タイ料理

【食先案内人・ペーの屋台の細道】バミー・ガイトート (フライドチキンのせ中華麺)

Print

バミーとスイートチリソース

Yatai01

バミー・ガイトート

タイ人はタレ好きだ。主役級といっていい。たとえばカオマンガイ。どんなにご飯がふっくら炊けて鶏が最高のゆで具合でも、タレがなければ終わりだ。タイスキや魚介料理も同じ。

どんなに素材や味付けがよくても、タレがなければ完成しない。タレがあればいいわけでもない。お代わりも必要だ。タイ人はタレを好きなだけ使いたいのだ。ファストフード店でもタレはお代わり自由だし、お代わりを巡って新聞沙汰になったこともある。タイの日本料理店の中には、タイ人客がタレをたっぷり使うことに不満な店もあるようだが、ここはタイ。「タイ人に日本料理は無理」と嘆かずに、タイ人の習慣や嗜好にご理解いただきたい。

タイ人のタレ好きを象徴する料理がある。フライドチキンをバミーにのせ、ガイヤーンの甘辛いタレをかける、ある店のオリジナル料理だ。

チキンはまんべんなく覆われたカリッカリの衣が特徴で、かぶりつくと柔らかな肉からうまみがじゅわっとあふれ出てくる。店主によると、うまい揚げ方の秘訣は二度揚げとのこと。

一度揚げたら15分休ませ、二度目の揚げに入る。すると、油を吸い過ぎることなく、外カリ中ジュワになる。さらに特徴的なのが、モヤシではなくキャベツの千切りを合わせること。料理に甘みと歯ごたえを加えてくれるだけでなく、強烈な個性となって記憶に残る。

そして何よりもこの料理に欠かせないのが「タレ」。ガイヤーンのお供のスイートチリソースだ。仕上げにかけてサーブされるので、麺全体をよく混ぜてから食べよう。甘塩っぱさの向こうに隠れた辛みが良いアクセントになっている。ツルッツルの平打ち卵麺との相性も抜群だ。

もしもタレが不要なら、気兼ねなく店にそう伝えよう。「日本人にタイ料理は無理」なんて嘆く人はいないから。

Yatai03

 

クイティアオ・ガイ・ルンルアン

Yatai02

1957 年にフアイクワーン市場で開業し、間もなく創業60 周年を迎える老舗麺屋。現在は若く麗しき3代目エーさんが切り盛りする。店名は創業者である祖父・ルアンおじさんの名から。祖父亡き後は、祖母が自宅に店を移し現在に至る。看板メニューはオリジナルレシピのクイティアオ・ガイ(鶏入り米麺)。今回紹介したバミー・ガイトート(40B)は、セットのスープも普通じゃない。鶏ガラを長時間煮込んだ濃厚なスープは評判の一品だ。

DATA
時間:10時~23時 無休
電話:0-2276-6856

429yatai_map-cs4

Yatai437QRcode

 新着記事を読む 

関連記事

  1. IMG_2879 気軽に高級ホテルの味 「カーオ」
  2. IMG_0289 夜景に合うタイ料理 「Bangkok Heightz」
  3. 【昼食】人気タイ料理店の新境地 「Apinara」
  4. 【昼食】昔ながらの朝食あります 「Plearnwan Panic…
  5. 【昼食】若者の街で宮廷料理 「Rabbit in the kit…
  6. bbaobbao 鍋に乗った大盛りカキ氷「バオバオ」

オススメ記事

  1. 日本人サポート付き! タイの生命保険に入って賢く節税【KSライフ】
  2. 【ゴッドハンド先生の治療院】「てしまSEITAI」と「てしまクリニック」がプロムポンにて統合! 駅近で、保険診療にも対応してくれる【てしまクリニック】
  3. The Grand Sethiwan@Sukhumvit 24-1 プロンポン駅至近の好立地で、充実の住空間 「ザ・グランド・セティワン」
  4. 「おだし八景」ソフトオープン! 岡山の料理旅館の味をバンコクへ
  5. meditation breathing yoga Meditation Breathing Yoga バンコクの習い事 〜 ヨガの先生になる「インストラクター養成コース」受講生を募集中!の巻

PAGE TOP