ワンデートリップ

タイのこってりアート、時々、虫レストラン 超個性的なおしゃれの楽園! 新スポット「チャーン・チュイ」へ《レジャーその148》

写真好きのタイ人に応えるかのようにフォトスポットが増えるバンコク。なかでも超個性的なのが今年オープンした複合モール「チャーン・チュイ」だ。

ただのおしゃれでは済まない最新スポットに、奥様ライターが突撃!

 

IMG_9844

 

【旅して書く係】ほんほん
スクムビット在住。新しいスポットに目がない奥様。

 

「インスタ映え」の新スポット

タイでは、日本とは違う独特なセンスに触れる機会が多いと思う。特に来タイ当初は、デパートで見る服や雑貨もユニークで派手ね〜と友人と話していた(正直これは着ないし使わないわ~というツッコミ付き)。

でも不思議なもので、そんな独特なセンスも見慣れ、さらなる刺激を求めてしまうもの。何か面白いものはないかしら……と思っていた頃、「インスタ映え!」とタイ人が集まる最新スポットができたと聞きつけた!

それが「チャーン・チュイ」。タイ女子に人気の服ブランド「フライナウ」のオーナーが、自身の好みのアート作品やお店を一挙に集めた場所なんだって。場所はセントラル・ピンクラオのさらに先ということで結構遠く、戦勝記念塔駅からタクシーで30分くらいかな。

 

超巨大な飛行機と
神様がどーん!

エントランスを抜けると内部には、飛行機がどーん! これはタイ・スカイ・エアラインで使用されていた機体を買い取ったもの。取材時はまだオープンされていなかったけど、中にはオーナーのプライベートミュージアムとミシュランスターのレストランが入るとか!

そして、飛行機の横には大きな人型のモニュメントが! ほんの〜り、日本の代表的漫画家・藤○先生を彷彿とさせるお顔立ち。これは、タイの有名アーティストがデザインしたもので、実は神様!

 

個性が違う2つのゾーン

IMG_9864

おしゃれなショップと思いきや実は射的!

 

広い敷地は大きく2種類にゾーン分けされていて、1つは雑貨店やレストランなどが集まり、アルコールも提供している「マーケットゾーン」。そしてもう1つは、スローライフをテーマに、プラスチックや鉄くずなどの廃材を活かしたアート作品やギャラリー、映画館、本屋などを集めた「グリーンゾーン」。

いずれもオーナーがクリエイティブな若者にチャンスを与えて、店構えをデザインさせているんだとか。

 

閲覧注意⁉︎
○○を食べるレストラン

IMG_9984

タイの選りすぐりの10店が入っているフードコート。タイ人もうなるおいしいものが、ここで一気に食べれちゃうわ!

まずはレストラン「Insects in the Backyard」にて腹ごしらえ。あら、小じゃれた内装じゃないの。フレンチかしら?

「ここは虫を食べることができるレストランです」

ちょ、聞いてないわよ聞いてないわよ聞いてないわよー!! 私は世の中でいちばん虫が嫌いなの!と発狂していると、スタッフさんが「将来的な食物不足を見越し、ここで肉の代わりに虫を食べられるようにという思いで運営しているんです。このお店の虫は、無農薬ファームで採取した安全なもので……」と語り始めた。

そうこうしているうちに1品目が襲来。虫の卵入りの何か。同行していたダコのタイ人スタッフPと、日本人編集Mが先に食す。「おいしいよ」。……う、嘘でしょ? えーい、ままよと口に運ぶと、広がるカニ肉の味! 意外にイケる⁉︎ これなら将来の危機にも備えることができそう。

 

IMG_9890

一見フレンチのような仕上がりだけど虫の卵入り! こちらの料理255バーツ也

 

勢いつけて2品目は野菜サラダ……と思いきや、よく見ると特大イナゴやら何かのサナギの素揚げが乗っている。野菜の上に虫ってなんのヒネリもないし、これはアカンとクラクラしている横で、ダコスタッフP&Mは「おいしいよ」「ハイプロテイン」ともぐもぐ。この2人は一体なんなのよ……。

 

癒やしの空間
グリーンゾーン

IMG_9995

居心地のいい本屋&カフェ「YON YAAN」。真ん中に大きなカフェカウンターが置かれた開放的な作り。

 

多少の胃もたれを引きずりながら、お次は「グリーンゾーン」へ。
こちらは打って変わって、整然とした雰囲気。癒やされる……。

おしゃれなギャラリーや映画館、ショップが並ぶ中、私の一番のオススメは、「YON YAAN」という本屋兼カフェ。
日本語の本はなさそうだけれど、とても静かでコーヒーの香りが立ち込める素敵空間 カフェだけの利用でも良さそうね。

こってり濃〜い「チャーン・チュイ」を満喫し、帰る前にトイレに行ったら入口で超派手なおばちゃんが出迎えてくれた! トイレまで個性的とは……もうお腹いっぱい!

タイムテーブル

15:30 BTS戦勝記念塔駅からタクシー
16:00 チャーン・チュイ到着
17:00 中を少し歩いた後、「Insects in the Backyard」でご飯
18:00 ウィンドウショッピングやギャラリー見学を楽しむ
19:30 「YON YAAN」でお茶
20:15 駅へ向かい出発

 

見どころ

チャーン・チュイ ChangChui

460/8 Sirinthorn Rd.
11時~23時 月休
08-1817-2888
www.changchuibangkok.com

 

お食事処

Insects in the Backyard

16時〜23時 月休
0-2035-7000
www.insectsinthebackyard.com

 

評価

行きやすさ★★☆☆☆
フォニジェニック度★★★★★
こってり度★★★★☆
未知との遭遇度★★★★☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バンコク発★ちょっトリップ『頭も心も空っぽに、心洗われる サムイ…
  2. バンコク・エアウェイズで 2泊3日シェムリアップへ!
  3. バンコク発ちょっトリップ『一度は見ておきたい! タイの奇祭ピータ…
  4. 3-7-1 子供を連れて路線バスでお出かけ!ゆるゆるムードの「パタ動物園」《…
  5. サンクチュアリー・オブ・トゥルースから始まるレジャー3ヵ所めぐり…
  6. IMGP3873-- 高原の別荘で寛ぐような滞在を 小さな子供と行くカオヤイ

オススメ記事

  1. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  2. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  3. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】
  4. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  5. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】

PAGE TOP