人気連載

【虚構新聞バンコク版】バンコクでカニ捕獲? 日本のマスコミ、またもや誤報 vol.016

タイの市場で新鮮なカニは日常風景だ

 

去る5月、タイ人を意味する「コン・タイ」と、死人を意味する「コン・ターイ」を取り違えて「バンコクで死者多数」と報じた日本のテレビ局が、今度は「バンコクでカニが捕獲された」と、港に水揚げされるカニの映像とともに報じた。

 

バンコク都内ではプー・パッポンカリー(カニのカレー炒め)を扱うシーフード・レストランも多く、「なぜ今さらこんなことがニュースになるのか」と、日本に住むタイ人の多くが首を傾げた。

 

日本での報道を確認するため、記者がバンコク都内にあるオートーコー市場を訪ねたところ、この日も新鮮な魚介類の中にカニが山積みになっていた。

クーデター後も仕入れに変化はなく、新しい種類のカニが獲れたという話も聞いていないという。そのほか、クロントゥーイ市場やマハチャイ市場などにも当たったが、同じようにカニに関する新しい情報を得ることはできなかった。

 

そこで日本で放送されたニュース映像を取り寄せ、吹き替え部分を除いたところ「プーが拘束された」との内容が確認できた。

タイ語でカニを意味する「プー」は、インラック前首相の愛称としても知られているが、これを直訳したことが今回の誤報につながったとみられる。

 

このニュースを伝えたテレビ局のバンコク支局を訪問したところ、受付のタイ人スタッフは「今事務所には私しかいない」と、プー・パッポンカリーを食べながら応じてくれた。日本人記者はワールドカップ日本代表の取材で忙しいらしく、「クーデターどころではない」として、先月から全員ブラジルに行ってしまったという。

 

Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載。当「バンコク版」においても内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版】パンティップ・プラザから200m、新ITモ…
  2. 【虚構新聞バンコク版】バイヨークより高い象のぼり こどもの日、日…
  3. 本当にラクになるマッサージ、ここにあり! ココらくの巻
  4. 給料を払わない語学学校を告発 vol.073
  5. オーガニックシャンプーで素髪になる Cannaの巻
  6. 【虚構新聞バンコク版】苦境のインラック首相 車いすも武装化 v…

オススメ記事

  1. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】
  2. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  3. とにかくまず体験してほしい! かかとの角質が10秒でポロポロとれるスプレー【CELLOMON(セロモン)】
  4. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  5. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】

PAGE TOP