駐妻スクープ in Bangkok

<駐妻スクープ in Bangkok>日本のサッポロ一番 vs タイのママー・トムヤム の巻 vol.120

ママーは無二のおやつ

さっちぃは子供の頃、インスタントラーメンを食べてはいけないと言われる厳しい家庭に育ち、結婚してからは晴れて自由の身(笑)、反動でこよなく愛しております。

カップ麺ならどん兵衛。袋麺ならサッポロ一番が私の不動の一位。フジスーパーじゃ高いので、日本から買いますが大変な貴重品。どれだけもったいぶって食べるかは、タイ在住の皆さまもよくおわかりのことと存じます。

さて、そんな高級食材のサッポロ一番を、珍しく(!)子供たち2人に振る舞ったところ、「ママーの方がおいしい」とつれないコメントが来てズッコケました。

さすがタイ生まれタイ育ちのティーネイジャー。辛いのが苦手な母はママー・ムーサップ(豚ミンチ味)しか買い置きしないのに、どこで覚えてきたのでしょう?もちろん、学校帰りの駄菓子屋さんに決まってます(笑)。

店頭に用意されているポットのお湯をカップに注いで食べるママーは学校帰りの子供たちにとって無二のオヤツです。

神がかったうまさ

しかし、我が子たちが力説する最強ママーの食べ方は、自宅のお鍋で作る汁なしママーなのだとか。

沸騰したお湯でグツグツ5分以上しっかり煮込むのがポイントらしく、火を止める前に卵を入れ、そのままザルにあげてお湯を切ります。それから袋の調味料をすべて入れかき混ぜ出来上がり。焼きそばUFOみたいです。ただし、めっちゃ辛いです。

しっかり茹でたママーの麺は食感が変わり、強いコシと艶が出るんだそう。ここが日本の麺との違いだと力説されました。これにマヨネーズを垂らすと、それはもう、神がかったうまさなのだと。

私がぐーたら母ちゃんゆえに、子供たちはいつのまにか色々覚えて台所に立ち、母に食べさせてくれますが、今回試したママー・トムヤム・ヘーンは、なにか開けてはいけない禁断の扉が開けてしまったような、ヤミツキ感漂う刺激に満ちたお味でした。

コーラとの相性バツグン。野菜ゼロのジャンキーさはご愛嬌(もちろん、栄養価は氷点下)。敬愛するサッポロ一番に戦いを挑んだ勇気を讃えてあげよう。

タイの未知なる魅力を子供から教わる今この時が、ひたすら嬉しいさっちぃなのでした。


文・イラスト/駐妻探偵4号帰ってきたさっちぃ

 新着記事を読む 

関連記事

  1. <駐妻スクープ in Bangkok>イェンタフォー愛!! 語り…
  2. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>100回目のスクープ! 駐…
  3. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>ローカルから日本産まで!ア…
  4. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>フアヒン、いまむかし 6年…
  5. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>読者を代表して! さっちぃ…
  6. scoop-title <駐妻スクープ in Bangkok>親子3人で行ってきました。…

オススメ記事

  1. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  2. タイのシダーバーグ財団の「こんなところにスリリングな生き方」- 孤児院・職業訓練・語学学校・ムエタイジム支援などから未来を創る
  3. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク
  4. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話
  5. とにかくまず体験してほしい! かかとの角質が10秒でポロポロとれるスプレー【CELLOMON(セロモン)】

PAGE TOP