虚構新聞バンコク版

【虚構新聞バンコク版】タイ版『一休さん』、日本へ 今秋放送 vol.028

日本の人気アニメ『一休さん』をタイ版にリメイクしたアニメ『クン・パック・サックルー』が今秋から日本で放送されることが分かった。

 

室町時代の禅僧・一休宗純を主人公にとんち話を展開する『一休さん』は 75年の初放送以来繰り返し放送され、今でも広く親しまれているアニメのひとつ。タイでも吹き替え版が人気を集めたのをきっかけに、昨秋から『パック』の放送が始まっている。

 

ヒマラヤ山脈を背景に、主人公のパックがサオチンチャー(大ブランコ)にまたがるオープニングから始まる『パック』は、日本のとんち話をタイの風土に合わせて翻案したのが大きな特徴。

タイ版「一休さん」

舞台を禅寺からワット・スタットに移したほか「毎晩、壁画から抜け出して暴れるヤック(鬼)を退治してほしい」というラマ3世の訴えをとんちで解決するなど、個別のエピソードもタイの文化に沿ってアレンジした。

 

その一方で、チャオプラヤー川の氾濫が理由で掲げられた「このはしわたるべからず」の貼り紙を読んだパックが真ん中を渡ろうとしてそのまま濁流に飲み込まれ、三途の川で母上様と再会しかけるなど、原作と大きく異なるエピソードも複数含んでいる。

 

改変の理由について、製作を指揮したチャーリー・ウィラポン氏は「日本の一休さんは大変賢明だが、しばしばとんちとは名ばかりの屁理屈をこねくり回しているのが嫌だった。桔梗屋が不憫(ふびん)なときすらある」と話す。

 

教育と仏教、両方の意味で「因果応報」が日本の子供に伝わるかどうかが『パック』逆輸出成功の鍵を握りそうだ。

 

Kyoko Shimbun(虚構新聞:http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した、虚実の狭間を行き交う可能性世界の出来事を報道するニュースサイト。「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載。当「バンコク版」においても内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。本誌に掲載された記事により、損害や賠償が発生したとしても、著者ならびに編集部では一切の責任は負いません。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版】ワット・ポーの涅槃仏が寝返り vol.00…
  2. 【虚構新聞バンコク版第71報】 悪霊混入でも安心 タクルットアク…
  3. 【虚構新聞バンコク版】バンコクに暑中見舞い、 四万十の清涼水2ト…
  4. daco-kyoko650x340 【虚構新聞バンコク版】からまり電線にさよなら 電柱・電線着色工事…
  5. Bangkok Kyoko Shinbun_410 【虚構新聞バンコク版】長引くスコール タクライのせい? vol.…
  6. 【虚構新聞バンコク版】招きシャム猫、バンコクでブーム vol.0…

オススメ記事

  1. 「てしまSEITAI」のニューフェイス、ゴッドハンドの右腕、秋元先生の素顔に迫る!
  2. バンコクの子育てママ必読。整形外科クリニックで子供の足を守れ!【バンコク・アドバンス・クリニック】
  3. イノベーティブ和食とはなんぞや? 斬新な日本料理レストラン「Tenshino Pullman King Power」
  4. 多忙なお母さんのお助けマン! 重たい商品を自宅まで運んでくれる 「アサンサービス」
  5. なんと日本人顧客が99%以上! バンコクでスーツをオーダーメイドするなら 【Andrew&Walker(アンドリュー&ウォーカー)】

PAGE TOP