ブンに訊け!

認知してくれない日本人男性が失踪 vol.072

今号の読者からのご相談

私の友人のタイ人女性のことで相談させてください。彼女は、日本人の男性と付き合っていて、その人の子どもが2人(1歳と2歳)います。でも、認知してもらえていないそうです。

 

後になってわかったことなのですが、彼には日本に奥さんがいました。結婚はできない、浮気が奥さんにもバレ、奥さんも精神的に参っていると、彼から聞かされたそうです。彼は彼女に家と車(総額300万B相当)を買ってあげ、名義は彼女になっています。

 

その彼が、突然音信不通になりました。電話にも出ないし、返事をよこさないそうです。それで彼女から、これは別れるという意味だろうかと相談がありました。(中略)

 

彼女は、1カ月待って、生活費の振込みもなく、連絡もなければ、日本大使館に行って相談すれば良いだろうかと問うので、相談はできても、力になってくれるかどうかはわからないと答えておきました。

こういう場合、タイ人女性はどこに相談すれば良いのでしょうか? そういう問題の解決を手伝ってくれるところがあれば、教えてください。よろしくお願いします。(プーさん)

 

ブンからの回答

在タイ日本大使館領事部に電話してみました。日本大使館にはタイ人を援護するセクションはないのですが、日本の方がタイ語で対応してくれました。ひと通り話しを聞いてくれた後、領事部経由では望みは薄いと言われました。

 

新聞社に駆け込む

次は大衆紙として有名な新聞『カオソット紙』の編集部に聞いてみました。2年前、日本人の父親を探すタイの少年、ケイゴ君がメディアに大きく取り上げられ父親と再会を果たしたからです。

 

対応してくれた記者は、警察へ失踪を届けて、レポートを入手してから編集部へ再度連絡を。または記者が一緒に警察へ同行するそうです。

 

さすが大衆紙として名を馳せているだけありますね。ただ家族のプライバシーを犠牲にする覚悟が要ります。

 

弁護士で100%勝訴

社会開発・人間安全保障省(Ministry of Social Development and Human Security) 内にあるタイ社会の相談ごとを受け付けているPrachabodi という窓口のコールセンター(1300番)に相談してみると、まずは弁護士に相談しなさいとLAWYERS COUNCIL OF THAILAND(1167番)を紹介してくれました。

 

どうやって養育費を出してもらうか、事細かに作戦を立てるそうで、国の違いを越えて8カ月ぐらいで100%勝てると言われました。

 

ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版】パンティップ・プラザから200m、新ITモ…
  2. 傍若無人の隣人を訴えたい vol.089
  3. 洪水から学ぶ vol.025
  4. 莫大なホテルの宿泊費 vol.097
  5. title-bun-inside タイのデジタルテレビ局 vol.152
  6. 【虚構新聞バンコク版】日本発 鯛めし屋台がバンコクに登場 vol…

オススメ記事

  1. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話
  2. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  3. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  4. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!
  5. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】

PAGE TOP