男と女の学際研究

ボージョレ・ヌーボー とタイ女 vol.012

danjoLOGOweb02

男と女の学際研究 ~現役学者が微笑みの国を考察!~

4人の現役研究者が「日本男とタイ女」をテーマに、いろいろな角度から考察する連載コラムです。

 

今回の著者:心理学 平松隆円

 

ボージョレ・ヌーボーとタイ女

 

 

ボージョレ・ヌーボーといえば、毎年11月の第3木曜に解禁になる新酒のワイン。日本にいた頃は、欠かさず飲んでいたひとも多いはず。

けれど、このワインをタイで飲むことは不可能に近いですよね。バブルで人気をえたこのワインは、世界市場の出荷量の半分が、日本で消費されています。つまり、日本だけのイベントのようなもの。タイでは、ボージョレ・ヌーボーなんて聞いたことがないというワインショップの店員もいるくらい。

 

タイ人とタイのアルコール事情

ところでボージョレに限らず、仏教徒が多いといわれるタイ人は、あまりアルコールを口にしないといわれます。2011年の調査では、飲酒習慣のあるタイ人は、およそ25%なのだとか。

ですが、実際は酒税が高く、飲みたくてもそんなに飲めないだけ。低所得者層では、ラオカオという泡盛のルーツとよばれる低価格・高アルコール酒が愛飲されています。

しかし会社の飲み会で、いくら誘っても、飲まないタイ人女性もいますよね。お財布事情とは関係なく、30代以上のタイ人女性では、人前で飲まないようにしているひとは多いんです。

その理由は、近所のひとにお酒を飲んでいるところをみられたら、お嫁に行けないくらい恥ずかしいことだと考えているのだとか。夜の嬢たちや女子大生が聞いたら、ほとんどがお嫁に行けなくなるでしょうね。ですが、案外こういった古風な考えをもつタイ女は多いんです。

たとえば、機会があればワインの注ぎ方に注目してください。普通は、ラベルをうえにして逆手にボトルを持ち、グラスに注ぎます。ですが、タイ女たちは、ラベルがみえないように順手でボトルをもちます。それは、ボトルをもち慣れていないからではありません。逆手は、亡くなったひとの棺を引く紐の持ち方。なので、逆手でなにかを持つということはしないんです。

ほかにも、自影り好きのタイ女も、いくらおしゃれでも、モノクロの写真は撮りません。というのもそれは、遺影を意味するから。試しに、撮ってみると・・・、すごい剣幕で怒りますよ。

日常のささいなところに、仏教の影響は色濃くあります。タイ女の理解には、タイ仏教への理解が必要なんです。

 

この著者のほかの記事を読む

連載のほかの記事を読む

 新着記事を読む 

関連記事

  1. danjoLOGOweb02 映画・ドラマ効果で佐賀男がモテる? vol.034
  2. 38(danjo410)new タイ女との結婚は実質20歳以上の年の差婚? vol.026
  3. danjoLOGOweb01 タイはいつから 「微笑みの国」なのか vol.011
  4. タイ女は肥満化しているのか? vol.056
  5. 38(danjo410)new 日本男はタイでモテなくなったのか? vol.031
  6. 38(danjo410)new これからタイでモテるのはアラフィフ日本男だ!? vol.009

オススメ記事

  1. アメリカ発のすごいヤツ!? 日本への一時帰国は、これ1枚でOK! 【HanaCell(ハナセル)ジャパンSIMカード】
  2. 【日乃屋カレー】カレーの聖地・神田を制した懐かしい日本の味がタイ上陸!
  3. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  4. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  5. 【タイ・マッサージと何が違うの?】ゴッドハンド直伝の精鋭たちがあなたの体を触れて・見て・癒やす「Teshima式リラクゼーションテラピー」【てしまSEITAI】_in バンコク

PAGE TOP