あーっ、あらいな?

【#あらいな】ベランダ菜園・家庭菜園を行う方に、タイ人スタッフがオススメの肥料とは?

ミミズを使った肥料作りに挑戦

ダコのタイ人スタッフが気になったことを紹介する「あらいな?」。
今回は、ダコタイのデザイナーJが担当。家庭で植物を育てる方に役立つ「肥料」について。

*本記事内には、ミミズの写真があります。苦手な方はご注意ください。


庭やベランダで、植物を育てているという方は多いのではないでしょうか? 私は今年、〝葉野菜の女王〟と呼ばれる「ケール」を育てることにしました。

野菜を育てるために重要なものといえば「肥料」ですよね。なるべく体に良い肥料を使いたいけれど、肥料のために牛を買うことはできません(笑)。

そこで、タイ人の間でどのような肥料が使われているのかをSNSなどで調べたところ、「ミミズ」を利用した肥料が人気と発見! ミミズのフンには、植物が必要とする栄養素で、肥料の三大要素ともいわれるNPK(窒素、リン、カリウム)をはじめ、様々な植物に良い物質が含まれているそうなんです。私も、ミミズ肥料に挑戦することにしました。

フェイスブックグループなどの情報によると、ミミズのなかでも人気が高いのは以下の4種だそう。

1 アフリカン・ナイト・クローラ
2 ブルーワーム
3 タイガーワーム
4 ヨーロッパ・ナイト・クローラ

このなかから、私が選んだのはブルーワーム。たくさん食べる、細かいウンチをしてくれるからです。

ちなみに、ミミズと聞くと「苦手」と感じる人もいるんじゃないでしょうか? でもこのブルーワーム、実はとてもいい匂いがするんですよ。タイ名は「モーク」、英語名では「Wrightia religiosa」というアロマにも使われる花の香りに似ています。

実際にミミズの肥料を作る作業は、、、というと色々と難しさはありました。

ミミズを購入する前に、乳牛の糞を使ってミミズの家を作る。
まだ暑ければミミズは這って逃げてしまう。
ミミズは湿気のある場所が好きですが、濡れているのはNG。

などなど。ミミズの家が濡れすぎると、何も食べないという問題に気づくまでは2カ月かかりました。

でも、これも楽しみの1つだと思います。自分の家で使う肥料を手に入れることはもちろん、ミミズの行動を学ぶとができますから。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 素材の味を活かしたパン Guteの巻
  2. 素材の味を活かした伝統的なイタリアン LUCEの巻
  3. 【あーっ、あらいな?】高いというなら、食べなきゃいい vol.0…
  4. 未払いの手当やコミッション vol.102
  5. 【あーっ、あらいな?】人間が生臭い vol.008
  6. 早い、うまい、安いの三拍子揃った ケンカットの巻

オススメ記事

  1. チェンマイ発 “奇跡のマンゴー”を世界へ/太陽の雫 金子農園・今西 勉さん
  2. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  3. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  4. タイで大人気!子ども専用美容院 ミルクキッズサロン&ネイル
  5. 【タイに住む日本人】八代 健さん インタビュー(オーシャン・フォトグラファー/プーケット・パンガー県) 

最新のTHB-JPY

PAGE TOP