特集

【本誌特集公開】儲かりまっか? フードトラック

 

 

427foodtrack_img00

 

この1、2年で街に激増したフードトラック。軽トラックの荷台部分を厨房に改造した移動式フードスタンドだ。道端だけでなく、ショッピングモール前の空き地やナイトマーケット、有名レストラン周辺の空きスペース、各種イベント会場など、今や見かけない日はないと言っていい。

どうしてこんなにフードトラックが増えたの? フードトラックってそんなに儲かるものなの? 実際に開業するにはいくらくらいかかるの? 場所代はいくら? と、見かける度に疑問が浮かぶので、今回はフードトラック・オーナーにインタビューを行い、そのビジネスについて訊いてみた。「兄さん、儲かりまっか?」

データ特集記事 第427弾
取材・文・写真/ダコ編集部

 

フードトラックのここが魅力!

その1 安い

通常の店舗に比べると各種コストが安く上がるため、料理も店舗で食べるよりもずっと安く提供される。都心部の店でも1品100B台で食べられることが多い。

その2 有名店の味も!

フードトラックの中には、超人気レストランのオーナーがカジュアルに利用できる新店として開業したものも多い。人気店がプロデュースする美味をカジュアルに楽しめる。

その3 流行を先取り?

少ない元手でも開店できるため、p.24のバインミー(ベトナムサンドイッチ)のようにタイではまだ知名度の低い料理を売りたい人が挑戦するには、フードトラックという形態はもってこい。

ページ:

1

2 3 4

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 427foodtrack_img00 【本誌特集公開】儲かりまっか? フードトラック
  2. ●tobira-3kon 【フードコート探検隊 その3】ピアー21編
  3. ダコ特集 マラソン 【本誌特集 全文公開!】バンコクの街角で、世界遺産で。タイで楽し…
  4. 425dog_img01 【本誌特集 公開!】バンコク DE ワンコと暮らしたい
  5. バンコク駐妻は見ている! ブログ・WEBサイト・Youtubeリ…
  6. バンコク・ふるさとの味巡り 【本誌特集 全文公開!】日本各地の味をバンコクで食べ歩く ふるさ…

オススメ記事

  1. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」
  2. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  3. 【101 True Digital Park】バンコクのショッピングモールに突如オーガニックファームが出現!?【Sustainable Fest】
  4. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  5. 【まさに鬼に金棒! Teshima式+KYTメソッド】パワーアップした施術であなたをお待ちしています! ゴッドハンド直伝の精鋭たち【てしまSEITAI】

PAGE TOP