バンコクの街角

ほろ苦ローイクラトン

11月25日はローイクラトンでした。

実は12年前にバンコクのカオサン近くの運河で一度ローイクラトンを見たことがありました。ロウソクが灯されたクラトン(灯籠)が川面にゆらゆらと揺れながら、ゆっくりと流れていく。川面一面がオレンジの淡い光に埋め尽くされ、本当に幻想的な美しい光景でした。

今年はそれがまた見られる、ということでかなりハイテンションに。しかもダコ編集部では、タイ人スタッフがクラトンをみんなで作るということで、私も呼ばれて自作のクラトンを作りました。なかなかの出来栄えに自分でも満足してましたが、しばらくするとタイ人スタッフが「これあなたのね」とビニール袋に入れて持ってきてくれたものは、かなり改造されてました。タイ人スタッフ曰く「少しだけかっこよくしてあげたの」。いや、少しじゃなく、同じなのは土台だけ。まぁ、ちょっぴりヘコみはしましたが、それでも(一応)自作のクラトンを流せるのはうれしい。

IMG_7287IMG_7288

 

BTSプロムポン駅を利用している私は、仕事帰りに駅近くのローイクラトンの人気スポット「ベンジャシリ公園」で流すことに。駅の中、外はすでに大勢の人でごった返し。前に進むのも大変でしたが、何とか公園内に。

あの幻想的な光景よふたたび⋯⋯。という期待を胸に池の方へと進んで行きました。しかし池に着くと目の前にはあの幻想的な光はありません。このときたまたま雨が降り始め、風も出ていたのでロウソクの灯はすぐに消えてしまっていたのです。しかも池なので流れず、池の縁に大量のクラトンが漂っている。暗いということもあり、はっきり言ってゴミだらけの池にしか見えない。12年前とのあまりの違いに、テンション下がりまくり。でも自作クラトンを流すべく、かなりしつこくロウソクに灯を付けようと頑張りました。横にいたおっちゃんが、あまりに私がしつこいので、「もう、あきらめろ」という仕草。しかしほんの一瞬だけ灯がつき、何とか流すことに成功。

IMG_7302IMG_7308

すぐに消えましたが、ここで意地を見せたことに少し満足。

まぁ、期待が大きかっただけに、少しほろ苦い今年のローイクラトンでした。(Jun)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. club活動第5弾~シーロム編~
  2. IMG_9264 今週オープン! 「銀座ハゲ天」にさっそく行ってみました。
  3. IMG_2375 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】1オンスの玉ねぎの巻
  4. 【ボディークモニター体験記②】 カラダが締まっていく喜びを全身で…
  5. IMG_5127 バンコクのセールに行くと、金銭感覚が崩壊するなあ。
  6. キットカット抹茶味 食べくらべ 日本のキットカット抹茶味 VS タイのキットカット抹茶味 食べく…

オススメ記事

  1. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  2. 130万Bをくれた北浦さん【BTS直結・複合開発施設Whizdom 101内のコンドミニアム紹介】
  3. タイ・バンコクの都市型ダイビングショップ「ゴーゴーダイバーズ」でスキューバーダイビングのライセンス(資格)を取ってみた!!
  4. なんと日本人顧客が90%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】
  5. 浦島太郎にはならない。タイにいる間のMBA取得で、自分をアップデート【グロービス経営大学院】

PAGE TOP