週末ゴルフ暮らし

レイクウッド・カントリークラブ vol.17 

住宅街の中にある、日本人にもおなじみの「元」癒し系コース

ゴルフ好き同士がバトンを渡しながら自分の愛するコースを紹介していくリレーコラムの第17回。今回は、住宅街の中に広がるゴルフコースを場数で勝負の橋本さんが紹介してくれます。

今号のゴルファー:橋本正尚
通算タイ駐在9年目。「ゴルフ上達」は諦め、「ゴルフ場数」に目標を切り替え、現在92カ所でプレー。目指すは100カ所。

昔は癒し系、今は……

レイクウッドは、バンナーの18㎞に位置し、スクムビット通りから30分少々で到着します。レイク、ウッド、ロックの3コース27ホールで、初心者から上級者まで楽しめます。
昔は「癒し系ゴルフ場」と呼ばれていましたが開場して20年を経て、木々も育ち、ラフの芝もしっかりと根付いた現在では、昔ほど癒してくれなくなりました。

土日の午前中は混雑しますが、遅めの午後は比較的空いていますのでのんびりプレイできます。メンバーになると家族メンバーが1名加えられるので、午後に夫婦でゆったり回るのも良いかもしれません。また、子供もコースに入れるため、カートの横に乗せてお父さんの1人ハーフに付き合ってもらうことも可能です。

思い出深いレイクコース

3つあるコースの内、筆者にとって印象的なのはレイクです。コースは住宅街の中にあるため、個人の豪邸前からティーショットをすることも。池越えパー3の3番は、左とフェアウェイ手前が池なので、引っ掛けると池ポチャです。

右に逃げるとバンカーな上、傾斜が大きい特大グリーンが待っているためオンしても安心できません。苦労した後は大きな池を眺めながら茶店で一息。続くパー4の4番は左が池、右には林、さらに奥には豪邸が待ち受けています。

8年前の前回駐在時、たまにしかでないバーディーをこのホールで出しました。筆者のキャディはその前日、当時のタクシン首相のキャディを勤めたようです。

元首相もここでバーディーを出して大判振る舞いをしたとのこと。「チャイディー・マークだった」とチップをせがまれたのが、楽しい思い出です(高くついたバーディーでした)。その後の6番ホールでは、筆者の同伴者が前組の日本人にマナーに関することで誤解を受け、投書されてしまったこともありました。ちょっと苦い思い出です。

後はジャグジーでのんびり

さて、プレイが終わってのお楽しみ。ここには、ジャクジーがあり、日本のようにゆっくり体を伸ばし疲れを癒せます。その後はタイ料理をあてに冷たいビール、仕上げに煮込み風カレーうどん、ゴマダレの冷やし中華が好評です。

Lakewood Country Club
住所  99/1 Moo 11, Bangna-Trad Km 18, Bangchalong, Bangplee, Samutprakarn
電話  0-2312-6278~86
HP   www.lakewoodcountryclub.co.th
料金  ビジター:平日2300B、土日祝:3300B キャディ250B/18ホール

 新着記事を読む 

関連記事

  1. プレジデント・カントリークラブ vol.15 
  2. クルンカビ・ゴルフコース& カントリークラブ・エステート vol…
  3. プリーザントバレー・ゴルフ& カントリークラブ vol.26
  4. レムチャバン・インターナショナル・カントリークラブ vol.31…
  5. ソイダオ・ハイランド・ ゴルフクラブ&リゾート vol.28
  6. リバーサイド・ カントリークラブ vol.10

オススメ記事

  1. ファミリー層に大人気! 115㎡超の広々空間&絶景アパートメント「Sethiwan Sriracha」
  2. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  3. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  4. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  5. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント

PAGE TOP