虚構新聞バンコク版

【虚構新聞バンコク版第73報】 砂糖細工の大パレード ウドンターニー・ナムターン・フェスティバルにスコールの洗礼

虚構新聞(http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載する嘘ニュースサイト。当「バンコク版」でも内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。これは創作により書かれており、本当のことではありません。

タイ3大祭りの1つとして知られるウボンラーチャターニー県のキャンドル・フェスティバル

これは嘘ニュースです。これは嘘ニスです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。

 砂糖で作られた巨大な砂糖細工のパレードが街を巡る「ウドンターニー・ナムターン・フェスティバル」が25日、東北部のウドンターニー県で開かれた。

 日本語で「砂糖」を意味するナムターンを冠したナムターン・フェスティバルは、今年が初めての開催。タイ有数のサトウキビ産地として知られるウドンターニー県の製糖業者らが、「タイ3大祭り」として知られる、スリン県の象祭り、スコータイ県のローイクラトン・フェスティバル、ウボンラーチャターニー県のキャンドル・フェスティバルに次ぐ「第4の祭り」を目指して企画した。

 細かな細工を施した巨大な像や動物の蜜蝋彫刻がパレードを行うキャンドル・フェスティバルを参考に、巨大な砂糖細工を乗せた山車が街の大通りを練り歩く内容で、実行委員会では、今年1月から県内の職人を総動員して砂糖細工の製作を始め、今月上旬には高さ約8メートル、総延長約300メートルに及ぶ砂糖細工全50体を完成させた。

 30度を超える厳しい暑さの中、25日午後2時から始まったパレードには、全国から3万人を超える見物客が訪れた。精巧な模様が施された巨大な砂糖細工が、賑やかな音楽とともに次々と現れると、観客の間から大きな歓声と拍手が沸き起こった。

 しかし午後3時過ぎ、突然のスコールが発生。滝のような豪雨が会場を襲うと、パレードの砂糖細工は撤収する間もなく、みるみる溶けて流出。再開のめどが立たなくなったため、午後5時に中止が宣言された。

 実行委員会会長を務めた製糖組合のソムチャイさんは「今月が雨季であることをうっかり忘れていた」と反省の弁を述べる。

 翌26日、溶けた砂糖細工から流れ出た大量の砂糖水を吸った大通りには、全国から押し寄せた大量のアリによる大パレードがお目見えし、後の祭りを真っ黒に彩った。

これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニす。これは嘘ニュースです。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版】バイヨークより高い象のぼり こどもの日、日…
  2. 【虚構新聞バンコク版第72報】 バンコク都で「水とりぞうさん」仕…
  3. 【虚構新聞バンコク版】「パンツは白のみ」タイ警察、勤務規則をさら…
  4. 【虚構新聞バンコク版】バンコクに暑中見舞い、 四万十の清涼水2ト…
  5. Bangkok Kyoko Shinbun_410 【虚構新聞バンコク版】長引くスコール タクライのせい? vol.…
  6. kyoko 650x340 【虚構新聞バンコク版】タイ政府公式ゆるキャラ、暴漢をつり天井固め…

オススメ記事

  1. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  2. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  3. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  4. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  5. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】

PAGE TOP