バンコクの街角

ひさびさに日常の死角を体験した。本当の隠れ家レストラン「クルア・バーン・サワリー」

ソイの隅々まで歩いて調査するガイドブック『歩くバンコク』を制作して早10年。友人からは「歩くガイドブック」と呼ばれるようになり、「BTS沿線のちょっと有名な店はすべて知っている、俺バンコク詳しいし」と思い込んでいたけれど、最近、とあるお店に、それが単なる思い込みにしかすぎないことを思い知らされました。

 

それは数日前、日本から遊びに来ている友人と食事に行った時のこと。

 

「この間、タイ人の友達に連れて行ってもらった店にまた行きたい。店の名前は分からないけど、戦勝記念塔の近くにあって掘っ立て小屋みたいなんだけど」

 

という友人のリクエスト。ほうほう、それならこの歩くガイドブックに任せなさい! 

しかも、戦勝記念塔周辺には10年以上住んでいるので、一番の得意分野だし。

とりあえず店の特徴を何個か教えてくれれば、たちどころにその店へ案内してしんぜよう!

 

と、さっそく聞き込みをすること数分間……まったく思い当たる店がない。

 

一個一個の特徴については合致しそうな店があるのだけれど、完全に一致しそうな店はなし。友人の説明が下手なのかな~などと軽く失礼なことを思いつつ、それならとりあえず友人の記憶をたどって行ってみることに。

 

駅から歩き出した時は自信なさげな友人だったけれど、店の近辺の様子はハッキリ覚えているようで、店には難なく辿り着くことができました。そのお店がこちら。

 

 

「クルア・バーン・サワリー」ครัวบ้านเสาวรีย์というお店だそうで、後日ネットで調べるとけっこうな数の口コミが出てくるので有名なお店らしい。

料理はかなり安くて1品140~160Bくらい。ソムタムに至っては40Bだ。

メニューの数も多く、イサーン料理から魚料理、肉料理、カレー(ゲーン)、軟骨揚げのようなタイの飲み屋の定番おつまみなどなど、幅広く取り揃えている。

 

なんといってもうれしいのは生演奏がちょくちょく入ること。おっちゃん2人の弾き語りで、これがなかなか味わい深い。

 

3人でリオービール(大)4本と料理4品で合計720B(1人240B)。あまり量を食べなかったにしてもこれは安い! 安すぎる!

 

値段にも驚いたけど、10年以上住んでいるこのエリアで、まだ存在すら知らないような店があったことに心底驚いた。自分の身の回りにはまだまだ発見できることがたくさん潜んでいるのだ、とちょっと謙虚になれた食事会だった。

 

「クルア・バーン・サワリー」ครัวบ้านเสาวรีย์

営業時間 月~土:11時~23時半、日:17時~23時半

住所 473/1 Ratchavitee Rd.

電話 0-2644-7814

お店の場所はこちら。

 

この「SIAM」という赤いビルの左脇の小さな路地を入って左手にあります。ちなみに表通りに看板は出ていないので注意。

 

こんな分かりづらい立地で長年営業してるってことは、評判がかなりいいんでしょうね。ちなみに値段の安さから、大学生の飲み会にもよく使われている様子。最近は円安が進んで「安く旅行を楽しみたい」という人も多いでしょうし、非日常的な空間でもありますし、ここはかなりお勧めです。

 

さらに今日はいつもと違うバイタクで会社に来たら、こんな光景を初めて見せてもらいました。

 

エアポートリンクの真下を走る鉄道沿いのバラック。こんな道通ったのは、やはり今日が初めて。いやぁ、まだまだ初めてが潜んでいそうです。(F)

 

 

 新着記事を読む 

関連記事

  1. WEMISSKYUSHU 【イベント速報】九州にゆかりのあるアーティスト2組が旗振り役とな…
  2. 消えゆくジャルンクルン。
  3. ダメ。ゼッタイ! 賄賂を渡すと即逮捕!?
  4. IMG_0611 乾季の風物詩? タイの○○○○がなんかスゴかった
  5. thai cheer 【サッカー・ワールドカップ2018・アジア最終予選】全力でチケッ…
  6. バンコク、ポテトチップス新フレーバー仲間入り

オススメ記事

  1. タイでもヤクルトレディがご家庭にお届け!! 日本語で注文しよう「タイヤクルト株式会社」
  2. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  3. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  4. バンコク2大インドア遊園地「ハーバーランド」 世界屈指の広さと設備を一挙公開します!
  5. タイ人オーナーの理容室「Ken Cutto(ケン・カット)」リーズナブルに、日本のトレンドをガッチリ掴んだ髪型に

PAGE TOP