バンコクの街角

激ウマ! バミーヘーンを発見!

またバミーの記事で恐縮です。

自分の中のバミーヘーン(スープなしのバミー)の認識を覆す一品に出会いましたのでご紹介したいと思います。

 

場所は、またしてもスティサン。(不便な場所ばかりで申し訳ないです・・・)

ウィパワディー・ランシット通りからソイ・インタマラ(スティサン通り)に入り、80mほど進んだ左側、インタマラ・ソイ33の入り口左角にあります。

地図はこちら。

 店名はSaengthong。

創業数十年というアヒル料理の老舗のようです。

そしてこちらがそのバミーヘーン。

少し甘めのタレがかかっていて、何も足さなくてもしっかりと味がついています。

他の店で食べるバミーヘーンは少し油っぽいことが多く、それが理由であまり注文しなかったのですが、これは油っぽくありません。

トッピングされているアヒルと豚肉もおいしいです。

ただ、欠点を上げるとすれば、量がとーっても少ないので、小腹が空いているときはちょうどよいかも知れませんが、男性であれば空腹時は3杯は食べないと満腹にはならないです。

肝心の値段を失念してしまいましたが、確か45~55Bくらいだったと思います。

 

しかし、スティサンは意外とレベルの高い食堂が多いです。

(自分の好みに合うだけかもしれませんが・・・)

 

自分の中でNo1のバミー店もスティサンにあり、今回紹介したバミーヘーンはNo2。

 

スティサンに行く機会があればぜひ立ち寄ってみてくださいね。(NA)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 街の中のジャングル
  2. これはもはや幻レベル!? バンコク・コンビニおにぎり
  3. キットカット抹茶味 食べくらべ 日本のキットカット抹茶味 VS タイのキットカット抹茶味 食べく…
  4. glico01 売り切れ続出!? 1月27日にタイ国内で発売されたばかりのグリコ…
  5. P_20150730_221759 (1) ダコを読み返す日々
  6. P_20151013_123725 ダコ営業ケンタのお昼ごはん第3回 らあめん亭

オススメ記事

  1. チェンライでオーガニックに暮らす第二の人生
  2. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】
  3. teshima clinic-1 首や腰の痛みの原因「カチカチの筋肉」、柔らかくする奥のテ! バンコクで見つけました!
  4. 富士JDC歯科医院-entrance タイでの歯科治療は不安? 日本語で相談できる「富士JDC歯科医院」
  5. 世界から支持されるタイの「インプラント」 バンコクに住む今、受けるべき理由とは?  デンタルワイズクリニック

PAGE TOP