虚構新聞バンコク版

【虚構新聞バンコク版】「本物のカイ・ ダーオ」が話題 パトゥムワン区 vol.040

daco-kyokoh650x340

虚構新聞(http://kyoko-np.net)について

虚構新聞社・社主UK氏が2004年に開設した「ありそうでなさそうで、でもやっぱりあるのかもしれないけど、まさかそんなことはないだろう」といった記事を掲載する嘘ニュースサイト。当「バンコク版」でも内容はすべてフィクションであり、現実の人物・事件・団体とは一切関係ありません。これは創作により書かれており、本当のことではありません。

 

2016-08-15 kyoko438 for web
人気のカイ・ダーオ・テー

これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。

パトゥムワン区のレストランが新しく朝食メニューに加えた「カイ・ダーオ・テー(本物の目玉焼き)」が、今都内で話題になっている。名前どおりの「本物」に「どうして今までだれも作らなかったのか」という驚きの声も聞かれる。

カイ・ダーオ・テーを提供しているのはレストラン「バンドゥ=エージ」。同店はカイ・ジアオ(オムレツ)、カイ・トム(ゆで卵)、カイ・ケム(塩漬け卵)など200種類以上のメニューを揃える都内有数の卵料理専門店としても知られる。

6月からの新メニュー、カイ・ダーオ・テーは、「カイ(卵)」+「ダーオ(星)」という名前のとおり、星の型をした目玉焼きだ。卵料理歴48年の料理長バンドゥさんがこの料理を思いついたのは、3年前に和食の「目玉焼き」を知ったことがきっかけ。珍味の一種だと思い込んでインターネットで調べたところ、眼球とは似ても似つかないカイ・ダーオ・タマダー(普通のカイ・ダーオ)だったことに憤慨した。

「でもよく考えると、我が国でもカイ・ダーオは星型じゃないな」

そのことに気付いたバンドゥさんは、星型目玉焼きの研究を開始。当初は星型の卵を産む鶏を求めて国内全土を尋ね歩いたが、そんな鶏は1羽も見つからなかったため、結局普通の卵を星型の枠に流し込んで作る方向に落ち着いた。

カイ・ダーオ・テーを求め、店には連日早朝から多くの客が訪れている。あるグルメ情報誌は「どうして今までだれも星型のカイ・ダーオを作らなかったのか」「ありそうでなかった」とそのコロンブスの卵的発想を称賛。味についてはカイ・ダーオ・タマダーと評している。

これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。これは嘘ニュースです。

 新着記事を読む 

関連記事

  1. 【虚構新聞バンコク版第76報】 タイでのプレゼント配送、大幅遅延…
  2. daco-kyoko650x340 【虚構新聞バンコク版】香川県、ウドンターニー県に合併申し入れ ウ…
  3. daco-kyokoh650x340 【虚構新聞バンコク版】赤い砂山、バンコク都内にあちこち…いったい…
  4. 【虚構新聞バンコク版】さっぱりのど越し ウドンターニーでわんこそ…
  5. luuktep 【虚構新聞バンコク版】「運気を上げてくれた」 ルークテープ千体育…
  6. 【虚構新聞バンコク版】「パンツは白のみ」タイ警察、勤務規則をさら…

オススメ記事

  1. Souffle And Me 外はサクッと中はフワフワ。 バンコクで本格スフレを食べるならココ 「Souffle And Me」
  2. 【タイの空気事情】大人気ブロガー「ぷくこ」が8人の在タイ奥様を直撃!<空気清浄機編>
  3. 日本の6割程度の価格で宝石が蘇える! バンコクで手軽に指輪リフォーム体験
  4. タイでの「保険手続き」の流れ シーン別3選
  5. 格好いい経営者はお好きですか?<経営者改造計画@バンコク>

最新のTHB-JPY

PAGE TOP