バンコクの街角

郵送で手間を省く! イミグレの90日レポート


4年ほど前にも取り上げたこちらのネタですが、ダコウェブのリニューアルに伴って古い記事が消えたのと、さらに、周りでもまだそれほど知られていなかったので再び登場です。 ※すでに利用している人は、やり方が変わったという訳ではないので、読み飛ばしてください。


タイに住む外国人にとって忘れがちだけど、実はとっても重要なのが、イミグレーション(以下イミグレ)に提出する「90日以上滞在の場合の現住所届け(Notification of staying in the Kingdom over 90 days)」、通称「90日レポート」です。


イミグレまで行って書類を提出するだけ、なのですが、チェーンワタナまで行っての作業は、タクシー代はかかるし、行って帰るだけでも半日仕事になってしまいます。その面倒な手続きが、郵送で済ますことができるのです。


必要書類は、
①パスポートのコピー(顔写真のページ、現在のビザのページ、最新の入国スタンプのあるページ、最後のビザ更新があるページ

※ウェブサイトでは上記の表記だけですが、僕の場合は全ページをコピーして送っています。念のため

②アライバル・カード(TM6)のコピー

③前回の90日レポート(もしあれば)

④記入・サイン済みの申し込み用紙(TM47)

http://www.immigration.go.th/nov2004/download/pdf/tm47.pdf

※こちらからダウンロード可能です

⑤自分の住所を記入した封筒に10Bの切手を貼ったもの

 

 


そしてこれらを下記住所に送ります。

90 Days Report Section, 
Immigration Division 1, Immigration Bureau,
Chalermprakiat Government Complex B Building,
120 Moo 3 , Soi 7,  Chaengwattana Rd., Toongsonghong, 
Laksi, Bangkok 10210

 


郵便局の「トラック&トレース」サービスが使えるのでEMSでの送付がおすすめ。料金は、40Bほど。

http://track.thailandpost.co.th/tracking/default.aspx

こんな風にチェックできます。

 

 


注意事項は、

1)期限が切れる15日前までに郵送すること

2)新しい90日レポートが届くまでは、前の90日レポートはコピーを取って(原本は送るので)、郵便局レシートと一緒に保管しておくこと

3)1カ月経っても新しい90日レポートが送られて来ない場合は、2)を持ってイミグレに行く必要があります

 


この4年ほどずっと郵送で手続きしていますが、イミグレまで行かなければいけなかったのは1回だけでした。

イミグレのウェブサイト(http://bangkok.immigration.go.th/en/base.php?page=90days)もご参照ください。

 

 

 

で、よくある(?)失敗が上の必要書類の⑤で、イミグレに送るほうの封筒に切手を貼ってしまうというもの。その場合は、こうして、剥がします。

 

 


熱湯に要注意です。
(U)

 新着記事を読む 

関連記事

  1. バンセンビーチに思う
  2. IMG_5616のコピー 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】バンコクでハズレのない蕎麦!Soba …
  3. 【ボディークモニター体験記②】 カラダが締まっていく喜びを全身で…
  4. Seafood1 日タイ食べ比べ! 日清カップヌードル シーフード味 
  5. IMG_1931 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】福岡×バンコク女子旅交流会に行ってきた…
  6. 2016-07-01_054115155_98DC5_iOS 【ごろーの曼谷酒場漫遊記】バンコク最大のコスプレスタジオ「Cos…

オススメ記事

  1. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  2. タイの水と紫外線で傷んだ髪をなんとかしようと右往左往していたら「フルボ酸」に行き着いた話
  3. 【ゆらし療法-バンコク】軽く触れ揺らすと痛みがどこかへ 神業ではない。あなたも自分を揺らす〜自然治癒力を高める方法とは?
  4. バンコクではじめて整体を受けた図 治す!がモットーのバンコクの整体「てしまSEITAI」
  5. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?

PAGE TOP