人気連載

【虚構新聞バンコク版】バンコク発アイドルグループ「BKK48」が活動開始 vol.001

日本の人気アイドルグループ「AKB48」にあやかったアイドルグループ「BKK48」が20日、バンコク都内で活動を開始。デビュー後初となるライブをフアマーク・インドア・スタジアム(ラムカムヘン通り)でおこなった。

 

BBK48は昨年夏に行われた選考オーディションに勝ち残った14歳から82歳までのタイ人少女48人からなるアイドルグループ。名前は似ているがAKB48とは特に関係はない。

 

普段はフットサルのコートとして使われ、最大で6千人の収容数を誇るスタジアムはタイ全土から押し寄せた47人もの観客で埋めつくされた。スタジアム関係者は「客席よりメンバーの方が多いライブを生まれて初めて見た」と話す。

 

この日おこなわれたライブではデビューシングル「ホンナーム」を熱唱。フットサルの試合と間違えて入場した13人を除くファン34人が初々しいダンスと歌に酔いしれた。

 

歌が終了すると引き続いて握手会を開催。本来ならファンが「推しメン」と呼ばれる、お気に入りのメンバーがいるブースに向かって行列を作るが、参加者が少なかったため、メンバーがお気に入りのファンに向かって握手を求める逆握手会になった。ファンの中でも特にハンサムだった21歳の男性に続々とメンバーが押し寄せる光景を横で眺めていた47歳の男性ファンは「もう二度と来ない」と怒りをあらわにしていた。

 

この日発表したシングル「ホンナーム」は来月上旬にも発売。限定版握手券つきCDが350バーツ、通常版は3バーツを予定している。

 

 

ライブ会場となったフアマーク・インドア・スタジアム

 

 

Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載します。内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. サポートが整ったコワーキングスペース Busy Bees@115…
  2. 直接法でしっかりタイ語を身につけよう!  ピアミットランゲージス…
  3. 【#あらいな】ドンムアン空港のエアポートバス乗り場が変更
  4. 本当にラクになるマッサージ、ここにあり! ココらくの巻
  5. 夕方から夜遅くまで楽しめる アジアティック・ザ・リバーフロントの…
  6. 販売禁止時間のビールの怪 vol.077

オススメ記事

  1. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  2. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  3. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  4. もしも私が今タイで就職するならば。「仕事はあるの? 給料いくら?」リーラコーエンさんに正直なところを聞いてみた
  5. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ

PAGE TOP