駐妻スクープ in Bangkok

<駐妻スクープ in Bangkok>日本のサッポロ一番 vs タイのママー・トムヤム の巻 vol.120

ママーは無二のおやつ

さっちぃは子供の頃、インスタントラーメンを食べてはいけないと言われる厳しい家庭に育ち、結婚してからは晴れて自由の身(笑)、反動でこよなく愛しております。

カップ麺ならどん兵衛。袋麺ならサッポロ一番が私の不動の一位。フジスーパーじゃ高いので、日本から買いますが大変な貴重品。どれだけもったいぶって食べるかは、タイ在住の皆さまもよくおわかりのことと存じます。

さて、そんな高級食材のサッポロ一番を、珍しく(!)子供たち2人に振る舞ったところ、「ママーの方がおいしい」とつれないコメントが来てズッコケました。

さすがタイ生まれタイ育ちのティーネイジャー。辛いのが苦手な母はママー・ムーサップ(豚ミンチ味)しか買い置きしないのに、どこで覚えてきたのでしょう?もちろん、学校帰りの駄菓子屋さんに決まってます(笑)。

店頭に用意されているポットのお湯をカップに注いで食べるママーは学校帰りの子供たちにとって無二のオヤツです。

神がかったうまさ

しかし、我が子たちが力説する最強ママーの食べ方は、自宅のお鍋で作る汁なしママーなのだとか。

沸騰したお湯でグツグツ5分以上しっかり煮込むのがポイントらしく、火を止める前に卵を入れ、そのままザルにあげてお湯を切ります。それから袋の調味料をすべて入れかき混ぜ出来上がり。焼きそばUFOみたいです。ただし、めっちゃ辛いです。

しっかり茹でたママーの麺は食感が変わり、強いコシと艶が出るんだそう。ここが日本の麺との違いだと力説されました。これにマヨネーズを垂らすと、それはもう、神がかったうまさなのだと。

私がぐーたら母ちゃんゆえに、子供たちはいつのまにか色々覚えて台所に立ち、母に食べさせてくれますが、今回試したママー・トムヤム・ヘーンは、なにか開けてはいけない禁断の扉が開けてしまったような、ヤミツキ感漂う刺激に満ちたお味でした。

コーラとの相性バツグン。野菜ゼロのジャンキーさはご愛嬌(もちろん、栄養価は氷点下)。敬愛するサッポロ一番に戦いを挑んだ勇気を讃えてあげよう。

タイの未知なる魅力を子供から教わる今この時が、ひたすら嬉しいさっちぃなのでした。


文・イラスト/駐妻探偵4号帰ってきたさっちぃ

 新着記事を読む 

関連記事

  1. <駐妻スクープ in Bangkok>棚を埋め尽くす、白い食器た…
  2. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>日タイブーム対決! 豆乳と…
  3. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>白と黒に包まれたタイに思う…
  4. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>読者を代表して! さっちぃ…
  5. <駐妻スクープ in Bangkok>本帰国シーズン、駐妻たちの…
  6. <駐妻スクープ in Bangkok>日本のサッポロ一番 vs …

オススメ記事

  1. さらにパワーアップしたお得なイタリアン・ブッフェ・ランチ「メディーニ」ザ・コンチネント
  2. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  3. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  4. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  5. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】

PAGE TOP