タイ料理

【昼食】 買い物帰りにスペアリブ 「Midtown」

「 タイ料理をワインに合わせる店」だと聞いて、値段も雰囲気もお高く止まった店を想像していた。

 

たしかにこちらのお店、内装はニューヨークのソーホー風だったり、ずらりとワインの瓶が並んでいたりと雰囲気はお高い……のだが、値段はとっても気安かった。

 

セットメニューが129B。これが16 時まではランチセットとして99B になる。ソムタムは1品75B からで、ほかの料理もほとんどが120 ~ 180B に収まっている。ここがパラゴンの中ということを考えると、かなり低めの値段設定と言えるだろう。

 

1品目は「ソムタム・プー・プラーラー」。オーナーのお母さんによる自家製のプラーラー(発酵調味料)を使っているそうで、嫌な臭さがない。食べると一気に発酵臭が口の中に広がり、一瞬置いて辛さがやってくる。が、香りも辛さも後を引かないので、かなり辛いはずなのに、不思議とパクパクと食べられてしまう。

 

「 スペアリブのグリル」は、特製の漬けダレに24時間漬け込んだスペアリブを煮たり、蒸し焼いたりしたもの。甘辛いタレの味が肉の隅々にまで染み込んでいてうっとりする。

 

 

「 グリーンカレー」はさらりとしたスープなのに、口に入れるとこってりとしたコクが広がる。

どれも期待以上の味だった。

 

Midtown

10 時~22 時  無休
4 th Fl., Siam Paragon, 991 Rama 1 Rd.
0-2129-4516
www.facebook.com/MidtownThaiBistroandWineBar
スペアリブのグリル250B、グリーンカレーとロティー150B、エビのすり身揚げ150B、ソムタム・プー・プラーラー95B

 新着記事を読む 

関連記事

  1. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】ゴイシーミー (広東風あんかけか…
  2. Savoey01 川風とシーフード「サウォーイ」
  3. 【昼食】フアヒン発の家庭の味 「Lay Lao」
  4. 【昼食】新定番!「Jim Thompson Restaurant…
  5. Print ママー・オーホー
  6. 1 和とタイが織りなす、モダン・キュイジーヌ! 「Khao」

オススメ記事

  1. ファミリー層に大人気! 115㎡超の広々空間&絶景アパートメント「Sethiwan Sriracha」
  2. 空港から自宅へどう帰る? タイから日本への帰国の前に準備しておきたいこと
  3. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  4. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  5. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』

PAGE TOP