虚構新聞バンコク版

【虚構新聞バンコク版】マー・ガーン・クルアイで世界新 SEAゲームズ vol.027

マー・ガーン・クルアイ

「マー・ガーン・クルアイ」はバナナの葉柄で作った馬にまたがって走る競技

 

シンガポールで開催された第28回東南アジア競技大会(SEAゲームズ)は、大会28日目、マー・ガーン・クルアイ400m決勝でタイのプラーイ・プーカオトーン選手が世界新記録を更新し、8大会連続の優勝を収めた。

 

マー・ガーン・クルアイはバナナの葉柄(ようへい)で作ったほうきのような馬にまたがって走る陸上競技。特にタイでの人気が高く、予選でも出場選手78人中75人がタイ人だった。

 

決勝は8大会連続優勝がかかったプラーイと、若手のホープ、グアング・デーン選手の対決に注目が集まった。プラーイは第21回クアラルンプール大会で、当時14歳の若さで優勝。以降7大会連続で優勝するなど、国内では「レジェンド(伝説)」とも呼ばれるベテランの28歳だ。

 

対する19歳のグアングは、国際大会での経験は少ないものの、今年チェンマイで開かれた記録会ではプラーイが保持する世界記録にあと0.1秒まで迫る好タイムを記録している。

 

大歓声に沸く中行われた決勝は序盤200mまでグアングがリード。この日のために用意したチェンライ産バナナの空気抵抗が功を奏したかに見えた。だが350m付近、グアングが突如失速。後続のプラーイが華麗に抜き去ると、そのまま安定の走りを見せ、42秒88の世界新でゴールし、8大会連続で金メダルを獲得した。

 

競技後の会見でグアングは「空気抵抗を意識しすぎたあまり、葉柄に強度不足が生じ、後半に耐えられなかった」と自ら敗因を分析。今後の課題とした。

 

なお、SEAゲームズを主催する東南アジアスポーツ連盟は、近年出場選手がタイ人に偏りすぎていることを受け、次回大会からマー・ガーン・クルアイを除外することを決めた。

 

 

Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載。当「バンコク版」においても内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版第79報】 新型肺炎影響、異例の「無人ソンク…
  2. DSC_7287 【虚構新聞バンコク版】水不足配慮 エア・ソンクラーンで vol.…
  3. daco-kyoko650x340 【虚構新聞バンコク版】からまり電線にさよなら 電柱・電線着色工事…
  4. daco-kyoko650x340 【虚構新聞バンコク版】サムイ島に屋外スキー場がオープン 国内初 …
  5. 【虚構新聞バンコク版】タイでも脱原発 代替エネルギー模索続く v…
  6. daco-kyoko650x340 【虚構新聞バンコク版】「ソンクラーンツアー、雨天延期」代理店の虚…

オススメ記事

  1. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  2. The Grand Sethiwan@Sukhumvit 24-1 プロンポン駅至近の好立地で、充実の住空間 「ザ・グランド・セティワン」
  3. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  4. 太陽の雫_01 チェンマイの山麓で育つマンゴー「太陽の雫」の木 オーナー募集!
  5. 富士JDC歯科医院-entrance タイでの歯科治療は不安? 日本語で相談できる「富士JDC歯科医院」

PAGE TOP