ワンデートリップ

《週末★トリップ》 一千年のロマンに触れた旅 世界遺産アンコール遺跡を巡る2泊3日 エアアジアのプレスツアーで行ったカンボジア・シェムリアップ

週末★トリップ412-01

アンコールワットの前に立った時の感動は、言葉では表現しきれない

 

FD610便でドンムアン空港からシェムリアップに飛んだ。フライトはたった1時間、タイとの時差はない。11世紀初頭に建立され、千年の時を刻んできたアンコール遺跡。その壮大なスケールは圧倒的で、様々な物語が刻まれたレリーフが並ぶ長い回廊には厳かな空気が漂い、遺跡と自然の織りなす美しさは神秘的だ。

タイにも遺跡はあるが別格だった……。さて次の週末、有休を取りますかね~。

 

汗と夕日と土埃。日照りの遺跡巡り

週末★トリップ412-02

お気に入りの四面仏を見つけてパチリ!

 

空港到着後、赤い土埃が舞い上がる道を走ってシェムリアップ市内へ。初日の遺跡めぐりが始まった。

 

アンコール遺跡の入場パスを作成し、まずは100以上の四面仏が並ぶアンコールトムへ。「アジアの宝石」と呼ばれるクメールのおだやかな微笑みを浮かべた菩薩像が刻まれていて、それぞれ少しずつ表情が違っている。南大門の橋の欄干に並ぶ108体の巨人の石像も見どころだ。向かって左側は神々で、右側は阿修羅の像。朽ちた石像もあり、歴史を感じる。

 

次はピミアナカスへ。天上の宮殿という意味を持つピラミッド型の建造物で、アンコール遺跡群の中でも特に傾斜のきつい階段を上ると、その上には小さなお堂がある。続けてすぐ横の象のテラスを見学し終わると、もう汗びっしょり。こまめな水分補給と日焼け対策をお忘れなく。

 

週末★トリップ412-03

曇り空の夕景はノスタルジックな雰囲気

 

初日のハイライトはプノンバケン寺院からの夕日鑑賞。この日はあいにくの曇り空で、夕日は見れなかったのだが、晴れた日には遺跡の間から地平線に沈んでいく夕日を眺めることができる絶景ポイントなのだ。夕日や朝日の中に浮かぶ遺跡は神々しく、まさに言葉を失う美しさなので、ぜひご覧いただきたい。

 

森の芸術的遺跡に 癒される時間

週末★トリップ412-04

オレンジの僧衣が遺跡の風景によく合う

 

2日目、涼しい朝に、この旅のメインとなるアンコールワット寺院へ。12世紀前半にアンコール王朝によってヒンドゥー教の寺院として建設された後、仏教寺院へと改修された。1992年に世界遺産登録。南北1300m、東西1500m、幅200mもある塀で囲まれている。門をくぐると約600mの参道が続き、その先に中央神殿が位置している。回廊を上って神殿の上部に登るにつれて神々の世界に近づくとされていて、その回廊にはインド古代の叙事詩や神々の戦いを描いた壮大な彫刻が刻まれている。

 

この彫刻は職人たちが三世代にわたって生涯をかけて彫り続けており、現在も完成に至ってない。気の遠くなるような長い時間をかけて彫り刻まれた物語なのだ。天女アプサラのレリーフも美しい。

 

2時間ほど回ってから市内に戻り昼食を取った後は、ヒンドゥー寺院の遺跡、タ・ケウへ。この遺跡は途中で建設が中断されており、石が積み上がった荒々しい外観と彫刻がないのが特徴的だ。

 

週末★トリップ412-05

木漏れ日が遺跡にあたたかい表情を与えている

 

続けて、映画『トゥーム・レイダー』のロケ地となった、森の中の遺跡タ・プロームへ。遺跡を覆うようにガジュマルの木が根を下ろし、木陰には苔がはえ、とても神秘的だ。歩道を包み込むように並ぶ木々の緑が美しく、鳥のさえずりが耳に心地よい。マイナスイオンを全身で受けてリフレッシュできた。

 

最後にバンテアイスレイへ向かう。ほかの遺跡群からは少し離れた森の中にあったので、内戦の影響を受けることがなく、かなり良好な保存状態だ。特に門の上に見られるレリーフは繊細で美しく芸術的だ。

 

夜はレストラン「Crystal Angkor」で、天女アプサラの踊りを表現した伝統舞踊を鑑賞しながらカンボジア料理を。その後は現世に戻るようにナイトマーケットへ出かけて、ショッピングを楽しんだ。

 

インドシナ半島最大の淡水湖に浮かぶ暮らし

週末★トリップ412-06

ボートに乗ってゆったりのんびりとした時間を満喫

 

最終日は市内から車で約1時間、トンレサップ湖へ。向かう道路脇には高床式の簡素な家が並んでいた。水位が上がる時期になると、家ごと山の上に移動するために、とても簡単にできているそうだ。季節によって水位が大幅に変化し、水位が上がる雨季では面積約1万平方Km、水深9mほどに達する。現在、2000人ほどの人々が湖上で生活しており、中にはベトナムのボートピープルも暮らしているとのこと。

 

以前は600種類以上もの淡水魚が生息していたそうだが、現在は200種類程度。ボートでのんびりと揺られながら1時間半のトリップへ。湖の中心まで行くと、ボートハウスのほかに食堂、商店、教会や学校などが並んでいて、さながらひとつの町のようだった。

 

森の遺跡から湖上の集落を巡った3日間。空港ではアンコールビールを飲みながら、シェムリアップの思い出にふけった。あぁ~、もうフライトの時間だ。

 

食事どころ

The Square 24 Restaurant
場所:Street 24, Achasvar, Siem Reap, Cambodia
電話:+85-51-261-4695
時間:11時半~ 14時半、18時~ 22時
料金:満足予算:16USD /人(コース料理Intensely Khmer)

 

Café Indochine
場所:No.44 Sivatha Street, Siem Reap
電話:+85-59-263-0958
時間:10時半~ 22時
料金:満足予算:15USD/人

 

Viroth’s Restaurant
場所:99, Wat Bo Street, Siem Reap
電話:+85-51-282-6346
料金:満足予算:15USD/人

 

Crystal Angkor
場所:Krous Village, Svay Dangkum, Angkor Wat, Siem Reap
電話:+85-51-278-6786
時間:11時~ 14時、17時~ 21時、Apsara Dance show:19時半~
料金:満足予算:18USD/人(コース)

 

Alliance Café
場所:WatDamnak,7 Makara Street, Siem Reap
電話:+85-56-396-4940
時間:9時~ 22時
料金:
満足予算:14USD/人(Explorer Angkor コース)

 

見どころ

アンコールワット遺跡
時間:5時~ 18時(バンテアスレイのみ~ 17 時) 無休
料金:遺跡入場パス:1日券20USD、3日券40USD、7日券 60USD(チケット売り場で写真を撮影し、約15分でパスがもらえる)
 

トンレサップ湖 
料金:ボートチケット:金額表示がなく、交渉次第だが15~20USD程度。

 

宿泊

Khemera Angkor Hotel
場所:National Rd., No.6 Sala Kanseng, Khum Svaydangkum, Siem Reap
電話:+85-56-376-0555
料金:インターネット料金:デラックスルーム43USD(税サ別)~
Web:www.khemaraangkor.com

 

現地のお役立ち情報

○ 空港でのアライバルビザ取得には、現金30USDと証明写真(4×6cmであればOK)が必要。
○ USD、THBが使えるので、現地通貨(リエル)に両替する必要はないが、お釣りを現地通貨で渡される場合があるので、1USD札、5USD札、20B札、100B札などを多めに用意しておこう。両替はする場合、空港はレートが悪いので、市内で両替する方が良い。
○空港の出口付近に携帯電話のSIMカードが販売されている。ネット専用のもので1.5GB、5USD程度。市内のホテル、カフェなどでは大抵無料のWi-Fiサービスがある。
○町中の移動はトゥクトゥクが便利、1回1USD程度。遺跡巡りのタクシーチャーターは1日20USD程度。
○遺跡では肌が露出する服装は禁止。(膝上丈の短パンやスカート、キャミソールやタンクトップなど)ショールで覆ってもNGなので気をつけて。
○こまめな水分補給と、サングラス、帽子、日焼け止め、日傘など日焼け対策も忘れずに。遺跡内では急階段をのぼったり石段の上を歩いたりするので、歩きやすい靴で行こう。埃っぽいので気になる人はマスク持参で。ウェットティッシュがあると便利。

 

おすすめタイムテーブル

1日目
10:10 FD610便でドンムアン空港を出発
11:10 シェムリアップ到着、空港でアライバルビザを取得し入国
12:10 Alliance Caféで昼食
15:00 アンコールワット遺跡入口の門を見学
15:15 アンコールトムを見学
16:00 ピミアナカス、象のテラス
16:30 出発
17:25 プノンバケンで夕日鑑賞
19:00 Viroth’s Restaurant で夕食
20:30 Khemera Angkor Hotelチェックイン

2日目
9:20 ホテル出発
10:00 アンコールワット遺跡(メイン)到着
12:30 The Square 24 Restaurant で昼食
14:45 タ・ケウ、タ・プローム見学
16:30 バンテアイスレイ見学
19:00 Crystal Angkor でカンボジア舞踊を鑑賞しながら夕食
21:30 ナイトマーケットにてショッピング
22:30 ホテルへ

3日目
9:00 ホテル出発
10:00 トンレサップ湖でボートに乗り観光
12:30 Café Indochine で昼食
13:30 空港へ移動
15:25 FD615 便にて、シェムリアップを出発
16:20 ドンムアン空港到着

 

飛行機はこちら!

AirAsia
電話:0-2515-9999(コールセンター)
Web:www.airasia.comwww.facebook.com/AirAsiaThailand

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バンコク発★週末ちょっトリップ 『チェンマイからドライブ! 自然…
  2. カオシーチャンの巨大仏画 南パタヤドライブ観光 世界最小の空母と会う「お寺とサタヒープ海軍…
  3. バンコク発★週末ちょっトリップ 『世界遺産ホイアンの街へ 悠久の…
  4. oneday new title バンコク発 ONEDAY ちょっトリップ 『ここはまるで買い物天…
  5. タイ版サグラダファミリア 「サンクチュアリー・オブ・トゥルース」…
  6. チェンマイ発ちょっトリップ『硫黄パワーでお肌ツルツル! サンカム…

オススメ記事

  1. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  2. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  3. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!
  4. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  5. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?

PAGE TOP