週末ホテル暮らし

ザ・セント・レジス・バンコク vol.36

素晴らしき哉、愛される大人たち

1904年、ニューヨーク。
カーネギー、バンダービルト、ロックフェラーなど錚々たる一族が活躍した金めっき時代に、社交界で注目を集めたアスター家の息子カーネル・ジョン・ジェイコブ・アスター4世が、こうした人々が寛ぐための伝統的なボザール様式のホテルをニューヨークの55丁目と5番街に創った。それが現在、世界35カ所にものぼる展開をし、当時の風格を今に伝えるセント・レジスだ。

1世紀を経て、バンコクにセント・レジスがやってくるらしい。ホテルマニアの連れが心躍らせ待ちに待っていた。何でも開業当初からのバトラーサービスは秀逸だと言う。そのもてなしを受けたいのだと。今年4月誕生、機会は7月にやってきた。

確かにバトラーサービスは夢を見させてくれた。お嬢気分、マダム気分を存分に味わわせてくれる。24時間いつでもカフェサービス。こちら無料。深夜1時にカフェオレを頼んだら10分後には爽やかな紳士がトレーを持って私の前に立っていた。

「夜10時にバブルバスに入りたいの」と言うと、
その直前にやって来て湯加減、湯量、泡加減を整えて部屋を去った。私はプリティー・ウーマンか。マイ・バトラーが滞在中ずっといてくれる。私は愛されキャラかもしれない、そんな夢が続いた。

さらにバンコクのセント・レジスの魅力は、その立地にあった。ロイヤルスポーツクラブの芝と都心のビル、そこに沈む夕日。午後6時半、ホテルに戻り、これらを愛でながらシャンパン1杯。つくづく、いい歳の大人でよかったと思った。

あぁ、そうだ。ここは大人をしっかり楽しんでほしい。部屋の小道具も黒の革が施されていて上質感がある。バスルームの華やかさと機能性にしても、あの頃の私にはわからなかっただろう。

 

The St. Regis Bangkok

住所  159 Rajadamri Rd.
電話  0-2207-7777
HP   stregis.com
料金  デラックスルームのインターネット料金1泊6000B~(税サ別)※詳しくはウェブサイトで確認してください。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ザ・ペニンシュラバンコク vol.05
  2. ノボテル・バンコク・オン・サイアムスクエア vol.34
  3. マンダリン・オリエンタル・バンコク vol.09
  4. ナパサイ by オリエント・エクスプレス vol.31
  5. センタラ・グランド・アット・セントラルワールド vol.14 
  6. マンダリン・オリエンタル・ダラデヴィ・チェンマイ vol.43

オススメ記事

  1. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  2. <Krist – Singto>タイから世界へ!日本人を惹きつけるタイの若手俳優 | バンコクのDACO(ダコ)
  3. 長野県物産展-1 ヘルシー和食がずらり!長寿の里・長野県物産展がドンキモールで開催
  4. 日本とタイの良いものが揃う場所! 「サイアム髙島屋」に行くべき理由はコレだ!【Siam Takashimaya】
  5. バンコクではじめて整体を受けた図 【治す!がモットー】バンコクの整体「てしまSEITAI」

PAGE TOP