グルメ

「カオマンガイ・ゴー・ヌアイ」のカオマンガイ Vol.09

【実地調査!】 「好きに生きる」じゃなく好きと、生きる

「歌うカオマンガイ」屋にやってきた。細い路地にある屋台だが、ゴー・ヌアイさんはまるでホテルのシェフのような装いでそこにいる。

カオマンガイは値段によってサイズが違う。10~40Bを一皿ずつ注文した。10Bはおにぎりサイズだ。値段は昔からずっと変えていない。

鶏とご飯のバランスがいい。ほかの多くの店が鶏肉を多く見せようと、肉を切った後に包丁で打って平らにするが、ここはそういうことはしない。お店特製の味噌ダレとナコンサワン県のジーセーという甘い醤油ダレが置いており、どちらも合う。混ぜても美味だ。ご飯の油分も丁度よく、ジャスミンライスに、少しバターを入れるのだという。

ゴー・ヌアイさんが包丁を置き、マイクに持ち替えた。カラオケから音楽が流れる。彼は60年代に軍隊キャンプで歌っていた元歌手だが、戦後どこにも採用されなかったので自分でレストランを営み、そこで歌い始めたのだ。

昼下がりの歌謡祭。好きなことと、生きるための仕事。両方続けられる人はどれだけいるの。(ゲム)

Khao man kai kor nuai
ข้าวมันไก่ โกนวย

場所:Sawang 3, Khwaeng Suriya Wong, Khet Bang Rak
時間:6時~14時 土日祝休:11時半〜19時 無休
※歌謡ショーは火、金のみ
料金:カオマンガイ10、20、30、40、50B。肉のみ盛り100B

撮影風景

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バーン・ミー・ボー ベトナムの風が吹く「バーン・ミー・ボー」
  2. hello strangers cafe 髑髏のマグ!? スクムビットの新個性派カフェ
  3. pirate 昼と夜で別の顔「パイレート・チャンバー」
  4. iron chef 日本とタイの「料理の鉄人」の競演
  5. growth 仕事に、リラックスに、「グロース・カフェ」
  6. ホテル・ニッコーバンコクのアフタヌーンティー「夏」 夏色の香り広…

オススメ記事

  1. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  2. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  3. 選りどりみどりで困っちゃうー!? 超豪華だけどリーズナブルなフリーフロー・イタリアン・ランチ@メディーニ【The Continent Bangkok】
  4. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  5. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】

PAGE TOP