週末ゴルフ暮らし

プルータールアン・ネイビー・ ゴルフコース vol.33 

お値打ち価格で財布に優しい!されど、36ホールあるタフなコース

ゴルフ好き同士がバトンを渡しながら自分の愛するコースを紹介していくリレーコラムの第33回。今回は、海軍が運営するコースを、そろばんをはじきながら伊藤さんが紹介してくれます。

今号のゴルファー:伊藤俊彰
チョンブリー県シーラチャー市在住。ゴルフを初めて早3年、だけど未だ100も切れない下手の横好きゴルファー。

抜群の費用対効果!

シーラチャー周辺には、名のあるゴルフ場を含め、車で1時間圏内に20カ所以上のゴルフ場が集まり、ゴルファーにとって恵まれた環境です。
今回ご紹介するのは、タイ王国海軍が運営するプルータールアン。

ここはシーラチャーから車で1時間、バンコクからだと2時間強かかります。アクセスはそれほど便利ではないのに、なぜここを紹介するのか。
それはここの料金がお値打ちなのに、バラエティーに富んだホールの多い、日本人が大好きな費用対効果の高いゴルフ場だと思うからです。
特に私のようなゴルフ代を安く抑え、ゴルフ場の質よりもとにかく回数と考えるタイプには、ベストなゴルフ場なのです。

チャレンジ精神が煽られる

さて気になる料金ですが、平日は800B(クラブタイランド料金600B)です。カートは600Bですが、1台に2人(キャディを含め4人)乗ることができ、割り勘すればさらにお値打ち価格で使えます。こんなにもお得なのに、コースは東&南と西&北からなる36ホールもあります。

前者はアップダウンが激しく、後者は大きく育った木や水が行く手を遮るなど、とにかくゴルファーを悩まし、そしてチャレンジ精神を煽ってくれるのが、ここの特長です。その中でも特に私が好きなのは、南9番ホールと北3番ホールです。

前者は見晴らしのよい打ち下ろしで、ティーショットが上手く決まるとこの上ない至福を感じることができ、後者は浮き島のグリーンを狙うパー3のショートで、水に落とさずオンできた時の達成感は思わず顔がにやけてしまうほどです。

海軍コースの注意点

冒頭にも書きましたが、ここはタイの海軍が運営するゴルフ場です。だからなのか、茶店やクラブハウス内のレストランで安くておいしいタイ料理を食べられるのも嬉しいところです。ただ、メンテナンス状態は、必ずしも満点ではありません。絨毯のようなフェアウェイや、刈り込まれた芝のグリーンは期待しない方がよいかと思います。

クラブハウスは古いながらもキレイに保たれ及第点ですが、シャワーの水量には不満が残りますので、水回りを刷新してくれると嬉しいです。最後に、海軍の方々も多くプレイに来られており、階位が高い方がいらっしゃる時は進行が遅くなりがちですので、打ち込みしないよう要注意です。

Plutaluang Navy Golf Course

場所    Moo 6, Plutaluang, Sattahip, Chonburi
電話   08-0209-9175、08-1003-3811
HP   www.plutaluangnavygolfcourse.com
料金  ビジター:平日800B、土日祝1200B キャディ220B/18ホールおめ

ひとことまとめデータ
コースの面白さ ★★★★★
料金   ★★★★★
食事   ★★★★☆

ココ注意!シャワー後のバスタオルが20Bと有料です。

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バンサイ・カントリー・クラブ vol.14
  2. AITゴルフクラブ Vol.48
  3. ブルーサファイア・ゴルフ& リゾート vol.11
  4. バンヤン・ゴルフクラブ・フアヒン vol.30 
  5. ザ・パイン・ゴルフ&ロッジ vol.27
  6. キアタニ・カントリークラブ vol.24

オススメ記事

  1. 〝手術なし〟でも改善できる「子供のO脚・X脚」
  2. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  3. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  4. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  5. Odashi hakkei Oden 「おだし八景」のおでんが美味しい理由。バンコクで本格和食に舌鼓。

PAGE TOP