バンコクの街角

激ウマ! バミーヘーンを発見!

またバミーの記事で恐縮です。

自分の中のバミーヘーン(スープなしのバミー)の認識を覆す一品に出会いましたのでご紹介したいと思います。

 

場所は、またしてもスティサン。(不便な場所ばかりで申し訳ないです・・・)

ウィパワディー・ランシット通りからソイ・インタマラ(スティサン通り)に入り、80mほど進んだ左側、インタマラ・ソイ33の入り口左角にあります。

地図はこちら。

 店名はSaengthong。

創業数十年というアヒル料理の老舗のようです。

そしてこちらがそのバミーヘーン。

少し甘めのタレがかかっていて、何も足さなくてもしっかりと味がついています。

他の店で食べるバミーヘーンは少し油っぽいことが多く、それが理由であまり注文しなかったのですが、これは油っぽくありません。

トッピングされているアヒルと豚肉もおいしいです。

ただ、欠点を上げるとすれば、量がとーっても少ないので、小腹が空いているときはちょうどよいかも知れませんが、男性であれば空腹時は3杯は食べないと満腹にはならないです。

肝心の値段を失念してしまいましたが、確か45~55Bくらいだったと思います。

 

しかし、スティサンは意外とレベルの高い食堂が多いです。

(自分の好みに合うだけかもしれませんが・・・)

 

自分の中でNo1のバミー店もスティサンにあり、今回紹介したバミーヘーンはNo2。

 

スティサンに行く機会があればぜひ立ち寄ってみてくださいね。(NA)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 1 どうしてそんなに可愛いの。DACOの癒し系アイドルたち!
  2. IMG_2203 (1) 魅惑の島! ラーン島に行ってまいりました!
  3. 宇宙オタクが創ったクラフトビールをお試しあれ! 「ギャラクシー・…
  4. main 年末年始旅行、チェンマイの山奥でイチゴ狩り
  5. s-IMG_0531 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第11回 麺屋武蔵無骨
  6. ifudodo7 知る人ぞ知るオンヌット隠し玉 威風堂々 

オススメ記事

  1. 熱意と愛情が生んだ健康の原石、見~つけた! 日本発祥の健康食:Daily Garlicの『黒ニンニク』
  2. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  3. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】
  4. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  5. capella bangkok hotel top 【ホテルフードをデリバリー】カペラホテルの絶品タイ料理〜最上級アフタヌーンティーをご自宅で

PAGE TOP