その他

Q:ダコ(本誌)って何?

A:バンコク(タイ)で人気の日本語情報誌です。

■ 発行はいつ?

情報誌ダコは毎月5日と20日にバンコクで発行されています。
創刊は1998年5月です 。

 

■ いくら?

無料です。
バックナンバーは50Bです。

 

■ 定期購読

毎号欠かさずに読みたいという方は定期購読をどうぞ。

 

■ 幸せな気分に浸れる特集

各号特集として、こんなことを取り上げてきました。

 

■ 口上

ダコはテキストとレイアウトとデザインを同時に進行させ、型にはめず、自由に編集してゆくという、編集のプロがみたらバカじゃないかと思う方法をとっています。でもこれはこれで良い点もありまして、この手作りのアナログ感を称して「ダコは傑作である」と厳しい選択眼を持った日本の書店関係の方からメールをいただいたこともあります。えへん。タイ好きにはこたえられないバンコクの旬がテンコ盛りの情報誌。タイに来たら、ぜひ一度手にとって愛でてやってください。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. DACO JAPAN & DACO THAI
  2. DACO(ダコ)・newsclip無料郵送
  3. 歩くバンコク
  4. daco_designer01 【デザイナー募集中!】DACOデザイナーの魅力やデメリット、生活…
  5. 保護中: 日本食厨房の旅「当店のこいつが世界一」No.001
  6. IMGP1669 【編集職急募!】ダコって働くってどんな感じ? やる気のある方待っ…

オススメ記事

  1. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  2. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  3. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  4. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  5. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】

PAGE TOP