あーっ、あらいな?

【#あらいな】ベランダ菜園・家庭菜園を行う方に、タイ人スタッフがオススメの肥料とは?

ミミズを使った肥料作りに挑戦

ダコのタイ人スタッフが気になったことを紹介する「あらいな?」。
今回は、ダコタイのデザイナーJが担当。家庭で植物を育てる方に役立つ「肥料」について。

*本記事内には、ミミズの写真があります。苦手な方はご注意ください。


庭やベランダで、植物を育てているという方は多いのではないでしょうか? 私は今年、〝葉野菜の女王〟と呼ばれる「ケール」を育てることにしました。

野菜を育てるために重要なものといえば「肥料」ですよね。なるべく体に良い肥料を使いたいけれど、肥料のために牛を買うことはできません(笑)。

そこで、タイ人の間でどのような肥料が使われているのかをSNSなどで調べたところ、「ミミズ」を利用した肥料が人気と発見! ミミズのフンには、植物が必要とする栄養素で、肥料の三大要素ともいわれるNPK(窒素、リン、カリウム)をはじめ、様々な植物に良い物質が含まれているそうなんです。私も、ミミズ肥料に挑戦することにしました。

フェイスブックグループなどの情報によると、ミミズのなかでも人気が高いのは以下の4種だそう。

1 アフリカン・ナイト・クローラ
2 ブルーワーム
3 タイガーワーム
4 ヨーロッパ・ナイト・クローラ

このなかから、私が選んだのはブルーワーム。たくさん食べる、細かいウンチをしてくれるからです。

ちなみに、ミミズと聞くと「苦手」と感じる人もいるんじゃないでしょうか? でもこのブルーワーム、実はとてもいい匂いがするんですよ。タイ名は「モーク」、英語名では「Wrightia religiosa」というアロマにも使われる花の香りに似ています。

実際にミミズの肥料を作る作業は、、、というと色々と難しさはありました。

ミミズを購入する前に、乳牛の糞を使ってミミズの家を作る。
まだ暑ければミミズは這って逃げてしまう。
ミミズは湿気のある場所が好きですが、濡れているのはNG。

などなど。ミミズの家が濡れすぎると、何も食べないという問題に気づくまでは2カ月かかりました。

でも、これも楽しみの1つだと思います。自分の家で使う肥料を手に入れることはもちろん、ミミズの行動を学ぶとができますから。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 昔ながらの定食屋 うま食堂の巻
  2. 【虚構新聞バンコク版】タイから飛び火? 日本でも首相退陣を求める…
  3. 【虚構新聞バンコク版】苦境のインラック首相 車いすも武装化 v…
  4. 私のキャディへのチップ vol.095
  5. ビザラン禁止の影響は?ビザの専門家に聞いた アジアビザ・コンサル…
  6. 【あーっ、あらいな?】任務は絶対に成功させなければならない vo…

オススメ記事

  1. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  2. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  3. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  4. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  5. 買って支援、バーンロムサイのメールオーダーがスタート! | バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP