコクの街角

元トンローの有名タイ料理店がオンヌットに移転!「NI-YOM PHOCHANA」

華金ともいわれる金曜日の夕方、BTSオンヌット駅から車で20分ほどのタイの人々の生活感あふれるスクムビット・ソイ77沿いにあるシーフードレストラン 「NI-YOM PHOCHANA」へディナーに出かけた。

 

s-お店入口

 

店内は白壁にカラフルな色で書かれたメニューボードが一つと、シンプルできれいな内装であった。以前はトンローにお店を構えていたが最近移転したのだとか。

厨房は屋外にあるので、メニューが運ばれてきた瞬間に一気においしそうな香りが店内に広がる。料理が運ばれてくるときの店員さんの笑顔にあふれた接客が「おいしそう!早く食べたい!」という気持ちを一層かきたてる。この日は、計9品のタイ料理を出していただいた。

 

最初に出てきたのはあっさりとした味付けの「ミモザのオイスターソース炒め」。

次にでてきた「オーソウーンカタローン(カキの卵とじ鉄板)」はジューという音と香ばしい匂いがたまらなかった。

 

s-カキの卵とじ鉄板&ミモザ

 

これだけでもうおなかがいっぱいになってしまうのではないかと思ったが、これはまだまだ序の口だった。

 

 お次はお皿に10本山盛りにのった「豚肉の串焼き」。ちょっと甘めのカレー風味。

 

s-豚の串焼き

 

そして見た目がまさにタイ料理!といった感じの「ブーパッポンカリー(カニのカレー炒め)」と「クンオッウンセン(春雨の蒸しエビのせ)」。

 

s-春雨の蒸しエビのせとカニのカレー炒め

 

どれもおなかいっぱい食べたいけどまだ続きがあるのでほどほどに…。

と、ここで中休みに「カニチャーハン」。薄い味付けで口の中をリセットできた。

 

s-チャーハン

 

休憩がすんだところでついに大物がやってきた!その名も「プラーカポンヌンマナーオ(スズキの蒸し焼きチリレモンソース掛け)」。白身魚にソースの相性はばっちりだ。

 

s-スズキの蒸し焼き全体

 

それから出てきたのはタイ料理の定番「トムヤムクン」。日本ではなかなか味わえないこの辛さがクセになる!

 

s-トムヤムクン全体

 

そして最後に締めを飾るのは、海のミルク「生牡蠣」!!ついてきた味噌をつけて食べると絶品だった。

 

s-生牡蠣

 

 

今回食べた料理のお値段はこちら。

ミモザのオイスターソース炒め…70B

カキの卵とじ鉄板…150B

豚肉の串焼き…70B(10本入り)

カニのカレー炒め…850B

春雨の蒸しエビのせ…200B

カニチャーハン…大きさによって50B,120B,300B

スズキの蒸し焼き…大きさによって300B-380B

トムヤムクン…大きさによって120B,200B,300B

生牡蠣…80B(1つあたり)

 

また、この日は品切れだったのだがこの店には看板メニューがある。

「グンメァナーム(テナガエビのあぶり焼き)」だ。

 

s-テナガエビのあぶり焼き

 

エビにしては珍しく多量のミソがのっているのが特徴なのだとか。お値段は1㎏1800Bと少し高めだが、入荷量が少なく希少価値の高いエビとのことでぜひ味わってみたいものだ。こちらを食べる際にはぜひご予約を。

 

ボリューム満点、新鮮な魚介類盛りだくさんのNI-YOM PHOCHANAのタイ料理は見た目も味も100点満点だった。もちろん接客も。外にも飲食スペースがあるのでビアガーデン気分で盛り上がってみてはどうだろうか。

 

NI-YOM PHOCHANA

営業時間   14:30-24:00

住所   2135-2137 Sukhumvit77 Soi On-Nut 41-43 Suang-Luang, Bangkok

電話番号   02-721-4081, 086-999-1362 (タイ語)

Facebook   Niyomphochana – Seafood Restaurant

(編集補助M)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バンコクいち高いビル
  2. バ、バ、バンコクの街角が、我が家に……?
  3. P_20151113_115439 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第8回 鮨忠
  4. 001 世界いち長~いダム? ナコンナーヨック県の「クン・ダーン・プラガ…
  5. 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】ついにオンヌットのマッサージ通りもおし…
  6. バンコク在住3年間でうまかった麺(記録が残っている限り)

オススメ記事

  1. どうせなら自信を持って正確に話したい! ベルリッツでお得に「英語もタイ語も」同時に習得?_口コミ・評判・値段は?
  2. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  3. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  4. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  5. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】

PAGE TOP