週末ゴルフ暮らし

バンサイ・カントリー・クラブ vol.14

自然あふれるアユタヤのコストパフォーマンス一押しコース

好き同士がバトンを渡しながら自分の愛するコースを紹介していくリレーコラムの第14回。今回は、中山さんによるコストパーフォマンスの高いコースの紹介です。

今号のゴルファー:中山健二
在タイ通算十数年。ただし、古株のキャディーさんから「何年経っても上手くならないわね~」とあきれられる腕前。

アクセス良好、リーズナブルな料金

バンサイ・カントリー・クラブはアユタヤ郊外にあり、バンコク市内から車で1時間とアクセスも良好、車中でうとうととしている間に到着します。昨年末にクラブハウスも改装され、それまでは若干、田舎のゴルフ場といったイメージもありましたが、今やすっかり都会的に洗練されました。

また、ABCと3コース、合計27ホールありますのでA&B、B&C、A&Cと3通りの回り方を楽しめる点もお得感があります。ちなみに、原則的に、B→Aのようにアウト・インを逆に回る事はできません。ハーフを回った後に別組のティーオフする人と鉢合わせにならないよう配慮がなされています。

「砂山」を思わせる大きなバンカー

ラウンドしながら野鳥や魚など自然に触れ合える(時にはトカゲに遭遇することも)このゴルフ場の特徴は、何と言ってもAコースの3番から5番までのフェアウェイに沿って広がるバンカーです。バンカーというよりも「砂山」と呼んだ方がふさわしい大きさで、これほどの大きさのバンカーをほかのゴルフ場で見かけたことがありません。

なぜこの様なバンカーを作ったのかよく分かりませんが、ドライバーがまっすぐ飛ぶ方は特に気にする必要はありません。また、万一ここのバンカーにつかまってもソールOKです。この3ホールでスコアをくずさないよう十分ご注意を。

バミー・ナームが絶品

ホールアウト後はレストランでビールを飲みながらその日の反省会。つまみのイサーン(東北タイ)ソーセージや鶏のから揚げもおいしいですが、何と言ってもバミー・ナーム(中華汁緬)がお薦めです。プレイ中の汗で塩分が抜けた体にダシの塩加減がちょうど良く、また麺もしっかりとコシがあります。なかなかバンコクでもこんなにおいしいバミーは食べられません。ぜひともお試しください。

Bangsai Country Club

住所  77/7 Moo 3, Bangplee, Bangsai, Ayutthaya
電話  0-3537-1491
HP   www.bangsaicountryclub.com
料金   ビジター:平日750B、土日・午前:1550B、午後:1100B キャディ250B/18ホール
ひとことまとめデータ
コースの面白さ ★★★★☆
料金 ★★★★★
施設 ★★★☆☆
食事 ★★★★☆
清潔さ ★★★★☆

 新着記事を読む 

関連記事

  1. フェニックス・ゴルフ& カントリークラブ vol.37 
  2. クルンテープクリタ・ ゴルフ&スポーツクラブ vol.09
  3. ウィンザーパーク&ゴルフクラブ vol.19
  4. エカチャイ・ゴルフ& カントリークラブ Vol.44
  5. スパブルク・ カントリークラブ vol.02
  6. ラムルッカ・カントリー・クラブ vol.13

オススメ記事

  1. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  2. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  3. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  4. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  5. 短時間オンライン通訳「まごころ通訳」|バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP