あーっ、あらいな?

【#あらいな】ベランダ菜園・家庭菜園を行う方に、タイ人スタッフがオススメの肥料とは?

ミミズを使った肥料作りに挑戦

ダコのタイ人スタッフが気になったことを紹介する「あらいな?」。
今回は、ダコタイのデザイナーJが担当。家庭で植物を育てる方に役立つ「肥料」について。

*本記事内には、ミミズの写真があります。苦手な方はご注意ください。


庭やベランダで、植物を育てているという方は多いのではないでしょうか? 私は今年、〝葉野菜の女王〟と呼ばれる「ケール」を育てることにしました。

野菜を育てるために重要なものといえば「肥料」ですよね。なるべく体に良い肥料を使いたいけれど、肥料のために牛を買うことはできません(笑)。

そこで、タイ人の間でどのような肥料が使われているのかをSNSなどで調べたところ、「ミミズ」を利用した肥料が人気と発見! ミミズのフンには、植物が必要とする栄養素で、肥料の三大要素ともいわれるNPK(窒素、リン、カリウム)をはじめ、様々な植物に良い物質が含まれているそうなんです。私も、ミミズ肥料に挑戦することにしました。

フェイスブックグループなどの情報によると、ミミズのなかでも人気が高いのは以下の4種だそう。

1 アフリカン・ナイト・クローラ
2 ブルーワーム
3 タイガーワーム
4 ヨーロッパ・ナイト・クローラ

このなかから、私が選んだのはブルーワーム。たくさん食べる、細かいウンチをしてくれるからです。

ちなみに、ミミズと聞くと「苦手」と感じる人もいるんじゃないでしょうか? でもこのブルーワーム、実はとてもいい匂いがするんですよ。タイ名は「モーク」、英語名では「Wrightia religiosa」というアロマにも使われる花の香りに似ています。

実際にミミズの肥料を作る作業は、、、というと色々と難しさはありました。

ミミズを購入する前に、乳牛の糞を使ってミミズの家を作る。
まだ暑ければミミズは這って逃げてしまう。
ミミズは湿気のある場所が好きですが、濡れているのはNG。

などなど。ミミズの家が濡れすぎると、何も食べないという問題に気づくまでは2カ月かかりました。

でも、これも楽しみの1つだと思います。自分の家で使う肥料を手に入れることはもちろん、ミミズの行動を学ぶとができますから。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【あーっ、あらいな?】「長さ8mの火渡りに挑戦し、1歩目は問題な…
  2. 鬱陶しい携帯電話広告 vol.101
  3. 科学的に分析し効果的なトレーニング方法を サミティヴェート病院の…
  4. 【虚構新聞バンコク版】日本発 鯛めし屋台がバンコクに登場 vol…
  5. あやさんの雇用条件 vol.076
  6. 夕方から夜遅くまで楽しめる アジアティック・ザ・リバーフロントの…

オススメ記事

  1. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  2. タイ・バンコクの浄水器&水道水事情を徹底解明!あなたの肌に合う水は、「日本の●●」によって違う!?
  3. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。
  4. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  5. insurance110_zadankai_top 隣のママは始めてる!? 海外貯蓄型保険で賢くお金を活用へ 〜駐妻YouTuber 座談会・前編〜

PAGE TOP