タイ料理

【食先案内人・ペーの屋台の細道】ヌア・ヤーン(焼肉):90食目

Print

想像の味
実体験の味

さまざまなメディアの仕事で、数多くの日本料理店を取材してきた。ラーメンや焼き鳥、しゃぶしゃぶ、懐石料理……。通常は、店側が料理を用意し、実際に味わうことができる。

その一方で、撮影が済むと料理を片づけてしまう店もある。味は店から提供された情報をもとに、想像して書かねばならない。機転の利く店なら、惜しみなく料理を提供するだろう。タイ人カメラマンは「おいしかった」「オーナーが親切」など自分のSNSで勝手に発信してくれるからだ。口コミが情報誌よりも効力を持つ現代にふさわしい宣伝方法だね。

最も多かった「想像料理」は、和牛の焼肉だ。いまだに一度も味わったことはないが、友人さえもそうと知らず僕の仕事を羨ましがる。

僕にとって和牛並みの焼肉といえば、ここ。タイ産だが高級な牛「コークン」を使っている。部位は4種類。脂が多く貴重なヌアノーク(こぶ)に脂が少なく引き締まったヌア・ノンラーイ(すね)、胸から腹にかけて脂肪の入った柔らかなスア・ロンハイ(肩ばら)、脂肪が少なく特に柔らかいヌア・デーン(ヒレ)だ。僕は脂肪多めが好きだが、何よりうれしいのは口いっぱいに広がる牛肉のうま味だ。

IMG_8278

タイ国産牛「コークン」の肉4種類

IMG_8295

ここではバターと刻みニンニクで焼く方法が主流だが、苦手ならニンニクは不要だ。タレは2種類。ゴマ油とハーブの利いたチムチュムのタレと、さわやかな酸味と辛みが特徴のシーフードのタレだ。自宅に好みのタレがあるなら、持ち込みもOKだよ。

高級牛肉を扱っているとはいえ、ここはローカルな焼肉屋。店構えに高級感はないし、肉も日本人の知るグレイトな品質には及ばないだろう。僕のような庶民にとってこの店で重要なのは、上質な牛肉の味を想像抜きに体験できるってことなんだ。

 

チムチュム・クルー・ウィライ

IMG_8297

店主はイサーン出身のウィライさん(34)。2年前に店を始めるまでは、小学校の先生(クルー)だったという。牛肉の輸入を手掛けていた兄と焼肉店を開く決意をし、ウィライ先生は再び生徒に戻り、焼肉店経営を一から学んだ。焼肉だけでなく、チムチュムなどイサーン料理もある。食べ放題コースは料金別にいくつか設定されていて、1人229B から。牛以外の肉や野菜も豊富だ。上質な肉をリーズナブルに提供するだけでなく、時間制限もない。

DATA
時間:16時~23時 無休
電話:08-7713-8869、09-2231-7749

yataiQRcode

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_0251 面白いランチって? 各地の美食「Basil」
  2. Prayraya01 白亜の一軒家で南タイ 「プラーイ・ラヤー」
  3. IMG_3660 鉄人譲りの創意工夫 「Leaf Thai Bistro」
  4. gaeng puu 見目麗しきモダン・タイ 「リーフ・タイ・ビストロ」
  5. Baagadin01 伝統的かつ最先端 「BAA GA DIN」
  6. まったく新しいタイ料理体験「Osha」

オススメ記事

  1. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心
  2. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に
  3. 富士JDC歯科医院-entrance タイでの歯科治療は不安? 日本語で相談できる「富士JDC歯科医院」
  4. タイの強敵〝黒いホコリ〟に打ち勝てる? DACO読者が日立の掃除機を調査!【後編】
  5. 外出自粛の子供のストレスはどう発散? カウンセラーがアドバイス!|バンコクのDACO(ダコ)

PAGE TOP