ブンに訊け!

日本がつまらないタイ人妻 vol.064

今号の読者からのご相談

はじめまして。昨年、日本に帰国した元タイ駐在員です。
私の妻はタイ人で、日本で一緒に暮らしています。日本語はほとんど話せません。初めボランティアの日本語学校に行っていましたが、勉強する時間が短かったので、普通の日本語学校に行かせようともしましたが、行きたがりません。

 

今は日本語の勉強も止めて、何をやってもつまらない(ナーブア)、楽しくない(マイ・サヌック)と言っています。
また、日本の物価が高いので、外に出て何をやるにも高いお金を出さなければいけないので、それもナーブアの原因と思います。
私は、彼女に日本語を勉強すれば友達もでき、仕事もできるようになるよと、楽しくなるということを伝えているのですが、頑張ろうとしません。
勉強はつらいものですが、それをのりきれば、楽しいことが間違いなくあるのにと思います。

 

私もタイへ行った当初は、全くタイ語が話せなかったので、その事例をだしても勉強しません。最近は、家庭内もぎくしゃくしてきています。
本人もたまには、自分がストレスで怒りっぽくなってしまったことを理解しているような発言をします。ストレスの発散のために、外出して遊びに行っても、根本の言葉ができるようにならないのでは、焼け石に水状態です。

どうしたらわかってもらえるのでしょうか。(うぇいぶ)

 

ブンからの回答

 

奥様だけの悩みは

うぇいぶさんがタイ語を学んで話せるようになったのに自分は日本語を話せない。奥様は自分自身に腹を立てているのかもしれません。ですからじっくり話し合いましょう。

たとえば奥様が日本に来たために仕事がなく、奥様のご両親にこれまでどおりの仕送りができなくなっていた。などという悩みをひとりで抱えていることはないでしょうか。これは外国に嫁いだタイ人女性がよく抱える悩みのひとつと聞いています。

奥様にとって、なにが塞ぎこむ理由なのか、奥様の心を開いてあげて話させてください。

社会的な繋がりから

それでもダメなら、タイにいる奥様の親しい友人や尊敬している人に相談してみましょう。

また、気分転換に日帰りでもいいからご夫婦で旅行を。そこでうんと写真を撮ってあげて。

次の段階です。

日本語をあまり使わなくてもいい環境で活動してもらいましょう。

①日本で発行されているタイ語情報誌の編集部が近くにあればボランティア。

②日本の出来事をコラムにしてタイの雑誌社に送る。

③タイから日本へ来る旅行者のホームステイ先となる。フランスにいる知人は4泊2万6000B朝夕食付きでたくさんのタイの旅行者を家に泊めてあげています。自宅でタイ料理でもてなせば喜ばれるでしょう。最近のタイの情報も手に入りますしね。

社会的に繋がると自ら日本語を習いたくなるかもしれません。

 

ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.thまで匿名で

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 郵便物の関税について vol.029
  2. bun-logo コンドのオーナーが亡くなった vol.123
  3. 世界一安心なタクシーか vol.180
  4. 「ハイソー」の定義を知りたい【ブンに訊け!】 vol.217
  5. 銀行のアプリを使いたい vol.179
  6. なにかにつけて警察がくる vol.188

オススメ記事

  1. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  2. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  3. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  4. プロのカウンセラーによるオンライン相談サービス「kikiwell(キキウェル)」タイに初進出! モヤモヤした気持ち、プロと話してみませんか?
  5. 買って支援、バーンロムサイのメールオーダーがスタート! | バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP