週末ホテル暮らし

インターコンチネンタル・バンコク vol.07

心遊べ、と囁いている?

その夜、自分史上のなかで、ずいぶん気持ちのおしゃれをした。

大都市の真ん中に聳え立つ5ツ星ホテル「インターコンチネンタル・バンコク」、大改装を終えたばかりの館内で会食をし、宿泊することになっていた。ドレスコードは「夜会服」。なにそれ? 手持ちのワードローブに選択の余地はない、結婚式用の一張羅をひっぱり出し、会場に向かった午後7時。

シックな茶系とゴールドで知的な書斎をイメージさせる吹き抜けのロビーで、気分は高揚し、銀色のピンヒールのつま先から背中を伸ばした。連れはいない、ひとりだ。

イタリア料理の「グロッシー・トラットリア」へ行くと、ゲストの装いはモノトーンが多く、同じテーブルを囲むのは4カ国のビジネスマン。洗練された雰囲気に躊躇した。アタクシ派手?

隣の女性が「素敵な靴ね」と微笑む。大きく息を吸って「ありがとう」。そしてふたたび背筋を伸ばした。

野生味あふれる肉料理の頃には、くっと胸を張るたび気分がよくなる。多国籍ゲストと一緒にいながらも、ひとり遊びを楽しんでいる心。葉巻とウィスキーの宝庫、ヒュミドールへ誘われ、肩をぐっと引きキャットウォーク。女全開の服でシングルモルトを3杯飲み、周りの欧米人が吸う葉巻の香りに目を細めたりした。

自分に問う、「あなた、だれ?」。なりきり具合がおかしい。

ゲストのひとりが言った「ピンクのシャツのカオマンガイを食べに行こう」。今日は断るべきだ。都会のホテル遊びをきっちり楽しもう。ということでニッコリ「おやすみなさい」。

2406号室のグランドデラックスルーム、8種類の枕で寝心地が選べるベッドでモンロー気分。あんなことこんなことしていたら、またシングルモルトが飲みたくなった。

INTERCONTINENTAL BANGKOK

住所  973 Ploenchit Rd.
電話  0-2656-0444
HP     www.intercontinental.com
料金     Grand Deluxe : 7000B(朝食なし)、Club Intercontinental:9200B(朝食付)、 エキストラベットは1500B
※いずれも税サ別。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ウェスティン・グランデ・スクムビット vol.10
  2. アナンタラ・バーン・ラチャプラソン・サービススイート vol.1…
  3. ルネッサンス・バンコク・ラチャプラソン・ホテル vol.46 
  4. アナンタラ・ゴールデントライアングル・リゾート&スパ vol.4…
  5. ノボテル・バンコク・オン・サイアムスクエア vol.34
  6. ホリデイ・イン・パタヤ vol.24

オススメ記事

  1. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  2. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  3. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  4. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  5. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】

PAGE TOP