ブンに訊け!

警備員の無法 vol.108

今号の読者からのご相談

(前略)ラムカムヘン通りソイ150の「ムーバーン・タラロム」に20年以上住んでいるものです。最近うちの正面に警備員用の腰かけ場所をつくられ、夜中に他の警備員(見回り要員)が集まり、うるさくて睡眠を妨害されています。

 

現場の責任者に苦情を申し立てても無視、あるいは「ここはタイだ。日本人は日本へ帰れ」といった低レベルの対応をしてきます。警備会社の所在電話番号を聞いてももちろん教えません。ただのおじさん、おばさんを雇い入れてただ現場に導入しているようにみうけられます。もちろん、ムーバーンの管理事務所は管理費をとりたてているだけでなにもしません。

 

高血圧の病もちです。どうかブンさんの調査能力でこの警備会社の所在と雇用、研修の内容を聞いてはもらえないでしょうか。お願いいたします。(L)

 

ブンからの回答

警備会社を突き止める

ムーバーン・タラロムのセールスオフィスに電話して「物件を探しているが、共益費に含まれる警備について教えてほしい」と切り出してみました。

 

セールスオフィスではどこの警備会社かわからなかったので、ダコのメッセンジャーが現場へ行き「兄が警備員の仕事を探している」と言って警備会社をつきとめました。

ST SECURITY & AGENCYSERVICE社(24時間コールセンター08-6392-6979)です。

 

警備会社の雇用と研修

ウェブサイトをみると雇用要件は20~50歳の男女、中卒以上、犯罪歴がなく、保証人要、など13項目があり、研修は、警備の仕方、消火訓練、交通規則の把握、素手での護身術、緊急事態の誘導方など10項目があります。

 

オーナー委員会で提議

警備員と直接揉め事を起こすのは得策ではありません。ムーバーンにはオーナー達で組織する委員会がありますので、そこで提議してください。

 

ここに住むタイ人がネット上で、頻繁に泥棒の被害があると書いていました。提議して改善されない場合、改善を希望するオーナーと共に警察へ訴えて下さい。

 

ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Bangkok Kyoko Shinbun_410 【虚構新聞バンコク版】長引くスコール タクライのせい? vol.…
  2. 【虚構新聞バンコク版】パンティップ・プラザから200m、新ITモ…
  3. バンコクの運河浄化作戦 vol.106
  4. タイ人が知らないタイの診断 vol.191
  5. 子の国籍と徴兵制度 vol.114
  6. グループレッスンでもどんどん話して会話が身に付く! ランゲージエ…

オススメ記事

  1. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  2. TUMI(トゥミ)SEMI-ANNUAL SALE 30%オフ実施中!
  3. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  4. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  5. Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻

PAGE TOP