週末ゴルフ暮らし

タナシティ・ゴルフ&スポーツクラブ Vol.42

バンコクから近い上に好メンテ!! あのグレッグ・ノーマン設計の名コース。

ゴルフ好き同士がバトンを渡しながら自分の愛するコースを紹介していくリレーコラムの第42回。今回は、日本ツアーの開幕戦を飾ったコースを、大学生ゴルファー佐藤さんが紹介してくれます。

 

今号のゴルファー:佐藤聴成

チュラロンコン大学商学部2年生、ゴルフ部所属。タイ在住2年。ゴルフ暦8年。ベストスコア70。もっとうまくなりたいです。

 

今年の日本ツアーの幕を開けた名コース

この度ご紹介させていただくのは、バンコクから車で約30分程のところにあるタナシティです。今年の日本男子プロツアーの開幕戦の舞台となったコースとして話題になっていますね。

タナシティの特徴は、バンコク都心からの近さ、コースの面白さ、ツアープロたちも認めるメンテナンスの良さ、そして充実したファシリティーの数々です。

クラブハウスは最近改装を行い、ピッカピカ。ロッカーとシャワーもとても清潔です。洋食とタイ料理がメインのレストランは少し値段が高めなものの、味は文句なしといったところでしょうか。

広いドライビング・レンジと整えられたピッチング、パッティング・グリーンは、ラウンド前に体を動かしておきたい! という人には大変嬉しい設備です。

 

技量が試される! 戦略性の高いホール多し

コースのメンテナンスも細かいところまで手が行き届いています。フェアウェイの芝は立ち、グリーン上も丁寧にローラーが掛けられており、カップも綺麗に切られています。フェアウェイとラフの境目もしっかりとしていて、林の中のラフではボールを失くしてしまうほど。半島状のグリーンも多く、ショートゲームの技量も試されます。

パー4は距離、そして形に多様で、11番ホールのようなチャンスホールもあれば、9番ホールのように非常にチャレンジングなホールもあり、ゴルファーたちを飽きさせません。

コースの特徴として、おそらくプレイヤーの印象に一番残るのが、ほとんどのホールに絡んでくる池と戦略的に位置付けられたバンカーたちでしょう。

特にそれらが目立つのが14番ホールのようなパー5です。ティーショットでは、目に飛び込んでくる池もさる事ながら、グリーン周りのバンカーと水はミスショットを誘います。

そんな技量と度胸の両方を要求されるこのコースの設計者は、シャークこと、あのグレッグ・ノーマン。タイで彼が設計を手がけたのは実はここ、タナシティだけなんです。このコースのチャンピオン・ティーにはシャークの刻印が!

一度チャンピオン・ティーから回って、ノーマンになった気分を味わってみてはいかがでしょう?

 

Thana City Golf & Sports Club

住所: 100/2 Moo 4, Bangna-Trad Rd., KM 14, Bangchalong, Bangplee, Samut Prakarn

電話: 0-2336-1968~72

HP: www.thanacitygolf.com

料金: ビジター:平日2000B、土日祝3500B、3000B(10時56分~) キャディ300B/18ホール

 

ひとことまとめデータ

コースの面白さ   ★★★★☆

料金   ★★★★☆

施設   ★★★★★

ココ注意!:土日の午後はコンペ多し。予約がオススメ

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ユニコグランデ・ゴルフコース Vol.41
  2. フェニックス・ゴルフ& カントリークラブ vol.37 
  3. タノン・ゴルフビュー& スポーツクラブ vol.21
  4. ブルーサファイア・ゴルフ& リゾート vol.11
  5. プルータールアン・ネイビー・ ゴルフコース vol.33 
  6. アルパインゴルフクラブ vol.08 

オススメ記事

  1. 「フリースのパイオニア」スウェーデン発のアーバンアウトドア・ブランドがバンコクに初上陸! 【HOUDINI(フーディーニ)】
  2. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  3. 【バンコクで癒されたい!】猫と遊んで社会貢献? 猫カフェ「キャッサノバ」に潜入
  4. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  5. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」

PAGE TOP