週末ゴルフ暮らし

タナシティ・ゴルフ&スポーツクラブ Vol.42

バンコクから近い上に好メンテ!! あのグレッグ・ノーマン設計の名コース。

ゴルフ好き同士がバトンを渡しながら自分の愛するコースを紹介していくリレーコラムの第42回。今回は、日本ツアーの開幕戦を飾ったコースを、大学生ゴルファー佐藤さんが紹介してくれます。

 

今号のゴルファー:佐藤聴成

チュラロンコン大学商学部2年生、ゴルフ部所属。タイ在住2年。ゴルフ暦8年。ベストスコア70。もっとうまくなりたいです。

 

今年の日本ツアーの幕を開けた名コース

この度ご紹介させていただくのは、バンコクから車で約30分程のところにあるタナシティです。今年の日本男子プロツアーの開幕戦の舞台となったコースとして話題になっていますね。

タナシティの特徴は、バンコク都心からの近さ、コースの面白さ、ツアープロたちも認めるメンテナンスの良さ、そして充実したファシリティーの数々です。

クラブハウスは最近改装を行い、ピッカピカ。ロッカーとシャワーもとても清潔です。洋食とタイ料理がメインのレストランは少し値段が高めなものの、味は文句なしといったところでしょうか。

広いドライビング・レンジと整えられたピッチング、パッティング・グリーンは、ラウンド前に体を動かしておきたい! という人には大変嬉しい設備です。

 

技量が試される! 戦略性の高いホール多し

コースのメンテナンスも細かいところまで手が行き届いています。フェアウェイの芝は立ち、グリーン上も丁寧にローラーが掛けられており、カップも綺麗に切られています。フェアウェイとラフの境目もしっかりとしていて、林の中のラフではボールを失くしてしまうほど。半島状のグリーンも多く、ショートゲームの技量も試されます。

パー4は距離、そして形に多様で、11番ホールのようなチャンスホールもあれば、9番ホールのように非常にチャレンジングなホールもあり、ゴルファーたちを飽きさせません。

コースの特徴として、おそらくプレイヤーの印象に一番残るのが、ほとんどのホールに絡んでくる池と戦略的に位置付けられたバンカーたちでしょう。

特にそれらが目立つのが14番ホールのようなパー5です。ティーショットでは、目に飛び込んでくる池もさる事ながら、グリーン周りのバンカーと水はミスショットを誘います。

そんな技量と度胸の両方を要求されるこのコースの設計者は、シャークこと、あのグレッグ・ノーマン。タイで彼が設計を手がけたのは実はここ、タナシティだけなんです。このコースのチャンピオン・ティーにはシャークの刻印が!

一度チャンピオン・ティーから回って、ノーマンになった気分を味わってみてはいかがでしょう?

 

Thana City Golf & Sports Club

住所: 100/2 Moo 4, Bangna-Trad Rd., KM 14, Bangchalong, Bangplee, Samut Prakarn

電話: 0-2336-1968~72

HP: www.thanacitygolf.com

料金: ビジター:平日2000B、土日祝3500B、3000B(10時56分~) キャディ300B/18ホール

 

ひとことまとめデータ

コースの面白さ   ★★★★☆

料金   ★★★★☆

施設   ★★★★★

ココ注意!:土日の午後はコンペ多し。予約がオススメ

 新着記事を読む 

関連記事

  1. クリスタルベイ・ゴルフクラブ vol.35 
  2. バンサイ・カントリー・クラブ vol.14
  3. レムチャバン・インターナショナル・カントリークラブ vol.31…
  4. クルンテープクリタ・ ゴルフ&スポーツクラブ vol.09
  5. カオチャンゴック・ ゴルフ&カントリークラブ vol.01
  6. ザ・パイン・ゴルフ&ロッジ vol.27

オススメ記事

  1. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)
  2. King’s College International School Bangkok_01 イギリス系インターナショナルスクール「キングスバンコク」開校! 2021年度(9月スタート)生徒募集中
  3. スクンビット病院ジャパニーズヘルプデスク-1 タイで病気になったら困りごとがいっぱい? 日本語で相談できるサービスが「スクンビット病院」に新設
  4. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  5. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】

PAGE TOP