タイ料理

【食先案内人・ペーの屋台の細道】バミー・ガイトート (フライドチキンのせ中華麺)

Print

バミーとスイートチリソース

Yatai01

バミー・ガイトート

タイ人はタレ好きだ。主役級といっていい。たとえばカオマンガイ。どんなにご飯がふっくら炊けて鶏が最高のゆで具合でも、タレがなければ終わりだ。タイスキや魚介料理も同じ。

どんなに素材や味付けがよくても、タレがなければ完成しない。タレがあればいいわけでもない。お代わりも必要だ。タイ人はタレを好きなだけ使いたいのだ。ファストフード店でもタレはお代わり自由だし、お代わりを巡って新聞沙汰になったこともある。タイの日本料理店の中には、タイ人客がタレをたっぷり使うことに不満な店もあるようだが、ここはタイ。「タイ人に日本料理は無理」と嘆かずに、タイ人の習慣や嗜好にご理解いただきたい。

タイ人のタレ好きを象徴する料理がある。フライドチキンをバミーにのせ、ガイヤーンの甘辛いタレをかける、ある店のオリジナル料理だ。

チキンはまんべんなく覆われたカリッカリの衣が特徴で、かぶりつくと柔らかな肉からうまみがじゅわっとあふれ出てくる。店主によると、うまい揚げ方の秘訣は二度揚げとのこと。

一度揚げたら15分休ませ、二度目の揚げに入る。すると、油を吸い過ぎることなく、外カリ中ジュワになる。さらに特徴的なのが、モヤシではなくキャベツの千切りを合わせること。料理に甘みと歯ごたえを加えてくれるだけでなく、強烈な個性となって記憶に残る。

そして何よりもこの料理に欠かせないのが「タレ」。ガイヤーンのお供のスイートチリソースだ。仕上げにかけてサーブされるので、麺全体をよく混ぜてから食べよう。甘塩っぱさの向こうに隠れた辛みが良いアクセントになっている。ツルッツルの平打ち卵麺との相性も抜群だ。

もしもタレが不要なら、気兼ねなく店にそう伝えよう。「日本人にタイ料理は無理」なんて嘆く人はいないから。

Yatai03

 

クイティアオ・ガイ・ルンルアン

Yatai02

1957 年にフアイクワーン市場で開業し、間もなく創業60 周年を迎える老舗麺屋。現在は若く麗しき3代目エーさんが切り盛りする。店名は創業者である祖父・ルアンおじさんの名から。祖父亡き後は、祖母が自宅に店を移し現在に至る。看板メニューはオリジナルレシピのクイティアオ・ガイ(鶏入り米麺)。今回紹介したバミー・ガイトート(40B)は、セットのスープも普通じゃない。鶏ガラを長時間煮込んだ濃厚なスープは評判の一品だ。

DATA
時間:10時~23時 無休
電話:0-2276-6856

429yatai_map-cs4

Yatai437QRcode

 新着記事を読む 

関連記事

  1. ちょっといいお店を発見してしまった@エム・クオーティエで南タイ料…
  2. Print ママー・オーホー
  3. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】ヌア・ヤーン(焼肉):90食目
  4. IMG_5493 暁の寺対岸に新支店 「Supanniga」
  5. 【第57回】きしめんのナムギアオ
  6. Print 【食先案内人・ペーの屋台の細道】クイティアオ・ ルアンペー (筏…

オススメ記事

  1. チットロムにある隠れ家的ビューティサロンでまつ毛とネイルを同時にケア「Millow Beauty Lounge」
  2. 【満員のため締切】Sacred Heart Yoga/自宅にいながらヨガ講師の資格をゲット! 10月よりオンラインレッスンがスタート
  3. バンコクで頑張る家族の笑顔のために、安心と安全をデリバリー!今日も真心込めて届けます「サイトウフーズ」
  4. 【今だから話せる暴露エピソード】生徒さんに直撃インタビュー! ここが、ベルリッツの、イ・イ・と・こ・ろ♡!
  5. 【薫るジェラート】ここまでやるの!? のこだわりぶり。イタリア人も大絶賛のジェラートが、実はコスパも最強である件「Rintaro Bangkok 凜太郎バンコク店」

PAGE TOP