タイ料理

タイの伝統をバル風に楽しむ「TEP BAR」

TepBar01

タイらしい伝統楽器とスペイン・バルのような高い椅子が同居する店内

 

おしゃれなバーやカフェが次々とオープンし、にわかに注目を浴びている中華街近くの「ソイ・ナナ」。中でもこの5月末にオープンしたタイ風バー「TEP BAR」が最近人気を集めている。

 

細い路地の奥にある黒く大きな扉を開けると、まず目に飛び込んでくるのは店の奥に置かれたタイの伝統楽器たち。そしてスペイン・バルのような高いテーブルと椅子。これだけでこの店がただものではないことが伝わってくる。

 

ここは海外留学経験のあるタイ人オーナー3人が、帰国後に「タイの芸術や文化、料理の素晴らしさをブランディングして、外国人にアピールしたい」とオープンしたお店だ。そのため、料理はアユタヤー時代のものを中心に伝統的なものを揃えつつも、外国人に親しみやすいタパス感覚で食べられるように提供している。

 

また、伝統楽器の生演奏も毎日(19時半~23時)あるが、こちらもホテルのロビーで流れているようなものではなく、ジャズ・セッションのような、ノれる、楽しめる内容になっているとか。

 

TepBar02

ムー・サローン

 

試食した「ムー・サローン」は豚挽き肉を中華麺で包んで焼いたもの、しゅうまいのような味だが、皮のカリカリした食感がおつまみ感覚で食べやすい。

「カニ爪のせパッタイ」は甘さ控え目でピリ辛の味付け。お酒に合う一品だった。

日本から友人が来た時に連れて行きたい「とっておき」がまた増えた。

 

TepBar03

カニ爪のせパッタイ

TEP BAR

時間:火~木:17時~24時、金~日:17時~翌1時 月休
場所:69-71 Soi Nana, Maitrichit Rd.
電話:09-8467-2944
Web:www.facebook.com/TEPBAR
料金:ムー・サローン160B、グン・サバーイ180B、カニ爪のせパッタイ290B、カクテル280B

TepBarQRcode

 新着記事を読む 

関連記事

  1. daydream02 夢心地の不思議空間「デイ・ドリーマー・ビリーバー」
  2. 【夕食】 芝生と広い夜空「Jham Jan」
  3. TepBar01 タイの伝統をバル風に楽しむ「TEP BAR」
  4. IMG_1628 パッタイ好きは必食 「Baan Phadthai」
  5. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイティアオ・ ヌア・トゥン(牛…
  6. alphabet 2 今日はどっちの気分? 「アルファベット」

オススメ記事

  1. Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻
  2. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  3. 【タイの農場見学】日本のあなたに届けたい、ヤシの殻の上で育ったタイの蘭【クラシック・ハナ】
  4. 90日で日常英会話を完全マスターできる新しい勉強法、バンコクで体験してみない?
  5. 3週間で人生変わる? タイ・チェンマイでゼロからヨガの達人へ!? 全米アライアンス・短期集中日本人向けインストラクター資格養成講座の巻

PAGE TOP