ブンに訊け!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第168回 労働許可証なしで大丈夫?

DACO編集部 DACO編集部

 

title-bun-inside

編集部のタイ人経理部長「ブン」がタイに住む日本人の悩みを快刀乱麻で解決する!

 

今号の読者からのご相談

タイ人の妻がいる日本人の友が「タイのIDを獲得した」と言います。目の前に見せて「これ、パスポートの代わりにもなるらしい」と。タイ人だって外国へ行く時にはパスポートを携帯するので、タイ国内で日本人がパスポートを提示しなければならないときの代わりになる程度じゃないかと勘ぐって根掘り葉掘り聞いてみると、国立公園の入場は外国人料金を払わなければいけない。しかし、住民票のような効力があり、なんと自分の居住地区内であれば労働許可証なしで仕事して収入を得ていいというではありませんか。それが本当なら自分も取得して、大手を振って働けます。ダコさん、このID、正確な呼び名はわかりませんが、調べてもらえないでしょうか。(スヤ)

 

ブンからの回答

内務省の登録管理局に聞いてみたところあっさりその正体が判明しました。非タイ市民に与えられるIDカードで、山岳民族、難民、捨て子、など国家の後ろ盾のない人、国家と国家の隙間に生きる宿命を持つ人にタイ政府が便宜的に与えているIDカードです。

状況に応じてたくさんの種類がありますが、ご友人のカードは6で始まる番号だと思います(編注・6でした)。これはパスポートを所持し、ビザも取得して合法的にタイに滞在している外国人に発行されるIDです。おそらくタイ人の奥さんが、家族の財産や子供の養育の関係で役所で発行してもらったものではないでしょうか。

内務省の役人に利点を聞いてみたところ、「特にありません。王宮へも外国人入場料金です」とのこと。労働許可証のことを聞きましたら「関係ありません」とのそっけない返事でした。
読者の皆さん、このIDをチラつかせて、自分の名義でタイで家を買ってあげると近づいてくる輩には注意してくださいね。

 


ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


この記事を書いた人他のメンバーを見る>>

DACO編集部

タイ・バンコク発のフリーペーパー。旅行者から在住者まで楽しめるトラベル・グルメ・エンタメ情報等を毎日お届けしています。

DACO編集部

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Can't read the image? click here to refresh