ブンに訊け!

スクムビット・ソイ37はどこ? vol.122

bun-logo

今号の読者からのご相談

(前略)質問があります。スクンビット・ソイ37は何時消えてしまったのでしょうか。もしかしたらソイ39-1がそうなのかなぁと思ったのですが、なんでソイ39にしたのでしょうか。お手数おかけしますが、宜しくお願いします。以上失礼します。(はるる)

編注:もうひとつ質問がありましたが、割愛し、上記ソイ37のご質問の解明に全力を尽くします。

ブンからの回答

エム・クオーティエが併合

まず結論から申し上げますとスクムビット・ソイ37があった場所はエムクオーティエに飲み込まれてしまっています。

看板のないソイ

はるるさんのご質問にたいへん興味を持ち、ソイ37の歴史を調べようとしましたが、公的な機関に資料がないらしく、あちこちたらい回しにされました。ソイの入り口には番号が書かかれた看板がありますが、ソイ37にはその看板がありませんでした。いつからなくなったかは不明です。ソイ35の次がソイ39ですので、ソイ37はたしかにあったはずです。

トヨタ系修理工場があった

ダコの顧問弁護士がかつてソイ35と39の間の敷地内で仕事をしていたことがありました。そこにはトヨタボディサービス(TBS)というトヨタ系の修理工場があったそうです。また編集部の配送係は、かつて日本の日刊紙を配達していたとき、TBSに配送したことがあり、ここにソイがあったことが判明しました。さてきっかけが見つかりました。トヨタに当たってみます。

トヨタ系修理工場に挟まれ

この場所にあったTBSは2010年に賃貸契約が終了し、シーナカリンへ移転したことがわかりました。そこでネット検索で「トヨタ」「スクムビット・ソイ37」とタイ語で入れて追ってゆき、ソイ37のTBSにいた従業員とコンタクトできました。

彼によると、TBSはソイ37をはさんだ両側の建物であり、看板はなかったものの、昔から住んでいる人はここを「ソイ37」と呼んでいたそうです。

はるるさん、そして看板はなくとも人々にソイ37と呼ばれていたソイは人知れず(?)エム・クオー ティエの中に消えました。


ダコ編集部の経理、ブンに相談したい方はmail@daco.co.th まで匿名で

 新着記事を読む 

関連記事

  1. コンサルタント会社に騙された vol.010
  2. title-bun-inside タイのブラック企業なの? vol.163
  3. ビザラン禁止の頻度 vol.094
  4. 新車購入でトラブル続き-前編 vol.049
  5. bun-logo 退職金の支払い時期と額 vol.143
  6. 従業員の一時解雇と補償金【ブンに訊け!】 vol.214

オススメ記事

  1. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  2. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻
  3. The Grand Sethiwan@Sukhumvit 24-1 プロンポン駅至近の好立地で、充実の住空間 「ザ・グランド・セティワン」
  4. AVELA clinic_1 バンコクの美容クリニックの選び方 〜タイ屈指のエリート医師に学ぶ〜 本気で痩せたい、たるみを失くしたい…なら、クリニック選びが肝心
  5. 富士JDC歯科医院-entrance タイでの歯科治療は不安? 日本語で相談できる「富士JDC歯科医院」

PAGE TOP