週末ゴルフ暮らし

ワンジャン・ゴルフパーク vol.23 

奇想天外なコースが好奇心をくすぐる個性強すぎ!

ゴルフ好き同士がバトンを渡しながら自分の愛するコースを紹介していくリレーコラムの第23回。今回は、山の中に位置する自然と動物あふれるゴルフ「パーク」を、早田さんが紹介してくれます。

今号のゴルファー:早田庄吾
150cmの身長でいかにドライバーを飛ばすか日々模索。結果、フォームが崩れ悪戦苦闘中。

スタートまで、遥か遠し

駐車場に着いて、キャディさんの待機エリアでゴルフバッグを降ろすと、受付まで急な階段。さっそく、山岳コースの洗礼を受けます。受付とロッカールームが別々の棟に分かれ、まるで迷路のよう。普通のゴルフ場とは違う予感がしてきます。まずはトラックの荷台に乗っての移動です。キャディさんとゴルフバッグと一緒に揺られながら、ドナドナ♪ が頭の中に流れたのは私だけではないはず。

途中、鉄錠門を2カ所通過し、どこに連れて行かれるのかと心配になってきたころ、レストラン・ハウスに到着しました。ここも、まだ中間地点。カートに乗り換え、さらに山登りです。食事中の鹿や牛、ダチョウが見え、ここがゴルフクラブではなく「パーク」であることが実感できます。ゴルフをしに来たことを忘れかけたころようやく1番ホールに。

奇想天外コースの数々

ティーグランドからの眺望はまさに絶景!ヤッホーと叫びたくなるほど見晴らしの良い打ち下ろしのコースです。テンションが一気にゴルフモードへと切り替わります。

今回プレイしたハイランドコースは、コースとグリーンのの奇想天外さが次のホールへの好奇心をくすぐります。どのホールも遊び心がいっぱい。中でも強烈なのが距離のあるパー5の6番。グリーン前の大きな池を超えてナイスオン! と喜んではいられません。な、なんとグリーンの真ん中に池が……。落としどころによっては、4パットも覚悟しなければいけません。そして、パー4の14番です。こちらは、スーパーが付く打ち下ろし。
ドライバーショットの滞空時間の長さは爽快! しかし、ボールの着地点は見えません。

お花畑の向こうにボールが消えていくまでの間、おしゃべりをお楽しみください。

食事にもワンジャン魂

タイでは珍しく、9ホール終了時点で食事です。山岳コースで疲れた体にはとても良いタイミング。昼食はタイ料理のオーダーブッフェです。クイティアオに入った色んな種類のルークチンはどれもおいしく、次はどんな味がするのか楽しみになります。まるで、次のホールにワクワクしてしまう、ワンジャンゴルフパークを象徴しているようです。

Wangjuntr Golf Park

住所  129 Moo 6, Payubnai, Wangjuntr, Rayong  0-2276-9072、4(バンコク)
HP  www.wangjuntrgolf.com
料金  ビジター:火~金2850B、土日祝2850B(在住者価格、キャディ・フィー含む) カート800B~(必須)※ハイランドコースの料金。ほかにもバレーコースあり。プロモーション情報を含む、詳細は上記の連絡先まで

ひとことまとめデータ
コースの面白さ  ★★★★★
タイ色強さ  ★★★★★
ワイルドさ  ★★★★★

 新着記事を読む 

関連記事

  1. リバーサイド・ カントリークラブ vol.10
  2. パッタナー・ゴルフクラブ& リゾート vol.34 
  3. ニチゴ・リゾート&カントリークラブ Vol.38
  4. ロータスバレー・ゴルフリゾート Vol.46
  5. カスカータ・ゴルフクラブ Vol.43
  6. サイアムカントリークラブ・ パタヤプランテーション vol.22…

オススメ記事

  1. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)
  2. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  3. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  4. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  5. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】

PAGE TOP